名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小池信三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小池信三のプロフィール

小池信三、こいけ・しんぞう。日本の経営者。「三栄建築設計」社長。福島県出身。高校卒業後、武蔵野リハウス(のちの三井不動産リアルティ)を経て三栄コーポレーション(のちの三栄建築設計)を設立。同社を東証一部に上場させた。

小池信三の名言 一覧

数字を上げるためにも、効率化ではなく、とにかくいい家をつくり続ける。もしそこで妥協してしまうと、当社は全く違う会社になってしまう。ですからそこだけはブレないようにしている。


その土地その土地で求められる住宅を提供していくのが我々の務め。場所が変わればニーズも変わる。それに対応していく。そこに住む人のニーズに合わせた住宅を提供することに変わりはない。


自分の仕事を楽しめ。楽しくない仕事は長続きしない。何のために楽しむかと言えばお客様のため。世界にひとつしかない、お客様の満足する住宅を提供する。そのために侃々諤々議論をして、新しいものを創造していく。


数字というのはその気になればつくることもできる。それをしないできちんと積み上げていっての大台にこそ意味がある。でも数字はあくまで数字。仕事の質が伴わなければ意味がない。


弊社には、人から教えられるのではなく能動的に学び自走できる社員が揃っています。違う家をつくり続けることは楽ではありませんが、自由な発想とチャレンジには苦労を超える喜びがある。社員たちはその環境の中で成長しています。


私たちは現在、年間2千数百棟の家をお客様にお届けしていますが、業界トップクラスの企業では年間3万棟を超えています。家を必要とする人たちのためにも、私たちがつくる個性的な家をもっと増やしていきたい。そのために、もっと努力し続けることが必要です。


同じものは絶対つくりません。それは現場でその土地にあった最適の家をつくるということでもあります。これを24年間続けてきた。同じ間取り同じデザインの家をいくつもつくれば効率はいいかもしれない。それをやっていればもっと規模は拡大できたかもしれない。でも、面白くない仕事はしたくない。これが基本です。


結局は家賃と住宅ローンの比較です。当社のターゲットは35歳、年収560万円。子供もいて一番住宅を必要とする人たちに都心に4千万円台の住宅を提供しています。これなら住宅ローンも家賃と変わりません。家賃と同等で、しかも質の高い住宅を提供できれば、そこに住みたいという人は多い。


便利な場所に、手が届く価格の住宅を供給しようとすれば、どうしても土地は狭くなります。そこで3階建てにして床面積を確保する。高品質でかつ優れたデザインの住宅を低コストで提供する。これに関して当社に勝るところはありません。


スポーツが青少年の健全な人格形成に寄与するということに異を唱える人はいないでしょう。Jリーグが理念として掲げる「豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発展への寄与」を、湘南ベルマーレを介して実現していくことが大きな目的です。

【覚え書き|湘南ベルマーレに出資していることについて】


弊社のビジネスモデルは他の企業にもないので、中途での人材採用が難しい。そこで新卒社員の育成が重要になります。


弊社のポリシーは創業以来「同じ家は、つくらない」です。現代は、人が人生の中で家を何回か住み替えていく時代ではなく、1度購入した家を終の棲家とする時代になっています。人生に1度だけの大きな買い物なのに、ほかにあるような家をお客様は望まれるでしょうか。私たちは「社会的芸術性と個人的生活空間プロデューサー」として、たとえ非効率であってもそこに住まう人を思い浮かべながら、デザイン性の高い「世界でたった一つだけの家」をつくり出しています。


国も無策ではありませんが、障がい者やその家族に対する支援はまだ不十分です。財団の活動を通じて彼らが暮らしやすい社会にするだけでなく、社会の中で輝けることを目標にしています。賛同者を増やしていくことが必要ですが、その一方で弊社がより多くの出資を続けるためには、業績を伸ばさなければいけない。そのためにも、当社の家づくりを理解し、実現する人材を育成し、お客様が喜ぶ「世界にたった一つの家」を1棟でも多くつくり続けていきます。


小池信三の経歴・略歴

小池信三、こいけ・しんぞう。日本の経営者。「三栄建築設計」社長。福島県出身。高校卒業後、武蔵野リハウス(のちの三井不動産リアルティ)を経て三栄コーポレーション(のちの三栄建築設計)を設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

福井威夫

一時期、400万台クラブという言い方が自動車業界では流行りましたが、いま苦しんでいるのはまさに年間生産量400万台以上の会社であり、利益を出しているのは比較的小ぶりな会社です。とくに経済が厳しいときは、図体が大きくないほうがいいのです。


泉谷直木

大企業で上に立つには哲学が不可欠です。同時に現場で一緒に汗をかく必要も痛切に感じました。現場では若手と酒を酌み交わしつつ深く話をするようにしています。そして、若者から聞いた意見をときに生かしてやり、部下たちが自信をもって仕事に打ち込めるよう心がけています。


守屋淳

一見関係のないジャンルでも、思考の抽象度を上げて考えてみると、意外なところで結びついていることがわかります。こうして、関係のないもの同士を結びつけ、そこから教えを導き出したり、新たな原理・原則を発見する能力を得ることこそ、教養を身につける最大の意味だと私は考えています。


榊原英資

市場では他の市場参加者の好みを理解して、大きな流れ、トレンドに外れないようにしなければならないのです。しかし、好みは主観的でしかも流行があります。トレンドをいつもうまく当てるのは、決してそんなに簡単なことではありません。


小倉広

人に頼ってばかりいると、何も学べないまま年を重ねることになります。会社の中で年次が上なのに、何もできない人のままでいる。もう悲劇です。そんな人は自分が主体的にやっていないから、成功しても心の底から喜べないし、失敗したら人のせいにする。


山下孝一

駄目な社員はいない。しかし、駄目な社長はいる。良い会社、悪い会社というのはありません。あるのは良い社長か悪い社長だけです。つまり、経営者は、良い社長になるしかないのです。


吉田晴乃

29歳の時、親の反対を押し切ってカナダ人と結婚し、娘が1歳になる前に夫の都合でカナダに渡りました。私は異国で職を探し、現地の通信会社で営業職として働き始めます。日本人向けのお土産用としてカナダの風景をプリントしたテレホンカードの販売を提案し、街中の店に置いてもらえるように営業しました。また、日本との割安な国際電話プランを提案したところ、これが大当たり。売り上げという数字で結果を出すことで、女性だから、日本人だからといった差別はなくなりました。


斎藤広達

重要になるのが、ケイパビリティだ。ケイパビリティとは、B/S(貸借対照表)では表現されない収益の源泉。従業員のモチベーションや人脈、営業基盤、低コスト生産のノウハウなど。目に見えないものが多く、評価は難しい。だが、実際のビジネスでは、こういったソフト面でのちょっとした違いが、売り上げや利益に大きな差を生む。


尾﨑正直(尾崎正直)

都会ではできるだけ官は口を出さず、いかに民の活力を引き出していくかということが大事だろうと思います。一方、田舎は民の活力を引き出していくために、官もまた頑張らないといけない。官民協働型といいますかね。


中原淳

上司はただ営業日誌を書かせチェックするだけではなく、本人が持っている考え方とは別の考え方を提示することが必要です。自分とはまったく異なる考え方を提示されると、当然本人が持っている考え方と衝突します。この衝突を経験することで自分の普段のやり方を振り返り、それが効果的なのか、といった内省が始まるのです。振り返りによって自分の行動を意味づけることが、内省を行うための第一歩といえるでしょう。


井上知子

「勝つのは自分か相手か」という二択の発想では、仮に勝っても、自己満足しか残らない。相手との協調関係が失われ、「自分にはない視点」という宝物を失うことになりかねません。


柳弘之

スポーツ関連の商品を作るためには、スポーツを理解しなければいけないということで、我々は実際のスポーツ活動も一生懸命行っています。スポーツを理解してスポーツに近い仕事をしていこうというのが我々のひとつの特徴で、私も率先して行っています。