名言DB

9429 人 / 110879 名言

小柴満信の名言

twitter Facebook はてブ

小柴満信のプロフィール

小柴満信、こしば・みつのぶ。日本の経営者。「JSR」社長。東京出身。千葉大学大学院工学研究科修士課程修了後、米国ウィスコンシン州立ウィスコンシン大学大学院材料科学科に留学。日本合成ゴム(のちのJSR)に入社。電子材料事業部電子材料第一部長、電子材料事業部長兼電子材料部長、取締役、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

小柴満信の名言 一覧

真の目標は1兆円という数字ではありません。会社を新しい形に変化させることです。


当社はこれまでも、他社はまだ手がけていない新しい事業に着手し、「夜明け」を待つことを繰り返して成長してきました。


我々が目指すのは変化に強い、持続的な成長のできる会社です。もともと当社は合成ゴムの国産化を目的として作られた会社です。時代の変化に合わせて、石油化学産業への依存度を下げ、半導体材料などのファインケミカル分野に注力するなどして、事業領域を広げてきました。ライフサイエンス事業、LIC事業への取り組みは、当社が重ねてきた変化の歴史に連なるものです。


世界の化学メーカーを見渡すと、時価総額は1兆円以上か、当社のように5000億円以下か、ほとんどがどちらかに分類されます。これがなぜなのかは分かりませんが、当社がこれまでと同じような取り組み方を続けているだけでは、1兆円企業になれないことは確かです。その壁をどうやって乗り越え、結果として1兆円と評価される企業になるかが、会社全体のチャレンジなのです。


積極的に資本業務提携を行っているのは、事業を進めるうえでしっかりとした環境を整える必要があると考えているからです。それが、単なるパートナーシップを結ぶのではなく、出資するという選択につながっています。


リーマンショックを受けてこれからの当社を考えた時、成長を牽引していくのはデジタル系ではなくアナログ系の事業だと判断しました。デジタル系の世界はコモディティー化するスピードが速く、価格競争に陥ることは、半導体関連の事業を通じて分かっていたからです。


小柴満信の経歴・略歴

小柴満信、こしば・みつのぶ。日本の経営者。「JSR」社長。東京出身。千葉大学大学院工学研究科修士課程修了後、米国ウィスコンシン州立ウィスコンシン大学大学院材料科学科に留学。日本合成ゴム(のちのJSR)に入社。電子材料事業部電子材料第一部長、電子材料事業部長兼電子材料部長、取締役、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

塩沼亮潤

行者として私が目指すのは世界の人々の心を通い合わせること。近々ニューヨークに拠点を定め、様々な宗教や文化との交流を重ねる活動を始めます。外国語の勉強は大変ですが、これも修行。小僧の心で臨みます。


了徳寺健二

何が問題かというと世界中に広がる無力感だと思うんですね。自分の価値観が見出せていないから、目標がないし、どうしていいかが分からないのだと思います。


玉川勝

インドでは幹部や若手の引き抜き合戦が盛んで、当社も人材流出に悩んだ時期がありました。そこで人事制度を改革しました。ソニーで働くと、将来的にどんなポジションが期待できるのかを説明し、スキルを高めるための研修も始めました。優秀な人材は、インド以外の地域に赴任させるなど、国境を越えた人事を増やしています。


近藤宣之

一番簡単で、かつ一番必要なのは、社長みずからが社員を教育することです。何のためにこの会社がつくられたのか、創業の志を伝える。私は毎週「社長塾」を開いたり、毎月の全社会議で講師になったりして話しています。そして、自分ではできない教育は外部の機関に依頼して補う。


石渡美奈

いまでは弊社の社員も手紙を書く人が増えているのですが、実はそのおかげで、ある大手居酒屋チェーンさんにホッピーを取り扱っていただけるようになりました。きっかけは、中年男性の営業マンが、「字は汚いし、文章も苦手だけど、自分もやってみよう」とバイヤーさんに感謝のハガキを送ったこと。当初、バイヤーさんはホッピーを扱う気はなかったそうなんですが、手書きのハガキなので捨てるに捨てられず、机の引き出しに入れていたんです。すると、引き出しを開けるたびに手紙が目に飛び込んできて、取引しようという気になったらしいんですね。手紙にはそういう力もあるのかと改めて知りました。


桜井正光

まずとにかくやってみようじゃないかという姿勢が求められる。やればやっただけのリアクションがお客様から、あるいは開発の結果から必ず返ってくる。つまり、仮説を立てて検証していくトライ・アンド・エラーというやり方ですね。そういった行動様式を社員一人ひとりが身につけなければいけない。


花田賢人

人間が本当にやりたいことに時間を使えるよう補助するのがAIの本質。


秋元康

日常の中で「面白い」と思えることがなくなったときが、僕が仕事を辞めるときでしょうね。


南部靖之

不思議なもので、会社は利益を最優先に考えると利益が出ないもの。


桜井弘(櫻井弘)

立派な理論や意見をクチにする若い人が増えています。でも、それだけでは、相手に伝わりません。単に情報や意見が正しいだけでは、人は動かない。それどころか話し下手だと相手を不快にさせて評価を下げるかもしれません。