名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林靖弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林靖弘のプロフィール

小林靖弘、こばやし・やすひろ。日本の経営者。コンテンツ事業の「アクセルマーク」社長。岐阜県出身。関西大学商学部卒業、リクルートに入社。起業情報誌『アントレ』立ち上げに従事。(株)MTI上級執行役員を経てハイジ(のちのアクセルマーク)社長に就任。同社をV字回復させ東証マザーズに上場させた。著書に『ごきげんな「強いビジネスマン」になるための黄金ルール25』ほか。

小林靖弘の名言 一覧

各担当役員ともいろいろ議論をするのですが、社内にいても社外にいても仕事が出来る方、もしくは志の高い方とはやはり仕事が繋がっていきます。


会社が倒産しそうなとき逃げていく社員と頑張ろうと思う社員と二手に分かれますが、頑張ろうと思ってくれる社員と一緒にやっていきたいと思っています。


会社の数字はオープンにして、売上高と売上総利益、営業利益がどれぐらいなのかを全社員が分かるような仕組みにしています。


人材育成に関しては、「仕事をおもしろくする」と「学ぶことが楽しくなる」というワークスタイルを各メンバーと共有するようにしています。そしてこのサイクルが会社をよくしていくのだと考えています。


人の言われたとおりにやって失敗をしたら「言われた通りやってみましたけどうまくいきませんでした」と人のせいにしがちです。しかし自分で考えたこと、自分で決めたことならば普通、人のせいにはしません。自分の何がいけなかったのかと考えるのです。そうすると周りの人とすごくいいパートナーシップが出来て、いい仕事が出来ていくと思っています。


私はリクルートで非常に多くのことを学ばせてもらいました。その中でも素晴らしい上司に囲まれて仕事ができたことは大変ためになったと思います。よく自分の仕事が分からないときにどうしたらいいのかと上司に聞いていたのですが、その時逆に「お前はどうしたらいいと思う」と聞かれるのです。そして私が胸を張って答えると、「それならやってみろ」と言ってくれるのです。毎日この繰り返しで過ごしていましたので、自発力といいますか、言われたことを鵜呑みにするのではなく積極的に自分でものを考え、行動するという癖が身につきました。そのようにして仕事とは作り出すものということを教えられたのです。


我々はベンチャー企業ですので、1つの事業モデルだけに絞ることは大変リスキーだと思っています。私は以前リクルートにいたのですが、求人広告と住宅広告のバランスが非常に良い会社で、求人広告が減る時には住宅広告が増えたりしていました。景気の波にうまくマッチングしていたのです。そこでモバイルの分野でもそのようなバランスの良い事業は出来ないかと考えて、BtoCというコンシューマーからお金をもらうコンテンツ事業とBtoBという企業からお金をもらう広告事業をやっています。


小林靖弘の経歴・略歴

小林靖弘、こばやし・やすひろ。日本の経営者。コンテンツ事業の「アクセルマーク」社長。岐阜県出身。関西大学商学部卒業、リクルートに入社。起業情報誌『アントレ』立ち上げに従事。(株)MTI上級執行役員を経てハイジ(のちのアクセルマーク)社長に就任。同社をV字回復させ東証マザーズに上場させた。著書に『ごきげんな「強いビジネスマン」になるための黄金ルール25』ほか。

他の記事も読んでみる

エドワード・ブレナン

戦略を徹底的に論じたら、あくまでそれに執着すべきだ。


本城武則

もうこれ以上、勉強しなくていいのです。日本人の英語の知識量は実は豊富です。今すぐにでも、実践的に使える知識をすでに蓄えています。


河村亮

あまりにネタが多すぎるのも情報に溺れてしまい良くない。あらかじめ取捨選択をしておくことも大切。


柏原幸代

節目節目で周囲の人が助けてくれて、結果的にいろんな経験ができた。


ダライ・ラマ14世

覚えておいてもらいたいのは、知恵や心の強さを獲得できる最大の機会は、だいたいが最大の苦境にあるときだということです。


ダン・ケネディー

ノートルダム大学で経営学を教えている友人のハーブ・トゥルーがこんなことを言っていた。ひとつのテーマについて異なる見解を取る複数の参考文献を読ませると、最近の学生は「誰の言っていることが正しいのか」と教えてほしがるという。学生たちの考えるように物事が単純なら、どんなにいいだろう。だが、どんな状況にも通用する万能のルールなど、現実には存在しない。


大倉忠司

他社は、我々のような非効率的なことは絶対に真似できません。流行とか時流に左右されない居酒屋の中の生活必需店として確立させていきたい。
【覚書き|鶏肉の品質にこだわり、なおかつ低価格で販売していることについて語った言葉】


松岡修造

人を動かし、チームの総合力をアップさせる4つのポイント

  1. 相手の可能性を信じてあげることが大前提。
  2. 相手の質問には質問で答えていく。相手の質問に対して質問で答えていくと、最後にはその人独自の答えが出てくるものです。初めから答えを与えてしまうと、誰かに頼って決めてもらうことが習い性になってしまい、チームのためにもその人のためにも良くありません。
  3. 褒める・叱るの落差は激しい方がいい。落差がジェットコースターのように激しい方が、褒められたときの喜びが大きくなります。
  4. 感情的になって相手の人格まで否定しないように。相手の人格まで否定すると人間関係はギクシャクし、チームの士気も低下してしまう。

廣瀬元彦

才能を持つ人は、それを追求する事で結果を残せますが、特別な才能がない人でも他者と様々なカルチャーと「クロス」する事によって輝ける可能性は無限大にある。


本広克行

演劇は映画とは全然やり方が違い、普段会わないたくさんの人と出会えるし、自分が活性化される。


大坪清

華やかな海外での活躍を夢見て商社に入社したのだが、言い渡された辞令は出資先の製紙会社へのいきなりの出向だった。尼崎にある製紙工場の、今思えば3Kそのものの現場で、創業社長から3年間製紙のイロハと工場経営をみっちりと仕込まれた。お陰で、「真理は現場にある」ということを、身をもって学ぶことができた。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

任せることが大事だが、レッセフェール(なすに任せよ)でもいけない。任せられる「人」を選ぶことが大事になる。これは私が指名報酬委員会から厳しく求められていることでもある。