名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

小池修一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小池修一郎のプロフィール

小池修一郎、こいけ・しゅういちろう。日本の劇作家、舞台演出家。「宝塚歌劇団」演出家。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業後、東京宝塚劇場に演出助手として入社。その後同歌劇団演出家を務めた。数々の賞を受賞。

小池修一郎の名言 一覧

同じことを繰り返していれば安心ですが、いつしかパターン化してしまう。たとえ厳しくても、自己破壊と創造を繰り返し、常に自分をリニューアルしなければと肝に銘じています。


振り返れば何とか困難を乗り越えようとやってきたことが、個性につながっていると感じます。


宝塚が描き出すのは究極の愛の姿。現実にはないかもしれないものを、現実にはあり得ない存在が演じるから、究極の愛がリアルに見えるのでしょう。


芸術家でも経営者でも、地位や名誉を有してなお、自分を活性化し続けられる人はそういません。


演出家も、未成熟な役者たちと一緒に仕事をするなかで、新たな発見をすることがよくあります。若い人と共に汗をかいて、死ぬほどの思いで工夫していると、そこにオリジナリティが出てくる。いつでも悩み、新しい表現に挑戦する姿勢を忘れないでいたいですね。


先輩から後輩へ、宝塚の伝統をリレーしていくという意識をみんなが持っています。そして新しいトップスターが、時代に即した舞台をつくり上げていく。宝塚が100年続いている要因の一つはここにあると思います。


小池修一郎の経歴・略歴

小池修一郎、こいけ・しゅういちろう。日本の劇作家、舞台演出家。「宝塚歌劇団」演出家。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業後、東京宝塚劇場に演出助手として入社。その後同歌劇団演出家を務めた。数々の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

藤原秀次郎

人には良いところもあれば、悪いところもあるでしょう。しかし、悪いところを見てもキリが無いので、良いところを見てその人に最適な部署を見つけていく。それが上司の仕事。


菅井敏之

私は、人生を「雲梯」にたとえてお話しすることがあります。小学校や公園にあるあの雲梯で前に進もうと思えば、片手でぶらさがっているだけではダメ。片手をしっかりと保持しつつ、もう一方の手で次のバーをつかまなければなりません。つまり会社員として給与を得て、もう一つ別の収入源を確保する。いわば「複業的人生」を皆さんにお勧めしています。


吉野佳秀

どんな隙間であろうと、何であろうと、見つけたらそれをとことんやり抜く強い意志が必要。


平野岳史

常にトップと現場の距離が近い会社は強いと思うんです。どうしても組織が大きくなればなるほどこの距離は大きくなっていきますから、なるべくそれを近い状態に保っておけるような、そういう会社を作りたいなと考えています。


前田修司

海外展開も重要ですが、日本国内でもやるべきことはたくさんあると考えています。日本の市場は、企業も、家庭も、まだまだ飽和してはいません。


松井道夫

学生や卒業したてで起業したいなどという人には、クソして寝てろと言いたいです。(覚書き|学校卒業後すぐ起業することを戒めた言葉。社会的な慣例や常識、人づきあいや働き方を学んでから起業せよという激励。卒業直後に起業するインターネットベンチャー社長に数多く会って、経営手法や考え方に危うさを感じた経験から出た言葉かもしれません)


橋本和仁

販売後のサービス・サポート領域も技術とセットで考える必要がある。米アップルの付加価値の源泉は、iPhoneの製造販売でも中身のチップやOSでもなく、100円のアプリを販売する仕組みだ。CPUやチップやOSだけで同社の産業競争力は議論できない。


今井登茂子

仕事ができ、顔が広く人望も厚い人というのは、断り方がとても上手です。「NO」と言ったにも関わらず、相手に「次も絶対にこの人にお願いしよう」と思わせてしまうのです。


岩野達志

インフラ作りは利益だけを求めていてはできない仕事で、ある意味ボランティアの精神を持った人間が旗を振る必要がある。


佐々木圭一

メールは、文章表現をちょっと過剰に書いても、相手に失礼に感じさせず、むしろちょうどいいんです。だいたい普通の文章の30%増しぐらいで書くのがいいと思いますよ。たとえば「ありがとうございました。」を「ありがとうございました!」にするだけで、印象はがらりと変わります。僕は「ありがとうございました!!!」くらいやります。これくらいのほうが印象に残りやすいんですよ。


鷲田小彌太

学力という面では、大学を出ていても出ていなくともたいした差がないよね。それなのに、社会的な評価では一線を画されることになるからつらい。しかし一方で、学歴なんかそれだけのことだとも言える。どんな大学を出ていようと、学ぶ人はものすごく学ぶし、学ばない人は学ばない。東大生だって23、24歳ぐらいで大半が勉強をやめるんだから。社会人になって仕事を始めたら、もう学歴なんて関係がなくなる。実力の勝負だよ。


堤康次郎

俗に「かさけと自惚れのないものはない」というが、人一倍自惚れの強い私も、度重なる失敗にもはや精根尽きた。堤の家を立派にしてくれと慈愛の権化のように私を育ててくれた祖父に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
【覚書き|多くの事業に手をだし失敗した当時を振り返っての発言。かさけとは梅毒系の皮膚病で、おできの原因となる病気。昔は一般的な病気だった】