名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小池修一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小池修一郎のプロフィール

小池修一郎、こいけ・しゅういちろう。日本の劇作家、舞台演出家。「宝塚歌劇団」演出家。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業後、東京宝塚劇場に演出助手として入社。その後同歌劇団演出家を務めた。数々の賞を受賞。

小池修一郎の名言 一覧

同じことを繰り返していれば安心ですが、いつしかパターン化してしまう。たとえ厳しくても、自己破壊と創造を繰り返し、常に自分をリニューアルしなければと肝に銘じています。


振り返れば何とか困難を乗り越えようとやってきたことが、個性につながっていると感じます。


宝塚が描き出すのは究極の愛の姿。現実にはないかもしれないものを、現実にはあり得ない存在が演じるから、究極の愛がリアルに見えるのでしょう。


芸術家でも経営者でも、地位や名誉を有してなお、自分を活性化し続けられる人はそういません。


演出家も、未成熟な役者たちと一緒に仕事をするなかで、新たな発見をすることがよくあります。若い人と共に汗をかいて、死ぬほどの思いで工夫していると、そこにオリジナリティが出てくる。いつでも悩み、新しい表現に挑戦する姿勢を忘れないでいたいですね。


先輩から後輩へ、宝塚の伝統をリレーしていくという意識をみんなが持っています。そして新しいトップスターが、時代に即した舞台をつくり上げていく。宝塚が100年続いている要因の一つはここにあると思います。


小池修一郎の経歴・略歴

小池修一郎、こいけ・しゅういちろう。日本の劇作家、舞台演出家。「宝塚歌劇団」演出家。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業後、東京宝塚劇場に演出助手として入社。その後同歌劇団演出家を務めた。数々の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

渡辺謙

仕事でスランプを感じたのは、30代後半です。順調に仕事をこなしていたのですが、「ああ、渡辺謙はこんな感じだね」という評価が固まりつつあることに危機感を持ったんです。そこで僕の30代を支えてくれた人気ドラマシリーズを、泣く泣くすべて降板しました。


林野宏

社員がその気にならないと、絶対にうまくいかない。トップダウンで「あれをやれ、これをやれ」と言っても人は動かない。


小泉八雲

日本人のように、幸せに生きていくための秘訣を十分に心得ている人々は、他の文明国にはいない。人生の喜びは、周囲の人たちの幸福にかかっており、そうであるからこそ、無私と忍耐を、我々のうちに培う必要があるということを、日本人ほど広く一般に理解している国民は、他にあるまい。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

社内で専門的な知識が求められるときに、関連する資格を持っていれば大きな強みになります。他に詳しい人がいなければ、その分野での唯一無二の存在になれるでしょう。


神岡真司

求められる上司との信頼関係のレベルは、「共犯関係」。チームで無理なやり方をしてビジネスを乗り切った経験などでも、一種の共犯関係は生まれます。うまく共犯関係をつくり、えこひいきされることは、処世術の一つ。


高橋がなり

僕は遊びでも仕事でも、初めてのチャンスなりお誘いを受けたら、自分の気持ちとは関係なく、すべてチャレンジしてみるんだ。何でも会ってみないとわからないことってあるからね。


岸見一郎

周りから自分がどう評価されるかというのは、他者が決めることであって、自分の課題ではありません。にもかかわらず、「嫌われたくない」「ほめられたい」と望むのは、対人関係を「縦の関係」でとらえている証拠です。


鈴木徹哉(経営者)

当社では、「おいしい」「やさしい」「たのしい」を追求し続けることを、会社の方針としています。この中で、他の2つのベースとなる最も大事な考え方が「やさしい」。食品の安全・安心を示す「やさしい」は、追求し続けることが必須事項になります。この「やさしい」を追求し続けながら、「おいしい」と「たのしい」を高める努力をする。判断に迷うことがあっても、こうした基本方針に立ち戻る。そうすればおのずと、仕事においては「安全・安心に関することを後回しにしない」と考えられます。


小室淑恵

ロスを防ぐためには、仕事に手を付ける前の朝一番に、その日の仕事の進め方を上司と部下が話し合って、すり合わせておく必要があります。それにより優先順位もはっきりするのです。


山部和孝

「即断即決」がモットー。良い話も悪い話もその瞬間が旬。その場で解決しないと、良いものは悪く、悪いものはさらに悪くなりますから。


ジョン・ワナメーカー

広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。わからないのはどっちの半分が無駄なのかだ。


冨田和成

私は、PDCAの「A」を「ACTION(改善)」ではなく「ADJUST(調整)」と定義しています。改善のみならず、期日の伸長や計画の継続・中止など、様々な調整が必要だからです。ただし、的確な調整は、前段階に的確な検証があってこそ。検証がなければ調整もできず、結局なんの結果も出せずに、「P(計画)」や「D(実行)」にかけた時間や労力がムダになってしまいます。