名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小沢一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小沢一郎のプロフィール

小沢一郎、おざわ・いちろう。日本の政治家。慶應義塾大学経済学部卒業。父の急逝により日本大学大学院法学研究科を中退し衆議院議員選挙に出馬し当選。自治大臣、国家公安委員会委員長、自民党幹事長、民主党代表・幹事長、国民の生活が第一代表、自由党代表などを務めた。

小沢一郎の名言 一覧

手紙の効用は抜群だ。直筆の礼状が書けるか。その律義さが支持を集める。


自民党にいれば、左団扇で楽だったんだけどね。(離党は)損得で言えば、損な道を歩いたみたいなものだけれども、僕は後悔していません。


風がピタリと止んでしまうこともある。風が止んでしまったなら、走って風を起こせ。それでもだめなら、崖から飛び降りてでも自分で風を起こせ。


風で当選した人は勘違いしがちだ。いつも自分にいい風が吹いていると。追い風も吹けば向かい風も吹く。


辞めなくても(選挙で)勝ったんだけど、万全を期さないといかんから。
【覚え書き|なぜ民主党代表を辞めたのかと問われて】


小沢一郎の経歴・略歴

小沢一郎、おざわ・いちろう。日本の政治家。慶應義塾大学経済学部卒業。父の急逝により日本大学大学院法学研究科を中退し衆議院議員選挙に出馬し当選。自治大臣、国家公安委員会委員長、自民党幹事長、民主党代表・幹事長、国民の生活が第一代表、自由党代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

水谷孝次

成功と失敗は実は表裏一体であり、簡単には判断できない気がします。同じ事柄でも、どちらにでもなり得る。それを失敗にするか成功にするかを決めるのが、なんとしてでもやりたいという情熱であり、いつかはこうなりたいというビジョンなのではないでしょうか。


赤羽雄二

100メートル走に出場した選手が、走り始めてから靴を履いていないことに気がついたり、逆の方向に走り出したりするのは、あり得ないことです。ところが、ビジネスの現場では、同じようなことが毎日のように起きています。クライアントに提出する資料をすぐにまとめなくてはいけないのに、必要な情報を集めていない。上司の指示の意図を的確に把握せずに真逆の方向に仕事を進めてしまう。そのような事態に陥らないようにするためには、自分はこれから何をすべきなのか自分の頭の中を整理しておくことが大切です。


サム・ウォルトン

過去数年間、私が本当に気にかかっているのは株価ではない。いつか、わが社がお客を大切にすることを忘れたり、幹部が従業員のことを気にかけなくなる日が来るのではないか、ということである。また、成長するにつれて、チームワークの精神が失われたり、わが社独特の家族主義が働く人々にとって実感を伴わない、空疎なものになるかもしれない、という心配もある。こうした試練のほうが、ウォルマートは方向性を間違っている、と指摘する評論家の言葉よりはるかに重大である。


小山昇

苦手なことを長い時間をかけてやっても、成果はたかがしれています。それなら得意な人に任せてしまい、自分の得意なことでサクサク成果を出してくれたほうが、会社にとってはるかに生産的です。


遠藤功

相手との会食が2、3回と繰り返されるようになったら、「サプライズ」を織り込むことを考えるべきでしょう。先日私はあるグルメな社長を、五反田の小さな、知る人ぞ知る焼き鳥の店にお連れしました。有名店は知り尽くしているので、あえて「外して」みたのです。まさに赤提灯という言葉がふさわしい店でしたが、社長は喜んでくれて、以後、顔を合わすたびにそのときの話になります。店選びそのものがサプライズなのです。


鈴木茂晴

人件費はコストではなく、投資である。今まで働き方改革などを通じて生産性を上げることに注力してきた企業ならば、ある程度の賃上げは必ずできるはずだ。賃上げで従業員が安心して働く環境を整備し、やる気を出してもらう。結局はそれが、自社の経営方針や哲学を貫くことにもつながる。


瀬川晶司

少しでも勝ったときの良いコンディションを崩さないようにすることが大事。「前回勝ったときと同じだから、今日も勝てる」という思い込みの小さな積み重ねが、効くんです。


松井道夫

経営の最大のコストは時代とのギャップ。人件費や研究開発費なんてそれに比べたら微々たるもの。時代とのギャップを拡大させるか縮小させるかは、社長の頭の中にかかっていると言っていい。時代とのギャップが大きい社長がいる会社はあっという間に廃れます。それを自覚したら退くべきです。


小林栄三

新入社員時代、私は鬼軍曹とも呼ぶべき上司にボコボコにされました。受話器で殴られ、定規で叩かれることなど日常茶飯事でした。現在の感覚からするとビックリされる方もいるでしょう。私も会社が嫌で嫌でしょうがなかった。しかし、いま当時を振り返ると、それは鬼軍曹の愛だったことに気づきます。やはり愛情なくしてあそこまで真剣に怒ることはできないでしょう。


岩瀬大輔

最も大切にしているのは「スピード」と「突破力」です。周囲の人々をいても、仕事ができる人は、この2つの能力に長けていると感じます。


柳井正

どんな単純な仕事も、できなければ駄目なんですよ。で、できた後にまた考えて、より上手くやる方法とか、何か別の方法があるんじゃないかって考える訓練をしないといけない。


齊藤正明

意味不明な要求でも、何も考えずやってみることで、視野が大きく広がる。意味不明でまったく経験のないことであればあるほど、世界の広がり方は大きい。僕も意味もわからずマグロ漁船に乗った経験があったからこそ、いま年間200回以上の講演依頼が来ています。