名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

小池正一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小池正一郎のプロフィール

小池正一郎、こいけ・しょういちろう。日本の外国為替・金融資産運用コンサルタント。新潟県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本長期信用銀行に入行。ニューヨーク支店為替資金ヘッド、資金為替部長、資本市場部長、長銀証券常務、UBS銀行東京支店外国為替本部在日代表、シティバンクプライベートバンク シニアアドバイザー、キャノンバリーグループ日本代表などを経て独立。

小池正一郎の名言 一覧

何事もうまくなるには自分で学ぶとともに、人から教わることも大切。


儲ける人は皆が注目しない時期に水面下で投資を始め、皆が注目する頃には利益確定を始める。


私は様々な人から投資の上達法について聞かれます。答えは「投資を続けること」です。


「休むも相場」という格言がありますが、私からすれば休むのは不戦敗と同じ。参加しなければ勝つ権利を手にできません。毎月1万円でも3万円でも投資を続けるのです。


あるヘッジファンドのトップに大きく儲かっている理由を尋ねると、秘訣を2つ教えてくれました。一つは英国の経済誌エコノミストの購読。もう一つは、ブラックスワン(相場の急落要因)が世界のどこで飛んでいるかを、北極から眺めて考えることでした。


投資には、虫と魚と烏の3つの目を使い分けるというのが私の主張です。目前で何が起きているか注意深く観察するのが虫の目。現在の流れや変化をつかむのが魚の目。目先の動きにとらわれず俯瞰するのが烏の目。


ゴルフでもテニスでも自己流である程度のところまでは上達します。しかし、スコアや勝率を引き上げていくには、その道の専門家に教えを請わないと難しいものです。投資も腕を上げるには専門家の力を借りる方が時間も短縮できるでしょう。個人の方は、投資に詳しいファイナンシャルプランナーなどに聞くのも手です。


若い時、米ニューヨーク支店に赴任しました。着任早々、先輩に英語の上達法を尋ねると、「英語漬けの生活を送る」という助言をもらいました。帰宅後もテレビやラジオをつけっ放しにして、ネーティブの英語を耳に流し込むのです。今でも覚えていますが、まさに丸3カ月たった日にどんな単語も聞き取れるようになったのです。意味が分からない単語もあったので、すぐに会話の内容を正確に理解できたわけではありませんが、後は語彙力を磨けば上達します。恐らく毎日続けるうちに英会話を聞く脳が出来上がったのだと思います。投資でも毎日続ければ、必要な脳が作られると思います。


小池正一郎の経歴・略歴

小池正一郎、こいけ・しょういちろう。日本の外国為替・金融資産運用コンサルタント。新潟県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本長期信用銀行に入行。ニューヨーク支店為替資金ヘッド、資金為替部長、資本市場部長、長銀証券常務、UBS銀行東京支店外国為替本部在日代表、シティバンクプライベートバンク シニアアドバイザー、キャノンバリーグループ日本代表などを経て独立。

他の記事も読んでみる

小山佳延

人口減少への対策として、1人当たりの旅行の回数を増やすリピート戦略も考えています。旅行の質を高めて、お客様が行きたい旅行が常にある状況を作り出し、いつも新鮮な旅行を提供する。昨年と同じ商品をそのまま出さないこと。そして、「行ってよかった」と思っていただけるものにしないと、次はありません。


松井道夫

社長になって実質25年以上たちますが、その中で一番大きな仕事は外交営業をやめたことだと思っています。ただ、さすがに外交営業をやっていた社員は、何人もお客様を連れて辞めてしまいましたね。外交営業なんて、お客様は望んでいなかったからですよ。外交営業は大きなコストが掛かります。そのコストは手数料などの形で、結局お客様が負担している。当時はまだ手数料は自由化されていませんでしたが、遅かれ早かれ自由化される。そうなるとコスト競争になる。コスト競争が行われる環境では、不要なコストを放置していると負けるんです。だから最大のコストであり、不要な外交営業をやめました。ただし、ただやめるのではなく、コールセンターを整備して、そちらで外交営業の役割を担えると分かってからやめました。


粟田貴也

もちろん私にも迷いや不安はあります。しかし、挑戦することのリスクよりも、何もしないリスクのほうが大きいと思えば、勇気が湧いてくるものです。


塩原研治

セイコーの研修センターは土日になると休みなのですが、休みは「カリキュラム通りではなく時計の勉強を自由にできる日」と思っていたぐらい、時計の世界に入りびたっていました。


坂根正弘

取締役会の冒頭で各役員がCEOに報告する際には、必ずバッドニュースを先に報告しています。そのためには、バッドニュースを真っ先にトップに伝える仕組みも欠かせません。


臼井由妃

メールや手紙でも相手をイメージしながら、「これは相手が聞きたい内容だろうか」と考えながら書くことが、第一印象を良くするコツ。


木村惠司(木村恵司)

プロジェクトが成功したのはチームのメンバー同士の信頼関係があったから。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

日本には沈黙は金、雄弁は銀という沈黙の素晴らしさを表した言葉がある。たしかに余計な話はしすぎないほうがよい。だが、みんなで目指す夢というのはどんなに語っても語りつくせぬほど大きな思いのはず。リーダーにとっては雄弁こそが至上なのである。


佐藤綾子(心理学者)

信憑性は、にわかには身につけがたいので、ビジネスマンが信憑性の力をつけようと思ったら、日頃の実績を積み、決して嘘を言わない。これが一番大事なところです。


樋口泰行

社長が暗い顔をしているようでは、社員のモチベーションは高められない。元気を演じられるのもリーダーの資質。


辻野晃一郎

40代にもなると腰が重くなりがちですが、人に聞いたり、本や雑誌を通じて情報収集したりするだけではなく、ときには体当たりで知識を吸収することです。


藤重貞慶

人生というものは、結局、予想がつかない。だからこそ、人は未来に迷い、意味がないとわかっていても、過去に拘泥してしまうのでしょう。この言葉は、心を原点に戻してくれるのです。
【覚書き|座右の銘「不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)」について語った言葉】