名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小柴和正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小柴和正のプロフィール

小柴和正、こしば・かずまさ。日本の経営者。伊勢丹社長・会長。早稲田大学を卒業後、伊勢丹に入社。その後、同社で社長・会長を務めた経営者。

小柴和正の名言 一覧

商売である以上、売れ筋をきっちり押さえることは大切ですが、お客様にとってのオンリーワンを目指すには、リスクを取って自らの志を貫く強さが大切です。商売と志のバランス。その兼ね合いを計るのも経営者の大切な仕事のひとつだと思います。


売り場の効率化だけを考えたら、他の商品を置いた方がいいのでしょうが、本店の一番いい売り場に実験的商品を置くことこそが大切なのです。ファッションで生きる伊勢丹の志を内外に示すには、中途半端な形だけでは駄目だと思うからです。『解放区』で新人デザイナーを発掘し、世に出すのは伊勢丹の使命であり、ゼニカネの問題ではないと常日頃から社員にも言っています。


我が社は1994年に伊勢丹企業理念を策定し、その中で「毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹」という企業スローガンを打ちだしました。時代を先取りする新鮮なファッションをいち早く発掘してお客様に提案し続けていくことが、伊勢丹の生き残る道であるという決意が込められています。


伊勢丹は他の百貨店に比べて決して恵まれているとは言えません。新宿本店は、ターミナル駅から距離がありますし、建物も古く、売り場面積も限界があります。設備機器も最新鋭というわけにはいきません。ハンデを克服して、お客様から支持される店になるためにはどうしたらいいか。8年間の社長在任期間中、私が最も心を砕いたのは、伊勢丹ならではの魅力をお客様にどうわかっていただくか、いかにしてお客様にとってのオンリーワンショップになるかということでした。


高度成長時代の百貨店は、それこそ百貨が買える場所でした。ところが、いまや百貨店は80貨店、60貨店になっています。衣料品も、安い商品を大量に売る専門店が台頭しています。その中で、お客様に胸を張って示せる百貨店の価値は何かと問われたら、私は「ライフスタイルのコーディネート能力」だと答えます。


生活の中に、新しいもの、美しいものを求め、取り入れようとするのは人間の本性です。世界中から時代の最先端を行くファッショントレンドを発掘し、それをこなれた形で、日本のお客様に提案する。その商品発掘力、目利きの力こそが、他の店では真似できない伊勢丹ならではの強さであり、そこにこだわり続けることが、我々が生き残る唯一の道だと確信しています。


百貨店の価値は何かと問われたら、ライフスタイルのコーディネイト能力だと答えます。
【覚書き:伊勢丹新宿本館一階に新進気鋭の無名デザイナーの商品を取り扱う解放区を設けたことについて語った言葉】


小柴和正の経歴・略歴

小柴和正、こしば・かずまさ。日本の経営者。伊勢丹社長・会長。早稲田大学を卒業後、伊勢丹に入社。その後、同社で社長・会長を務めた経営者。

他の記事も読んでみる

西成活裕

山形大学にいた時には、国立大学ですから先生ひとりにつく学生は3人が限度でした。でも、私立の龍谷大学の場合には、ひとりで学生を10人も担当するんですよね。大変だな、と面倒に感じる先生もいるけど、やりたい研究だらけだった私にはそれがとてもありがたかった。毎年10人の学生にいろいろな角度から研究をやってもらい、6年いたから60人分の研究成果が手に入りました。学生も、まだ学部の4年生なのに、あちこちの大学から大先生が来て発表する学会で、並んで自分の発表をするとなれば能力を発揮してくれるんです。


アラン・グリーンスパン

なぜ金融本がセックスの本より5倍売れているのか、一日に三回以上の取引をする人ならみんな知っているはずだ。
【覚書き|英語の取引を表すtradeには売春という意味も含まれている。また上記発言は相場の中毒性を皮肉っている】


ルチアーノ・ベネトン

もう25年も履いているんだよ。もちろん、底は毎年張り替えているけどね。
【覚書き|インタビュアーに履いている靴についての質問を受けたときの言葉。まるで新品のような手入れの行き届いた靴だったらしい】


米津玄師

子供の頃はマンガ家になりたかったんです。最初に読んだマンガは『ドラえもん』。小学生になってからは『週刊少年ジャンプ』を読むようになって。「物語」というものに対する興味が昔から強くて、自分もこういうお話をつくりたい、ということはずっと思っていましたね。


ドナルド・トランプ

計画に入っていたにせよ、いないにせよ、寄り道したときにこそ面白いことが起きる。


山口範雄

大切なのは、「大きな悩み」を持つこと。これに尽きると思います。人間の脳は柔軟にできているので、大きな悩みを抱えてウンウンうなっていると必ず知恵が出るものです。悩みを真剣にとらえ、なんとか自分で答えを見つけ出そうとする姿勢が大事です。


大久保幸夫

変化が激しい時代だからこそ、変わらずに必要なものを自分のなかに育てていくことが、大きな武器になるだろうと私は思います。


小宮一慶

スキルなんていう小手先なものではなくて、もっと骨太なもの。最終的に、部下を動かすのは上司の信念と覚悟なんです。


ビル・ゲイツ

我々には、偉大な大物たちが見過ごしてしまったアイデアがあった。我々は常に、トップの座を守るために必要なアイデアを見逃しはしなかったかと考えている。


青野慶久

時間に追われている人は、余計な仕事を増やしているのと同時に、丁寧にやりすぎているというケースも考えられます。限られた時間をやりくりしようと思ったら、あえて質を下げる勇気をもって、簡単な形で済ませることも必要ではないかと思います。


水野和敏

私がエンジニアとしてずっと考えてきたのは「人のために自動車はどうあるべきか」ということ。たとえば、GT-Rは一部のマニアが格好よさや速さを誇るような自動車ではない。はっきり言って、そんな低次元のクルマは誰にでも造れます(笑)。時速300kmでタイヤがバーストしてもディーラーまで普通に走れて、時速200kmで激突しても乗っている人が死なないのがGT-Rです。


吉田たかよし

様々な実験などから、高ストレス下において、人はより完璧主義者になることがわかっています。たとえば強いストレスを受ける試験前の受験生などが、出題されそうもない分野まで覚えないと不安に陥ってしまうケースがあります。仕事の場合もストレスにより完璧主義に陥ると、ムダな仕事、些末なことと頭でわかっていても、どうしてもこだわってしまい、削ることができなくなってしまうのです。