名言DB

9490 人 / 112001 名言

小柴和正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小柴和正のプロフィール

小柴和正、こしば・かずまさ。日本の経営者。伊勢丹社長・会長。早稲田大学を卒業後、伊勢丹に入社。その後、同社で社長・会長を務めた経営者。

小柴和正の名言 一覧

商売である以上、売れ筋をきっちり押さえることは大切ですが、お客様にとってのオンリーワンを目指すには、リスクを取って自らの志を貫く強さが大切です。商売と志のバランス。その兼ね合いを計るのも経営者の大切な仕事のひとつだと思います。


売り場の効率化だけを考えたら、他の商品を置いた方がいいのでしょうが、本店の一番いい売り場に実験的商品を置くことこそが大切なのです。ファッションで生きる伊勢丹の志を内外に示すには、中途半端な形だけでは駄目だと思うからです。『解放区』で新人デザイナーを発掘し、世に出すのは伊勢丹の使命であり、ゼニカネの問題ではないと常日頃から社員にも言っています。


我が社は1994年に伊勢丹企業理念を策定し、その中で「毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹」という企業スローガンを打ちだしました。時代を先取りする新鮮なファッションをいち早く発掘してお客様に提案し続けていくことが、伊勢丹の生き残る道であるという決意が込められています。


伊勢丹は他の百貨店に比べて決して恵まれているとは言えません。新宿本店は、ターミナル駅から距離がありますし、建物も古く、売り場面積も限界があります。設備機器も最新鋭というわけにはいきません。ハンデを克服して、お客様から支持される店になるためにはどうしたらいいか。8年間の社長在任期間中、私が最も心を砕いたのは、伊勢丹ならではの魅力をお客様にどうわかっていただくか、いかにしてお客様にとってのオンリーワンショップになるかということでした。


高度成長時代の百貨店は、それこそ百貨が買える場所でした。ところが、いまや百貨店は80貨店、60貨店になっています。衣料品も、安い商品を大量に売る専門店が台頭しています。その中で、お客様に胸を張って示せる百貨店の価値は何かと問われたら、私は「ライフスタイルのコーディネート能力」だと答えます。


生活の中に、新しいもの、美しいものを求め、取り入れようとするのは人間の本性です。世界中から時代の最先端を行くファッショントレンドを発掘し、それをこなれた形で、日本のお客様に提案する。その商品発掘力、目利きの力こそが、他の店では真似できない伊勢丹ならではの強さであり、そこにこだわり続けることが、我々が生き残る唯一の道だと確信しています。


百貨店の価値は何かと問われたら、ライフスタイルのコーディネイト能力だと答えます。
【覚書き:伊勢丹新宿本館一階に新進気鋭の無名デザイナーの商品を取り扱う解放区を設けたことについて語った言葉】


小柴和正の経歴・略歴

小柴和正、こしば・かずまさ。日本の経営者。伊勢丹社長・会長。早稲田大学を卒業後、伊勢丹に入社。その後、同社で社長・会長を務めた経営者。

他の記事も読んでみる

大嶋啓介

20代は、僕にとって仕事は自分を磨くための「修行」でした。それが30代になって、仕事は「挑戦」に変わってきた。


國貞文隆

社長にとって、考える時間を持つことが一番大事と言っても過言ではありません。しかし、普通に過ごしていれば、考えるための時間をどこにも確保できない。だから朝時間は重要なのです。夜まで仕事のある社長には、一人で静かに考える時間は朝しかない。多くの社長はそれに自覚的で、だからこそ朝時間を活用しています。


藤巻健史

リスクシナリオにとらわれた日本人だけ、世界の資産価格高騰相場に乗り遅れたのだ。リスクシナリオとは起こる確率が低いからリスクシナリオという。資産運用に関しては、そのリスクシナリオに捉われすぎず、メインシナリオに基づいた意思決定を行うことが重要だ。


福嶋康博

他の経営者からは後継者が社内にいないため、社外から社長を起用するという話を聞きますが、多くは社外から起用した人の長所だけを見て決めており、逆に社員については欠点ばかりを見ているように思います。私が社内で選んだ3~4人の候補者には長所も欠点ありました。経営者も含め100点満点の人間などいないのです。


村瀬治男

アメリカ勤務から帰国後、あえてカタカナ語を使わなかったのは、横文字はカッコよく見えても、聞き手はどこか抵抗感を感じ、細かなニュアンスは共有できません。常に双方向性を意識すれば、相手に伝わる話し方ができる。その本質は、日本であってもアメリカであっても変わりありません。
【覚書き|村瀬氏は28年間キヤノンの北米現地法人で仕事をしている】


川崎貴聖

戦後の世界は、あまりにも西洋的な論理の価値観に覆われてしまっています。けれども、論理だけではダメ。アジアの価値観を見直すべき時期に来ている。急成長のなかで改めて生き方が問われるようになった現在、その価値が再認識される可能性があります。それを、ビジネスを通じて発信していきたい。


池上浩一

プレゼンにおいて何よりも重要なのは、自分の信念を話すこと。人間は信念を語るとき、体からオーラが出ます。そのオーラがお客様の信頼を勝ち取るのです。


谷原誠

誘導質問をされると、相手の都合のよい展開にどんどんなっていく。それを不快に感じる人も多い。誘導質問とは知らずに使っている人は、それを自覚した方がいい。例えば、モノが売れても、売った人や商品、企業の評判が落ちてしまう危険性がある。相手が後で「騙された」と苦情を寄せてトラブルに発展するケースもあります。


小山昇

多くの会社で業績が上がらないのは、手間をかけるべきところにきちんと手間をかけないで、すべての業務を効率化しようとするからです。そもそも、営業を効率化しようという発想自体が間違っています。営業は非効率なものです。何度も何度も訪問し、連絡を取り、必要なものをお届けする。手間隙かけるからこそ、相手に心が伝わります。


松岡修造

日記を3日坊主で終わらせないための3つのコツ。

  1. 日記をつけることが義務にならないよう、薄いノートからスタートする。
  2. 時系列でその日の行動だけはしっかりと書くようにする。
  3. ノートを替えるたびに新たな目標を書き込んでおく。日記帳を開くたびに目標を確認できるので、結果的に日記をつけることがマンネリ化せずに済む。

中沢孝夫

新しいニーズや価値を考え出し、課題を設定し、その実現に向けた方法論を考案する。それは試行錯誤と経験則に裏付けられた判断を経て成し遂げられる。どこかの「ビッグ・データ」に問い合わせれば事足りるのなら、それは付加価値が限りなく低い仕事である。


西田文郎

根拠や自信がなくても構わない。とにかく「できる」と思うことが、困難を克服する第一歩。