名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小池栄子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小池栄子のプロフィール

小池栄子、こいけ・えいこ。日本のタレント、女優。東京都出身。グラビアアイドルとしてデビュー。その後、タレント、女優としてバラエティ番組、テレビドラマ、映画で活躍。『八日目の蝉』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。

小池栄子の名言 一覧

10年先、20年先のありたい自分を思い浮かべると、いま何をすべきかが見えてくるはず。見えてきたら、失敗を恐れず一歩踏み出せばいい。


変わることを恐れていたら、失敗しないかもしれないけど成長もない。


変化とは、恐れないこと。私はこれからも変わり続けていきたい。


知らないこと、わからないことはそのままさらけ出してもいい。勝ち負けの意識が強かった頃は、ダメな自分、未熟な自分を出すことができず、ものの見方や考え方が窮屈になっていた。


デビュー後の数年間、グラビアなら他の女の子に絶対に負けたくないと思っていたし、バラエティでは、何かひとつでも言葉をテロップに載せたいと思っていました。爪痕を残そうと躍起になっていたという表現が正しいかもしれません。


小池栄子の経歴・略歴

小池栄子、こいけ・えいこ。日本のタレント、女優。東京都出身。グラビアアイドルとしてデビュー。その後、タレント、女優としてバラエティ番組、テレビドラマ、映画で活躍。『八日目の蝉』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。

他の記事も読んでみる

中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

当社には2つの原点があります。「脚下照顧に基づく現状否認の実行」と「買う身になって、まごころこめて、よい品を」です。この2つを、私は「限りない品質向上による業績向上」と言い換えています。商品の品質だけでなく、経営の品質も含まれます。この姿勢は変えてはいけませんが、それ以外は環境変化によって変えてもいいのです。


宮本彰

失敗が続くと企業イメージが悪くなるという人もいますが、売れない商品は3カ月経つとみんな忘れちゃうので気にしません。


菊入みゆき

椅子に座ったままボーッとして、やる気が出ないときは「今日は、座らない!」と宣言するのもひとつの方法です。座りっぱなしは思考が堂々巡りになりがちです。関連部署に資料を取りに行ったり、取引先にアポをいれたりして、身体の中からモチベーションをアップさせましょう。


小田和正

継続する、というのは本当に大切なことだと思います。今、あのひとは何をしているんだろう、というブランクはできるだけ作らないようにしなければと思っています。僕の場合でも、どんな小さな活動でもみんなに知ってもらうことで、「ああ小田も頑張ってるな」って誰かの励みになったりすることもあるかもしれないですし。


鳥越淳司

自分が誇っていいのは、自分がやってきたこと、自分にできることだけだ。


ジェン・スン・ファン(ジェンスン・フアン)

優先順位が一致しない時の考え方はこうです。「エヌビディアがやりたいこと」ではなく「エヌビディアがやるべきこと」を選ぶのです。


佐藤優

僕がおすすめするのは、古典の名著を多く読むこと。古典には、人類にとって普遍の悩みや葛藤が描かれています。登場人物の心の動きを追体験しておくことで、実際に同じような場面に出会ったときにも、免疫力がついている。人間関係に対する強さが磨かれるはず。


佐藤可士和

クライアントの考えが曖昧なときに必要なのは、相手に「仮説をぶつける」ことです。具体的には先方の話を聞いたあとに、「目指すのはこういうことですか?」「強調したいことはここですよね?」と自分の言葉に置き換えて投げ返していきます。外れていたらどう違うのかを聞きだして、「こうでしょうか?」と再び仮説をぶつけます。これを徹底的に繰り返すことで、相手の考えをほぼ正確に言語化できるのです。


ウィリアム・ジェームズ

心理学における法則を一つ挙げる。自分がこうしたいと思う映像を頭に思い浮かべ、その映像をずっと抱き続けていると、じきに考えていた通りのことが起きるものなのだ。


堀江裕介

自分にはどういう面白さがあるのか、どこに踏み出せばオンリーワンになれるのか、客観的に自分を見つめることが大事なのは経営者だけに限りません。世の中の流れに惑わされず進むべき道を見つけ、自分の市場価値を高めるために、自己を見つめ直すことはとても大事なことだと思います。


川原和久

役を演じるうえでは、常に自分自身を客観的に見るようにしています。


北野武(ビートたけし)

世代が違うと話が合わないなんて言うのは間違い。話が合わないんじゃなくて、話を引き出せない自分がバカなのだ。年寄りとお茶を飲んでいて、「おじいちゃん、この茶碗は何?」って聞けば、何かしら答えが返ってくる。きっかけさえ作ることができれば、思いもよらない話が聞けることもある。相手はいい気持ちになれるし、こっちは知らなかったことを知る。相手が小学生だって同じだ。