名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小柴昌俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小柴昌俊のプロフィール

小柴昌俊、こしば・まさとし。日本の物理学者。ノーベル物理学賞受賞者。愛知県出身。東京大学理学部物理学科卒業、ロチェスター大学大学院修了、東京大学で理学博士号を取得。東京大学助教授を経て教授に就任。そのほか、東京大学理学部附属 高エネルギー物理学実験施設長、東京大学理学部附属 素粒子物理学国際協力施設長、東京大学理学部附属 素粒子物理国際センター長、東海大学理学部教授、財団法人平成基礎科学財団理事長就任などを務めた。ノーベル物理学賞をはじめ数多くの賞を受賞。著書に『ようこそニュートリノ天体物理学へ』『ニュートリノ天体物理学入門』『心に夢のタマゴを持とう』『物理屋になりたかったんだよ』『やれば、できる。』『「本気」になって自分をぶつけてみよう』『ニュートリノの夢』ほか。

小柴昌俊の名言 一覧

やりたいことが上手くいかなかったら、できることから突破口を探すこと。


絶対に、後追いの実験はしたくなかった。そして悩み、考え抜いて準備を進めたことが、大きな発見につながったと思っています。


カミオカンデの運転を再開した翌月、誰も予期していなかった大マゼラン星雲の超新星爆発のニュースが飛び込んできました。その観測がノーベル賞につながったわけです。「小柴は幸運だ」。よくそう言われます。確かにその通りなんですね。でも、たまに腹が立って、こう言い返すことがあります。「大爆発のニュートリノは、世界の60億人に同じように降り注いだんだ。問題は、それが見えるように準備していたかどうかじゃないか」と。


観測装置「カミオカンデ」を設置しようとしたとき、米国から驚愕のニュースが飛び込んできました。同じ方法の実験が準備されているという。しかも光電子増倍管は、カミオカンデを上回る5000個設置する予算を獲得している。「これでは負けるに決まっている。後追いの実験に国民の血税を使えない」。そう悩みました。物量では上回れない。そこでひらめいたのは、検出器の感度を強烈に高めることでした。5インチの光電子増倍管を一気に20インチにすると。


小柴昌俊の経歴・略歴

小柴昌俊、こしば・まさとし。日本の物理学者。ノーベル物理学賞受賞者。愛知県出身。東京大学理学部物理学科卒業、ロチェスター大学大学院修了、東京大学で理学博士号を取得。東京大学助教授を経て教授に就任。そのほか、東京大学理学部附属 高エネルギー物理学実験施設長、東京大学理学部附属 素粒子物理学国際協力施設長、東京大学理学部附属 素粒子物理国際センター長、東海大学理学部教授、財団法人平成基礎科学財団理事長就任などを務めた。ノーベル物理学賞をはじめ数多くの賞を受賞。著書に『ようこそニュートリノ天体物理学へ』『ニュートリノ天体物理学入門』『心に夢のタマゴを持とう』『物理屋になりたかったんだよ』『やれば、できる。』『「本気」になって自分をぶつけてみよう』『ニュートリノの夢』ほか。

他の記事も読んでみる

萩尾望都

読者が「キュンキュン」してくれるとうれしいです。描いている方も「キュンキュン」しながら描いているので。「キュンキュン度合い」が高いと描いていて面白いですね、やっぱり。


西任暁子(西任白鵠)

ほとんどの人は「自分が話したい順番」に話してしまいますが、それでは効果的に伝えることはできません。たとえば、時系列に沿って話したほうが簡単だから、人は良く自己紹介をするときに生年月日から話し始めてしまいます。しかし、限られた時間内に情報を伝え、相手の心を動かさなければいけないという場合には逆効果です。話したい順番ではなく、「相手が聞きたい順番」に述べていくことが大事です。


石井淳蔵

個人をターゲットに置くより、個人の特別な経験にまで絞ることが有効。消費者に「何が欲しいか」を直接質問するのではなく、消費者がどのようにみずからの問題を解決しているのかを調べることと、当の消費者さえ気がつかないような問題とその回答を見つけるためには観察という調査方法が重要だ。


若田光一

「グローバル化」という言葉がよく使われます。何だろうと考えることがあります。世界の基本は、個と周りとの関係です。国内でも国外でも、宇宙空間でも、境界というのは本来、自分とそれ以外との境を指します。重要なのは相手を尊重し、異なった考え方を認め合えること。世界が同じだったら面白くありません。お互いを認めた上で、協働していく価値観を共有できるのが、グローバルな社会なのだと思います。


アンジェロ・ボナーティ

大事なのは、永遠の価値を持つブランドであるという安心感をどれだけ与えられるかです。今年買った時計が10年後も売られていて価値あるものだと認められることが大切です。


島田荘司

よく昔の人が「デビューするまでに長編5作、短編15作は書きなさい」なんてことをいう。もっと前の世代になると柳行李(やなぎごうり)いっぱいに原稿がたまるくらいにならないと、デビューしちゃいけないなんていいました。そんなアドバイスを意識したつもりはないんですが、結果としてそのくらいの量は書いたことになります。


家入一真

逃げるといっても、何でも放り出せばいいといっている訳ではありません。ただ、「本当はほかにやりたいことがあるのに」と思いながら、後ろ向きの気持ちで仕事をすることに、どれだけの意味があるのでしょうか。


ガブリエル・ベルチ

自社だけで創薬に取り組むには限界があります。このため、アストラゼネカは社外との連携を重視し、先進的で優れた研究を行っている医療機関や大学、他の製薬企業などとの提携を積極的に行っています。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

数年分の目標に縛られるあまり、自らの行動を限定してしまうというのは最悪なパターンです。状況が変わる中で、目標もどんどん変えていかなくてはいけません。


南部靖之

どんなに忙しくても、毎日2時間は身体を動かしています。都心のホテルのスポーツジムやテニスコートは、夜通しオープンしていますからね。そこで汗を流すのが日課です。いまでも、テニスや腕相撲は、若い人に負けるつもりはありません。夜に運動すると、エネルギーを使い果たすので、ぐっすり眠れる。だから、翌朝スパッと目が覚めて、気持ちよく一日のスタートを切れるんです。


兼元謙任

失敗したら、こうすれば失敗するということが勉強できたので、それだけ目標に近づけたと思えばいいのです。


西野裕

希望退職者を募る前の社員との面談は、削減人数の確保とともにトラブル回避のためでもあります。トラブル回避のためには、辞めざるを得ない人に、話し合いを通じて納得感と共感を持ってもらうことが大事です。そのためにはまず、今後どのように会社が生き残っていくかというビジョンを伝えることです。そして、残念ながらその中で果たしてもらいたい役割がないということを説明するのです。