名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小池直己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小池直己のプロフィール

小池直己、こいけ・なおみ。日本の英語教育学者。栃木県出身。立教大学卒業、広島大学大学院修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員、就実大学教授・大学院教授などを務めた。また、様々なメディアで英語を教えた。

小池直己の名言 一覧

具体的な目標設定が大切。目標があればこそ、それを実現するための具体的な勉強法が見えてきて、自ずと勉強する習慣も身につく。


お勧めしたいのが、「中学英語」のやり直しです。というのも、英語の基礎は中学の時点でほとんど学んでいるからです。高校英語は、その知識を応用するだけと言っても過言ではありません。英会話に限って言えば、中学英語の文法ですら、すべてをおさらいする必要はないのです。


「勉強以外の英語」に日頃から触れるようにする。英語の習得にはやはり「量」も必要ですが、忙しい中、時間を作るのはなかなか難しいものです。そこで、趣味の時間にもなるべく英語に接するようにしましょう。たとえば、サッカーなどのスポーツが好きな人は、海外のスポーツ新聞を読むなど、好きなジャンルの英語に積極的に触れるのです。


40代からは勉強法を根本的に変えるべきです。必要なのは社会人経験や論理的思考力を駆使し、答えを推測していく「一を聞いて十を知る」勉強法。たとえば、英単語を覚える場合は、語源を通して覚えるようにすると、より効率的です。また、単語の意味を、全体の文脈から類推する習慣をつけておくと、未知の単語に出合ったときでも、意味を推察することができます。


そもそも本当に「英語ができない」のでしょうか。私たちの多くは、中高6年間は英語に触れ、基礎は身につけてきたはずです。実はそこで身につけた英語力は、思っているほど低くはないのです。たとえ、学生時代に勉強したことをほとんど忘れているとしても、一度覚えたことは完全に消え去ることはありません。ポイントを押さえて復習し、その上に新たな知識を加えていくことが、英語を短期間で、効率的に習得する近道なのです。


小池直己の経歴・略歴

小池直己、こいけ・なおみ。日本の英語教育学者。栃木県出身。立教大学卒業、広島大学大学院修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員、就実大学教授・大学院教授などを務めた。また、様々なメディアで英語を教えた。

他の記事も読んでみる

エルバート・ハバード

批判されたくなければ、何もせず、何も言わず、何者でもなくなればいい。


鈴木英智佳

だじゃれは場を和ませますが、思いついただじゃれを、相手の気持ちやその場のムードに関係なく押しつけるオヤジギャグにはご注意を。上司から部下へのギャグハラスメントも問題です。相手への愛や遊び心をお忘れなく。


南場智子

「勝ちたい」という願望は強いですね。長く負けている時代があり、業界で負け組と言われていましたから、悔しさが擦り込まれています。


永田豊志

図解思考のポイントは、シンプルな図にすること。図解というと作品のような美しい図を描こうとする人がいますが、基本的には、四角い囲みと矢印だけで十分です。日常のちょっとした情報を整理するために、つねに図を使うには、シンプルでなければなりません。


中畑清

大学駅伝の名将・大八木弘明監督(駒澤大学)は大学の後輩で、たまに飲む。違うスポーツだけど、選手育成で共通する部分があった。


大橋光夫

読書から学ぶことは数多い。人は歴史や自らと異なるものを知って初めて、自らが向かうべき方向を学ぶことができます。私は本をただ読み流すだけでなく、感じ取るものがあるページや特定の行に傍線を引いてメモを取るようにしてきました。それが積み重なると自分の糧になるものが増えてきます。本は問題意識を持ちながら読むことが重要です。


橋本雅博

人口構成や社会の変化、価値観の変化をとらえ、それに合わせて商品を開発する。これはどんな商品開発でも同じだと思いますが、保険も例外ではない。


本田有明

女性部下の訴えに対応する際のポイントは、なにより「聞く」ことです。コーチングの基本は「積極的傾聴」「共感的理解」「協調的支援」の3要素とされます。まずは部下の口から聞き取ります。このとき、たとえ相手の考えに賛成できなくても、必ず「なるほど、そうなのか」と共感を示してあげる必要があります。


瀬戸薫

日本では、大きな組織になればなるほど、規則で縛られ、社員たちの動きが鈍くなるのが普通だところが当グループはまったく反対である。「こうしなさい」と上からは決して言わない。「目的はこうだから、あとは現場で考えてやってくれ」というスタンスである。


小嶋光信

私はいつも「すぐやる・必ずやる・できるまでやる」と社内に言い続けています。目標を達成するまで諦めない。


藤井隆太

オーケストラは総勢100名にもなりますが、実はその根幹となる組織があります。バイオリン2本とビオラ、チェロによるカルテット。いわゆる弦楽四重奏です。世界的な指揮者・小澤征爾さんなどはよく、オーケストラの原点ということで演奏会の冒頭にこの4名だけで演奏させます。彼らは徹底的に鍛えられていますから、4人だけでも素晴らしい演奏になる。聴衆も大いに喜ぶ。すると、ほかのオーケストラメンバーたちは焦ります。「4人だけでこんないい演奏ができるなら、俺たちは必要ないのか?」と。それでいいはずがないと、ほかのメンバーも努力する。こうして全体の意識が高まり、より優れた音楽を奏でることができる。これはビジネスにも応用できます。


冨山和彦

やる気の源は「人のために役立っている実感」です。金銭的なリターンだけでは頑張れる自信がありません。