名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小池栄子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小池栄子のプロフィール

小池栄子、こいけ・えいこ。日本のタレント、女優。東京都出身。グラビアアイドルとしてデビュー。その後、タレント、女優としてバラエティ番組、テレビドラマ、映画で活躍。『八日目の蝉』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。

小池栄子の名言 一覧

10年先、20年先のありたい自分を思い浮かべると、いま何をすべきかが見えてくるはず。見えてきたら、失敗を恐れず一歩踏み出せばいい。


変わることを恐れていたら、失敗しないかもしれないけど成長もない。


変化とは、恐れないこと。私はこれからも変わり続けていきたい。


知らないこと、わからないことはそのままさらけ出してもいい。勝ち負けの意識が強かった頃は、ダメな自分、未熟な自分を出すことができず、ものの見方や考え方が窮屈になっていた。


デビュー後の数年間、グラビアなら他の女の子に絶対に負けたくないと思っていたし、バラエティでは、何かひとつでも言葉をテロップに載せたいと思っていました。爪痕を残そうと躍起になっていたという表現が正しいかもしれません。


小池栄子の経歴・略歴

小池栄子、こいけ・えいこ。日本のタレント、女優。東京都出身。グラビアアイドルとしてデビュー。その後、タレント、女優としてバラエティ番組、テレビドラマ、映画で活躍。『八日目の蝉』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。

他の記事も読んでみる

市ヶ谷弘司

空調服は、発売以来、バッテリー改善やウエアラブル装置としての耐久性向上など一部の改良以外、大きな仕様変更はしていません。同じ方法論を生かして、ヘルメットやリュックなど様々なシーンを想定し研究開発・販売をしています。今後は、普段の生活でも空調服を利用できるようになる「空調服社会」を実現したいと考えています。


花輪陽子

出世する人の家計簿に共通するのは、夫が積極的に家計に携わっている、という点ですね。家計簿といえば奥さんがつけるもの。収入をまるごと渡して管理はおまかせ、というタイプに出世する人は少ないですね。


河合薫

脳はツラさを嫌い楽しさを好む。そのメカニズムを利用しネガティブな感情が出る前に休憩するのです。人間の集中力の限界値は90分。忙しいときほど積極的に休んだほうが効率は上がる。


中瀬ゆかり

編集の仕事は恋愛と一緒で、「あなたの作品が好きだからぜひお願いしたい!」という強い気持ちを持っていることが大前提。


北尾吉孝

全体戦略と部分戦略を考える際に、1つ注意すべきことがあります。事業は、全て同時並行して攻めることです。試しにやってみたことがうまくいかなければ、違うことに挑戦するという姿勢では、会社は潰れます。全て同時並行的にやるべきです。


ロバート・キヨサキ

相変わらず不景気なニュースばかりで、将来に希望の灯が見えないと思っている人も多いことだろう。だが、読者の皆さんは、こんなことで滅入っていてはいけない。まだ気づいていない人もいるかもしれないが、私たちは、かつてないほど富があふれ、誰もがその富を手にすることが可能な時代に生きている。その「誰も」には、もちろんあなたも含まれている。


小杉俊哉

仕事の成果を「結果」だと捉えるからやる気が出ないのです。結果は、頑張ったからといって、必ずついてくるものではありません。どうしても、出るときと出ないときがあります。もし結果だけを成果と考えるなら、結果が出たときだけ嬉しくて、それ以外は苦しいことになります。


安岡正篤

幼児はハシカよりもっと恐れや怒り、憎しみや冷淡に感染しやすい。自分が好かれているか、嫌われているかということに、子供は食物と同様に反応する。一家の感情の中で自分の締めている立場をよく覚(さと)る。親の精神状態は直に子供に反応する。とくに親の怒りは子供に大きな衝撃を与えます。


岡村隆史

お笑いの世界って、上の人たちが元気すぎるぐらい元気やないですか。だから映画でもなんでも、上の人たちがやってないところで攻めていくしかないんですよ。


松重豊

苦しい時期の身の振り方、自分の追い込み方で、10年後、20年後が変わってくる。


藤原和博

校長時代、ときには学校にクレームの電話もかかってきました。でも、電話を受けるのは私だけ。就任時に「クレームは先生方に対応させない。校長の私に全部話してください」と宣言したんです。教師が一番嫌いなクレーム処理の仕事を私が引き受けたことで、私への信頼が増した。リクルートでのマネジメント経験を活かすことが出来ました。


星野佳路

時間や労力に対して得るものが少ないと感じる事柄に関しては、「やらないこと」とし、その分のエネルギーや集中力を、自分にとって本当に大切なことに使うようにしています。