小橋賢児の名言

小橋賢児のプロフィール

小橋賢児、こはし・けんじ。日本の俳優、DJ、映画監督、音楽イベントプロデューサー、クリエイティブ・ディレクター。「LeaR」代表。東京都出身。小学3年生で芸能界デビュー。テレビドラマ、映画、舞台などで活躍したのち、イベントプロデュース会社を設立。様々なイベントの企画運営に携わった。

小橋賢児の名言 一覧

観客の立場で本当に楽しめるかどうかを考えます。土壇場でひっくり返すことも多いので、「クレーマー・ディレクター」と呼ばれて作り手からは嫌がられています。

小橋賢児の名言|観客の立場で本当に楽しめるかどうかを考える

様々な有料の花火イベントがある中、ただ伝統を守るためだけのイベントではお客さんはお金を払わないし、満足しません。そこに今の時代の才能やテクノロジーをプラスすることで花火そのものも進化するし、お金を払うだけの新たな価値や感動が生まれるのだと思います。

小橋賢児の名言|ただ伝統を守るためだけのイベントではお客さんはお金を払わない

小橋賢児の経歴・略歴

小橋賢児、こはし・けんじ。日本の俳優、DJ、映画監督、音楽イベントプロデューサー、クリエイティブ・ディレクター。「LeaR」代表。東京都出身。小学3年生で芸能界デビュー。テレビドラマ、映画、舞台などで活躍したのち、イベントプロデュース会社を設立。様々なイベントの企画運営に携わった。

ページの先頭へ