名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小泉英一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小泉英一のプロフィール

小泉英一、こいずみ・えいいち。日本の経営者。「SHIN9」社長。整骨院経営者研究会名誉理事、一般社団法人日本柔整鍼灸革新会副会長、ブレグループ会長、iCureテクノロジー代表などを務めた。

小泉英一の名言 一覧

目の前の壁を乗り越えるために、思考のシフトチェンジが必要。


地域社会を巻き込んでパブリックカンパニーになることが、消費者にとっての安心安全を作っていくので、それを実現したい。


どういう自分が社長として部下から見て、かっこいいのか。やり方ではなくて在り方が重要。


得意なところを伸ばして企業の基盤を作り、新たなことにチャレンジしていきたい。


人が育っていない状況や基盤が弱い段階でチャレンジしてもうまくいきません。AI事業も強いところと組んで、お互いの強みを出し合ってやっていきたい。


事業ドメインとして「健康寿命延伸業」と掲げています。そこから逆算し、ベストな目標設定は何かと考えた時にIPOでした。株式上場はあくまで通過点ですが、それによりブランディングでき、知名度が上がります。


今思えばビジネスが軌道に乗り、天狗になっていた時期でした。もっと店舗展開をしていこうと、ちょうど集団から組織に変わるタイミングだったのですが、このまま進むことに何か違和感がありました。そこで3日間、思考の研修を受け、「私がすごいのではなくて、本当に多くの人に支えられて今の私があるんだ」と初めて気がつきました。翌日から部下に感謝を伝えられるようになりました。みんな驚いていましたけど(笑)。


小泉英一の経歴・略歴

小泉英一、こいずみ・えいいち。日本の経営者。「SHIN9」社長。整骨院経営者研究会名誉理事、一般社団法人日本柔整鍼灸革新会副会長、ブレグループ会長、iCureテクノロジー代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

ガラパゴス化と聞くと、一般的に周囲から取り残され、時代に乗り遅れたイメージがあります。でも、語源のガラパゴス島自体に素晴らしい魅力があるでしょう。今年、世界遺産に登録された小笠原諸島も同じです。過去に1度も大陸と陸続きになったことがない歴史が、独自の価値を生んでいるんです。皆に合わせた同化は、価値を高めることとイコールではありません。ガラパゴス化の最大の価値は、ほかと違うという個性があることです。


夏野剛

携帯電話を海外で売ろうとした際に、日本メーカーはわざわざダウングレードしてしまった。でも、アップルは米国で売ってる商品をアフリカにも持って行って大ヒットさせています。自らをガラパゴスと卑下することによって、海外に持っていく商品のレベルを落とす日本メーカーとは対照的です。一番価値があるのは、新しい価値を創造し、広げていくことなのに、日本はわざわざ価値を落として、結局失敗してる。


川村隆

情報が100%揃って意思決定するなんてことはまずありません。集まる情報は、せいぜい7割くらい。それを基に、物事を決めなければならない。


堀之内九一郎

「つき合う人を変えるべきか」と思案するよりも、まず「自分」が真剣になってください。そんな、あたり前のことを実践することで、かけがえのない人とのつながりが生まれ、そのつながりが大きな成功へとつながっていきます。


ジョン・ウッド

字の読めない人は世界に8億人、初等教育を受けられない子供も1億人います。学校に行けず、本も読めない子供が、こんなにたくさんいることを知ったときは、本当にショックでした。でも僕はマイクロソフトで「Think Big(大きく考えろ)」という教訓を学びました。問題がどんなに大きくても、ひるまずに挑戦する。その姿勢が大きな違いを生むと思います。


石破茂

政治家はどんなに逆風が吹こうが、信念を通すというか、嘘をついてまでやる仕事じゃない。詐欺師になるなんてイヤじゃないですか。


米井嘉一

忙しい40代は「60点の健康習慣」を目指すべき。難しいことを最初からやろうとせず、日常生活の中で少しだけ気をつければいいことだけをやるのです。


酒井健二(経営者)

改革を通じて意識を変えなければ先には進めないと思った。業績にこだわり、成長にこだわる気持ちを養うしかなかった。


小出伸一

今結論が出ないことに決断を下す。市場や技術の動きは5年、10年先にならないと分かりませんが、動き始めるのは今。この決断は大切になる。


小林和之

我々は様々なエンタメを手がけるソニーのような「総合デパート」ではなく、セレクトショップでいい。実際、うちの会社の利益率は上がってきているところです。


中原淳

僕は大学院生たちに「自分の研究の宛先は誰なのか」を明確にしなさいと言っています。そのうえで、「自分の研究を読んでもらえる人々のコミュニティーを作り、持続可能で有用な研究を生み出しなさい」と。そのためには、小まめに情報を発信し、イベントを起こすとか、いろんな工夫と努力が必要になります。僕自身も、自分の研究の読者になっていただける方のために、ほぼ毎日ブログを書いています。


スタニスラス・ド=ケルシズ

創造性、技術、デザイン、石。そのすべてに最高を期してつくる芸術。それが我々のジュエリーであり、創業者であるジャック・アーペルから受け継いだ使命でもあるのです。
【覚書き|ヴァン・クリーフ&アーペル社は創立100年を超える老舗ジュエリーメーカー】