名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

小柳津林太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小柳津林太郎のプロフィール

小柳津林太郎、おやいづ・りんたろう。日本の経営者。CyberX社長。京都府出身。中学卒業まで米国で過ごす。その後、PL学園高校を経て慶應義塾大学経済学部卒業後、サイバーエージェントに入社。インターネット広告事業本部、マーケティング局などで活躍し、入社3年目でサイバーエージェント子会社のモバイルサイト企画製作会社CyberXの社長兼コミュニケーションディレクターに抜擢された。

小柳津林太郎の名言 一覧

とくに仕事では、自分のスタンダードを他人のスタンダードと思わない方がいいでしょう。これは、マネージャー時代の経験で学んだことです。自分の視点が絶対ではないことを肝に銘じてじっくり話に聞き入れば、相手の本意もすんなり理解できることが多いものです。その結果、意思疎通が容易になり、互いにストレスを感じない仕事ができるようになると思います。


会社の規模やその責任の幅もずっと大きいにもかかわらず、それを感じさせない経営者の方はたくさんいます。そういう方と話をすると、自分のプレッシャーなんて小さいものだなと自然と思えてくるんです。


ストレスが溜まる人、溜まらない人の違いは、ものごとの捉え方、視点の違いにあると思うのです。ものごとを限られた視点でしか見られないと、対処法も自ずと限定されてしまいます。それがストレスになるのです。ですから、何かの相談を受けても、「答え」より「気づき」を与えられるような言葉をかけるように心がけています。


仕事の合間に休むのでは、結局、仕事が優先になります。でも、仕事ばかりでは身体がもちませんし、新しい発想も生まれてこないと思うんです。休むときは完全に休みます。


小さな会社とはいえ、経営を任せられているわけですから、プレッシャーを感じることはもちろんあります。でもそんなときは、より大きな責任を背負っている方と話すようにしています。


小柳津林太郎の経歴・略歴

小柳津林太郎、おやいづ・りんたろう。日本の経営者。CyberX社長。京都府出身。中学卒業まで米国で過ごす。その後、PL学園高校を経て慶應義塾大学経済学部卒業後、サイバーエージェントに入社。インターネット広告事業本部、マーケティング局などで活躍し、入社3年目でサイバーエージェント子会社のモバイルサイト企画製作会社CyberXの社長兼コミュニケーションディレクターに抜擢された。

他の記事も読んでみる

堀史朗

心の疲労の原因が「上司との関係」だった場合、一番の解決策はその上司と違う部署に移ることです。ただ、そう簡単にはいきませんので、その場合は「上司の言うことを適当に聞き流す」ことをお勧めしています。


ジョンルーク・ロベール

私が冒険的スポーツを好む理由は、ビジネスと同じで常にリスクと直面しているからです。しっかりとした準備をし、瞬間瞬間に正しい判断をすればリスクを低減させることができます。これはビジネスにも通ずると思います。


杉田裕介

創業者が口癖のように、年商1千億と言っていたので、まずはそれを目標にしたい。そうなると、今の業態だけではなく、新たな業態を作りあげる必要がある。


出口治明

若い人は「終業ベルが鳴れば帰りたいけれど、『もう帰るのか』と言うから帰りにくい」と言います。それに対して僕は、「1人で帰ろうとするから、つかまるんだ」と言うんです。みんなで帰ればいいのです。新入社員なら、みんなで相談して集団で帰ればいい。そうしなければ、世の中は変わっていきません。


小倉広

部下に仕事を任せるときには同時に、「何をやるか」「どのようにやるか」も確認しておかなくては、すれ違いが大きくなるばかりです。ただし、上司のやり方を押しつけてはいけません。上司と部下が二人でホワイトボードに向かいながら、共同作業で一緒に考えていくのです。


菊川剛

英語を学ぶことは素晴らしいことですが、薄っぺらな人間ではいけません。いわゆる外国かぶれになってしまうのは最悪です。異文化と上手に付き合っていくうえでも、社員にはとくに若いうちにリベラルアーツ(一般教養)を勉強してほしいと思っています。語学力を高めるだけでなく、教養も同時に身につけて欲しいものです。


澤田秀雄

アカデミー賞を取った映画ですら、10回観に行く人はほとんどいません。いくら面白くても、長くやればやるほど飽きられてしまうものです。流行は早ければ3年、長くても5年で終わります。だからこそ常に新しいコンテンッを提供し続けることが重要。


高松富也(髙松富也)

他社にはない商品を投入していくことで、飲料メーカーの中でもユニークなポジションを強めていきたい。


古森重隆

我が社は2000年代前半に本業の喪失を経験した。写真フィルムは発明から200年近い歴史があったが、わずか5年ほどで市場があっという間に消滅した。「他社にやられるなら、自分たちでやる」。当社はタコが自ら足を食うように、当時のフィルムカメラと匹敵する高画質のデジタルカメラを先頭を切って開発した。


佐藤達雄

オオゼキのお客様第一主義の典型的な事例にキャッシュバックカードがあります。お買い上げ金額の一定割合を月に一回、現金で還元するシステムです。カードを導入する以前は、レシートを一ヶ月分持ってきていただいて、手計算で現金をお渡ししていましたが、基本的な考え方は変わっていません。景品やポイントよりも現金でというところが特徴ですね。現金なら、お客様は自由に使えます。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

お客様は来てくださらないもの。お客様は来るものと思い込んでいてはいけない。


槍田松瑩

ビジネスの基本姿勢が士魂です。命懸けで、信義を守りながら仕事をしていく。