名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小渕宏二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小渕宏二のプロフィール

小渕宏二、おぶち・こうじ。日本の経営者。ファッション通販サイト「SHOPLIST」などを運営する「クルーズ」社長。群馬県出身。YMCA国際ホテル専門学校卒業後、ホテルマン、IBM子会社営業マンなどを経てウェブドゥジャパン(のちのクルーズ)を設立。様々な事業を展開した。

小渕宏二の名言 一覧

会社が変化して行かなければ、市場から見捨てられてしまうので、会社が変化するときは中で働く人も変化しなければいけません。変化への対応は、生きとし生けるものすべてに必要だと思います。


自分たちのやりたいことで変わっていければ幸せですが、それでまず儲かるのかということをすごく考えました。だからお金にこだわり、生き残るためにありとあらゆる知恵を使うことに集中しました。


インターネットでお金を生む方法は、広告、課金、通販、仲介の4つ。課金が駄目なら、次は広告、通販、仲介をやろうという話になった。本音は通販をやりたかったが、利益率が低く多額の資金も必要で、当時は手を出しにくいと。広告ならば営業のノウハウを生かせるということで、広告事業に展開した。


小渕宏二の経歴・略歴

小渕宏二、おぶち・こうじ。日本の経営者。ファッション通販サイト「SHOPLIST」などを運営する「クルーズ」社長。群馬県出身。YMCA国際ホテル専門学校卒業後、ホテルマン、IBM子会社営業マンなどを経てウェブドゥジャパン(のちのクルーズ)を設立。様々な事業を展開した。

他の記事も読んでみる

田中優子(江戸文化研究者)

学校経営では、職員との協力体制を重視しています。1人で経営するのは無理ですから。各人が持っている能力に偏りがあるのは当然で、それを寄せ集めて何ができるのかというコーディネート能力が何よりも重要です。私はこのことを江戸文化から学びました。長い間、「連」を研究してきました。連とは、様々な能力を集めて何かを作り出すという動きです。一人の天才が現れて、何でもやってしまうということは、江戸時代にはありませんでした。マルチの能力を持った人はいろいろな連に所属しながら、その能力をいろいろなところで発揮していました。大事な役割を果たしていたのが、コーディネーター的な人なんです。そういう人は何か作品を残すことが少ないので、蔦屋重三郎といった一部の人を除いて、歴史に名前が残ることはほとんどありません。現代社会でも競争を勝ち抜くトップだけでなく、そうしたコーディネーターのようなトップが求められていくような気がします。


細谷功

いつもの口癖をやめるということは、思考にも影響を与えます。「情報がない」「お金がない」という言い訳ができなくなれば、いまあるものに目を向けざるを得なくなります。すると自然に、「いまある情報でわかることは」「いまある予算でできることは」という思考へと変化していきます。


ジェイ・エイブラハム

いかに内容的には素晴らしい経営理念であっても、人びとの心を魅了するものでなければならない。


イチロー(鈴木一朗)

オフの間までストイックにやるのはダメ。


手倉森誠

俺自身、反骨心をエネルギーにしてきた人間なんです。選手時代はJリーグで活躍できなかったし、指導者としても日本代表チームを率いたことはなく、就任時周囲からは「手倉森で大丈夫か」という声も聞こえてきました。


本城武則

極端な話、英語が出てこなければ日本語で返してもいいのです。相手が何を言っているのかわからない場合は、「はっ?」と、尋ね返すだけでいい。逆に伝わらない場合も同じです。何度でも繰り返し伝える厚かましさを持ちましょう。


佐藤大介(ホテル経営者)

重要なことを、イメージしやすいキーワードを使って、1つのストーリーとして、しっかり心に留めてもらう。それが研修資料で最も大切なこと。


鑄方貞了(鋳方貞了)

まずは、社員が自社の経営理念を理解して、それにもとづいた行動ができるように教育すること。その上で社員が成果を出せるようになれば、やがて会社を支える「人財」となるでしょう。社長の右腕となる幹部社員も出てくるはずです。


石塚しのぶ

会社の使命に共感し、自分の仕事にやりがいを感じ、仲間と真の共同体意識で結ばれている従業員が会社にどれだけ大きな実りをもたらすか、そして、そういった従業員が多ければ多いほど会社がより強固でより繁栄することは想像に難くないでしょう。


高橋英樹(俳優)

バラエティ番組を通して、若い勢いのある人たちとの接点ができる。それが役者としてありがたい。


西上雅章

通天閣を好きになれ、会社を好きになれ、そして仕事を好きになれ!
【覚書き|社員に語った言葉】


野儀健太郎

組織は大きくなると効率を求めるようになります。僕は一人ひとりを大事にし続けたかったのですが、会社全体で求職者の考えや気持ちを大事にする感覚が乏しくなっていきました。口で言うのは簡単かもしれませんが、一人ひとりに寄り添うことを体現していく組織を作りたいと考え、フェローズの設立にいたりました。