名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小渕恵三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小渕恵三のプロフィール

小渕恵三、おぶち・けいぞう。日本の政治家。第84代内閣総理大臣。群馬県出身。早稲田大学文学部英文学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修了。大学院在籍中に衆議院議員選挙で初当選。以後政治家として活躍し、総理府総務長官、沖縄開発庁長官、内閣官房長官、自由民主党幹事長、外務大臣、内閣総理大臣などを歴任した。

小渕恵三の名言 一覧

宿命に生まれ、運命に挑み、使命に燃える。
【覚書き|ある経営者に贈った色紙に書かれた言葉】


小渕恵三の経歴・略歴

小渕恵三、おぶち・けいぞう。日本の政治家。第84代内閣総理大臣。群馬県出身。早稲田大学文学部英文学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修了。大学院在籍中に衆議院議員選挙で初当選。以後政治家として活躍し、総理府総務長官、沖縄開発庁長官、内閣官房長官、自由民主党幹事長、外務大臣、内閣総理大臣などを歴任した。

他の記事も読んでみる

小林佳雄

上場するために、競合が多くても成長性の見込める大きな市場で勝負すると決めた。


大坪清

製紙、段ボール、紙器、軟包装、重包装、海外の6つのコア事業を中心に展開しています。創業者である井上は段ボール一筋でしたが、段ボールによる包装は、一番外側の包装です。しかし、お客様の多くはもっと多様な包装を求めています。ならば当社でできることは、どんどんやっていこうということです。


永井浩二(経営者)

社員に直接伝え、理解してもらうため、いまも時間が空けば支店周りを重ねています。支店周りを始めて約3年ですが、この間に社員の意識も変わりました。大きな手応えを感じています。


青野慶久

「うちも働き方改革に取り組みたいが、どこから手をつけていいかわからない」という場合は、とにかく現場の社員の声に耳を傾けることから始めてみてはどうでしょうか。どうすればもっといい職場になるか、楽しく働けるようになるか、その答えは一律ではなく、彼ら一人ひとりの心の中にあるのですから。


脇若英治

自分が担当する仕事でトラブルが発生している最中に「定時だから帰ります」といって帰ってしまう社員がいたとすれば、それはワークライフバランスの勘違いです。ワークライフバランスとは単に残業をしないことなどという短絡的な意味でとらえてはいけません。


村上和徳

「働きやすさ」の形は組織によって違います。一方、「働きにくさ」は可視化できると思うのです。長時間労働、ハラスメント、業務の非効率、社員が感じる居心地の悪さ、などですね。上の役職の人には言いづらい、社員のサイレントオピニオンを可視化し、取り除いていくことが、働きやすさ推進協会の目的です。


小笹芳央

今日明日、今週来週のことでどん詰まっていたり落ち込んでいたりする時には、5年・10年単位で物事を考えます。5年・10年単位のビジョンや目標を見直し、自分の頭の中を長期時間軸に変えます。逆に先々のことを考えすぎてコンディションを崩している場合は、今日一日だけに時間軸を短くして乗り切ります。


守島基博

リーダーポストにいる人材にとっては、どこかにベストなリーダーシップスタイルがあって、それを探し求めるということではなく、自ら信じるやり方を追求するという自由を与えることである。その状況にピッタリ合った、リーダーシップスタイルの追求は、ほとんどの場合、徒労に終わることが多いし、ないものを探し求める旅は辛いだろう。自分なりのスタイルを追求できると思うだけでも、多くの人にとっては、かなり気が楽になるはずだ。


田坂広志

地味な作業に取り組む姿勢こそが、やりたい仕事を呼び込むためのカギです。私の経験では、地味な仕事を「面白い」「やりがいがある」と思って取り組んでいると、逆にやりたい仕事がごく自然に集まってきます。


前田裕二

「YY(中国最大のライブストリーミング・ソーシャルメディア)」を見たら、かつて自分がやっていた弾き語りと共通点を感じました。弾き語りではお客さんは僕との関係性にお金を払ってくれました。ライブ配信も同じ。女の子の歌がうまいからではなく、人と人の絆があるからギフト(演者にオンラインで課金する仕組み)を飛ばす。半分以上直感でしたが、これはすごいビジネスになる、日本でも市場はあると思ってライブストリーミングサービスを事業化しました。


上田準二

「やらされ感」で仕事をしているうちは伸びません。一見地味に見える仕事でも、それを着実にこなし続けることで自分は成長していく。そう考えることで前向きな気持ちになれるし、実際にステップアップしていけます。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

仕事っていうのは、物語をつくることなんだ。そして、物語は登場人物が多いほど面白くなる。人と人とが直に触れ合えば、必ず何かの化学反応が起きる。そこに「想い」があり、「愛」が芽生えれば、必ず新しいものが生まれてくる。これが仕事だね。