名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

小泉八雲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小泉八雲のプロフィール

小泉八雲、こいずみ・やくも(パトリック・ラフカディオ・ハーン)。ジャーナリスト、作家、日本民俗学者。レフカダ島(現ギリシャ領)出身。アメリカで記者を務めたのち、来日し英語教師に。日本文化を紹介する本を多数執筆。

小泉八雲の名言 一覧

日本人のように、幸せに生きていくための秘訣を十分に心得ている人々は、他の文明国にはいない。人生の喜びは、周囲の人たちの幸福にかかっており、そうであるからこそ、無私と忍耐を、我々のうちに培う必要があるということを、日本人ほど広く一般に理解している国民は、他にあるまい。


小泉八雲の経歴・略歴

小泉八雲、こいずみ・やくも(パトリック・ラフカディオ・ハーン)。ジャーナリスト、作家、日本民俗学者。レフカダ島(現ギリシャ領)出身。アメリカで記者を務めたのち、来日し英語教師に。日本文化を紹介する本を多数執筆。

他の記事も読んでみる

明石康

私が国連職員として携わった旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナ紛争では、「決めつけ」は決してしてはならないことでした。この地域にはセルビア系、クロアチア系、ボスニア系の3つの民族が、互いに結婚するなどして暮らしていました。しかし、ナショナリストの指導者が現れ、不信と憎悪が支配する地域になってしまった。メディアは、一方の当事者であるセルビア人勢力を悪者と決めつけました。米国も同様の姿勢を取った。しかし、もう一方の当事者であるボスニア政府がまるっきりの「白」であったのかと言えば決してそんなことはありません。いずれも加害者であり被害者でもあったのです。


若園浩史

自分の思いが一番大切だと思います。起業なんて急いでする必要は無いですし、起業したいのに、周りの環境や体裁を気にして我慢するのもナンセンスだと思います。「思い立ったが吉日」です。


笹氣健治

仕事で運をつかむには、行動が重要だとはいえ、不安や焦り、嫉妬や落ち込みなど、精神的に不安定な状況に陥ってしまうと、実際の行動に移せないというときもあるでしょう。そのようなときに行動を起こせるようになるには、どうすればいいのでしょうか。行動を起こせないときの心理を分析すると、そこには「期待への執着」があります。「こうなりたい」という期待は、それに向かって奮起するという面では役に立ちますが、あまり執着しすぎると、いろいろと問題が生じます。「期待どおりにならなかったらどうしよう?」と不安になったり、「自分には無理だ」とあきらめてしまったりと、「自虐モード」に陥ってしまうのです。しかも、期待といった場合、他人を意識しすぎている場合も多いのです。「上司にほめられたい」「周囲に認められたい」と頑張るのは、他人の基準を満足させるために頑張っているわけで、それを満たすことができなかったからといって自分を責めても、ストレスになるだけです。他人に認められることはもちろん大切ですが、現実を見据えて自己成長に焦点を当てれば、他人の評価にばかり気をとられず、自分にできることを一つずつこなしていくことの方が大切だと気づくはずです。


三宅占二

私は営業の特性はいまも昔も変わっていないと思います。人と人との付き合いの中から、信頼関係が出来上がり、モノが売れるようになっていく。もし、アドバイスをするとすれば、まず自分の担当エリアなり得意先を知るために、徹底して現場に出向くことです。社名を覚えてもらい、名前で呼ばれるようになればしめたものです。


林成之

脳の機能は「ゴール間近だ」と思った瞬間に低下し、それにともなって運動機能も低下します。脳の自己報酬神経群という部位の仕業です。自己報酬神経群とは、その名の通り自分へのご褒美をモチベーションに働く部位であり、この部位が活発に働かないと脳は活性化しません。


渡辺良機

私には事業経営の才能がない。しかも先代の息子でも、娘婿でもないから先代のビジネスモデルに徹するしかなかった。理屈に則った経営ではなく、どうすれば先代のビジネスモデルを維持できるかだけを考えてきた。これは経営の教科書には載っていない。


久野康成

競争は、社内でするものではなく、社外の競合他社とするもの。組織の中で勝者と敗者を生む文化をつくることは、ギスギスした組織風土が生まれ、良い協力関係を構築することができません。


家本賢太郎

私も部下の欠点を指摘しないわけではありません。改善すればよくなる点は指摘します。でも、まずはその人の光り輝く部分を見つけることが前提です。


西田厚聰

今後はますますグローバル化が進む中では、それにふさわしい人材育成、個々人の視点に立てば勉強が必要になってきます。その基礎として西洋の古典を含めたリベラルアーツ(教養)を勉強していかないと、相手と同じ土俵で議論できない恐れもあります。
【覚書き|海外の経営者と商談するときに、哲学や政治、歴史などの話題がよく話題となった経験から語った言葉】


田中良和(GREE)

当社が目指すのはインターネットを通じて世の中を変えることです。といっても、それをいまやっているSNSやモバイルゲームで実現することにはこだわっていません。10年後、20年後にどんな商品でそれを達成するか、それはこれから見つければいいと思っています。ソニーだって創業5年目のとき、将来ゲームや映画をやると想像もしていなかったはずですから、これだというものがまだ見えていないのは、むしろ当然でしょう。


中山讓治(中山譲治)

すばらしい仲間と楽しく仕事ができて、死ぬときに「おもろかった」と思える。それが医薬の道であればなおさらよい。これが私の根源的欲求です。これに照らし合わせると、「ほかの会社に移籍できるなんて、こんなチャンスは一生に何度もない。おもろいことになりそうだ」と思えました。


ドナルド・トランプ

先日、そりの合わない人をマネジメントする方法をある人から手紙でたずねられた。私は逆に、マネジメントしようとしている相手にどこか好感の持てるところはないかと質問した。誰にでも隠れた可能性があり、良いマネージャーならそれを見つけ出す。