名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

小林靖弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林靖弘のプロフィール

小林靖弘、こばやし・やすひろ。日本の経営者。コンテンツ事業の「アクセルマーク」社長。岐阜県出身。関西大学商学部卒業、リクルートに入社。起業情報誌『アントレ』立ち上げに従事。(株)MTI上級執行役員を経てハイジ(のちのアクセルマーク)社長に就任。同社をV字回復させ東証マザーズに上場させた。著書に『ごきげんな「強いビジネスマン」になるための黄金ルール25』ほか。

小林靖弘の名言 一覧

各担当役員ともいろいろ議論をするのですが、社内にいても社外にいても仕事が出来る方、もしくは志の高い方とはやはり仕事が繋がっていきます。


会社が倒産しそうなとき逃げていく社員と頑張ろうと思う社員と二手に分かれますが、頑張ろうと思ってくれる社員と一緒にやっていきたいと思っています。


会社の数字はオープンにして、売上高と売上総利益、営業利益がどれぐらいなのかを全社員が分かるような仕組みにしています。


人材育成に関しては、「仕事をおもしろくする」と「学ぶことが楽しくなる」というワークスタイルを各メンバーと共有するようにしています。そしてこのサイクルが会社をよくしていくのだと考えています。


人の言われたとおりにやって失敗をしたら「言われた通りやってみましたけどうまくいきませんでした」と人のせいにしがちです。しかし自分で考えたこと、自分で決めたことならば普通、人のせいにはしません。自分の何がいけなかったのかと考えるのです。そうすると周りの人とすごくいいパートナーシップが出来て、いい仕事が出来ていくと思っています。


私はリクルートで非常に多くのことを学ばせてもらいました。その中でも素晴らしい上司に囲まれて仕事ができたことは大変ためになったと思います。よく自分の仕事が分からないときにどうしたらいいのかと上司に聞いていたのですが、その時逆に「お前はどうしたらいいと思う」と聞かれるのです。そして私が胸を張って答えると、「それならやってみろ」と言ってくれるのです。毎日この繰り返しで過ごしていましたので、自発力といいますか、言われたことを鵜呑みにするのではなく積極的に自分でものを考え、行動するという癖が身につきました。そのようにして仕事とは作り出すものということを教えられたのです。


我々はベンチャー企業ですので、1つの事業モデルだけに絞ることは大変リスキーだと思っています。私は以前リクルートにいたのですが、求人広告と住宅広告のバランスが非常に良い会社で、求人広告が減る時には住宅広告が増えたりしていました。景気の波にうまくマッチングしていたのです。そこでモバイルの分野でもそのようなバランスの良い事業は出来ないかと考えて、BtoCというコンシューマーからお金をもらうコンテンツ事業とBtoBという企業からお金をもらう広告事業をやっています。


小林靖弘の経歴・略歴

小林靖弘、こばやし・やすひろ。日本の経営者。コンテンツ事業の「アクセルマーク」社長。岐阜県出身。関西大学商学部卒業、リクルートに入社。起業情報誌『アントレ』立ち上げに従事。(株)MTI上級執行役員を経てハイジ(のちのアクセルマーク)社長に就任。同社をV字回復させ東証マザーズに上場させた。著書に『ごきげんな「強いビジネスマン」になるための黄金ルール25』ほか。

他の記事も読んでみる

小川仁志

哲学は、「自然哲学」「政治哲学」「教育哲学」「公共価学」「法哲学」というように、扱う対象で分類できるので、対象を絞って学ぶことも可能です。ですが、どの哲学を学ぶにしても「基礎となる哲学」は知っておいた方がいいと思います。おすすめは時系列を追って理解していく「哲学史で学ぶ手法」です。哲学は「新しい思想→批判→新しい思想」の繰り返しで発展してきましたから、流れを把握するのは有効です。


為末大

国内ではあまり負けませんが、海外では悔しい思いをする。そこで負けを認めるのは難しい。でも、次にどう勝負を挑むかが重要だと気づきました。


本広克行

仕事を任されると、任される嬉しさでやる気が出てくるし、任せてくれた先輩に恥をかかせちゃいけないとい責任感も出てくる。


高島郁夫

可能性を秘めた若い人材は、いっぱいいると思います。ただ、バルスという企業がかなり出来上がってしまっているので、その殻を破って新たなことをやるのは、社内の人間にはなかなか難しいかもしれません。


関家一馬

社員とは、ある意味、信頼関係はできていますから「(新しく始めたことが)本当にうまくいかなかったら諦める」と思われているんじゃないですかね。もちろん、始めるときには、うまくいかなかったら、やめればいい、とも言ってますしね。


築山節

一流の進学校から名門大学に進み、有名企業に就職して順調に出世を重ね……といった、失敗を知らない人のほうがある意味大変でしょうね。一回の失敗で打ちのめされてしまう危険性がありますから。


所ジョージ

今年、『所さんの目がテン(日本テレビ)』の放送が30年目に入りましてね。局からMCである私に「新テーマソングを2曲書き下ろしてください」とオファーをもらったんです。よーし、腕によりをかけるぞと、歌手・所ジョージにスイッチが入ってしまってですね。できあがったのは全部で10曲(笑)。自分に対して、すごいエネルギーを感じます。もし頼まれた2曲だけを作って「ハイ、できたよ」だったら、普通のエネルギーじゃないですか。10曲も作って相手に持って行けるから、「すごいだろ」って、自分のパワーを確認できて嬉しくなるよね。最終的に、それらの新曲を集めたアルバムを出すことになりました。


川内正直

部下の様子に目を配り、困っているときに救いの手を差し伸べることで、部下は「あの人の恩に報いよう」と考えるようになります。


藤井孝一

会社での成績が上位二割層に入るような優秀で問題意識が高い人ほど、現状に強い危機感を持ち、週末起業などの社外活動を開始しています。企業の耐用年数が短くなっている時代に、ひとつの会社だけで働き続けることは丁半博打のように危険な賭けだからです。


津谷祐司

今の仕事に限界を感じているなら転職ではなく、留学してみるのも手。志を持って高いスキルを身につけることで、きっと新たな次元が拓けるはず。


夏原平和

近江商人の「三方良し」哲学で面白いのは、「世間よし」という言葉だと思うんです。モノを売る側が良くて、お客様も納得していただけるのが一番ですが、さらに社会も納得しなければいけないというのがポイントですよね。これは世界共通の商売哲学だと思います。


御立尚資

相手のロジック(論理)で考えるというのも、説得を成功させるポイントになります。たとえば、私がXという前提条件から、「X→Y→Z」というロジックで、Zという仮説を導き出したとします。ところが、どんなに論理的に説得しても、相手がBが答えだといって譲らない。自分の論理で出した答えが正しいと思っても、違う論理で考えている人にとっては、それは正解ではないのです。相手の論理パターンをあらかじめ押さえておけば、あとは土俵を揃えて差を埋める準備をしておけばいいのです。