小林靖弘の名言

小林靖弘のプロフィール

小林靖弘、こばやし・やすひろ。日本の経営者。コンテンツ事業の「アクセルマーク」社長。岐阜県出身。関西大学商学部卒業、リクルートに入社。起業情報誌『アントレ』立ち上げに従事。(株)MTI上級執行役員を経てハイジ(のちのアクセルマーク)社長に就任。同社をV字回復させ東証マザーズに上場させた。著書に『ごきげんな「強いビジネスマン」になるための黄金ルール25』ほか。

小林靖弘の名言 一覧

各担当役員ともいろいろ議論をするのですが、社内にいても社外にいても仕事が出来る方、もしくは志の高い方とはやはり仕事が繋がっていきます。


会社が倒産しそうなとき逃げていく社員と頑張ろうと思う社員と二手に分かれますが、頑張ろうと思ってくれる社員と一緒にやっていきたいと思っています。


会社の数字はオープンにして、売上高と売上総利益、営業利益がどれぐらいなのかを全社員が分かるような仕組みにしています。


人材育成に関しては、「仕事をおもしろくする」と「学ぶことが楽しくなる」というワークスタイルを各メンバーと共有するようにしています。そしてこのサイクルが会社をよくしていくのだと考えています。


人の言われたとおりにやって失敗をしたら「言われた通りやってみましたけどうまくいきませんでした」と人のせいにしがちです。しかし自分で考えたこと、自分で決めたことならば普通、人のせいにはしません。自分の何がいけなかったのかと考えるのです。そうすると周りの人とすごくいいパートナーシップが出来て、いい仕事が出来ていくと思っています。


私はリクルートで非常に多くのことを学ばせてもらいました。その中でも素晴らしい上司に囲まれて仕事ができたことは大変ためになったと思います。よく自分の仕事が分からないときにどうしたらいいのかと上司に聞いていたのですが、その時逆に「お前はどうしたらいいと思う」と聞かれるのです。そして私が胸を張って答えると、「それならやってみろ」と言ってくれるのです。毎日この繰り返しで過ごしていましたので、自発力といいますか、言われたことを鵜呑みにするのではなく積極的に自分でものを考え、行動するという癖が身につきました。そのようにして仕事とは作り出すものということを教えられたのです。


我々はベンチャー企業ですので、1つの事業モデルだけに絞ることは大変リスキーだと思っています。私は以前リクルートにいたのですが、求人広告と住宅広告のバランスが非常に良い会社で、求人広告が減る時には住宅広告が増えたりしていました。景気の波にうまくマッチングしていたのです。そこでモバイルの分野でもそのようなバランスの良い事業は出来ないかと考えて、BtoCというコンシューマーからお金をもらうコンテンツ事業とBtoBという企業からお金をもらう広告事業をやっています。


小林靖弘の経歴・略歴

小林靖弘、こばやし・やすひろ。日本の経営者。コンテンツ事業の「アクセルマーク」社長。岐阜県出身。関西大学商学部卒業、リクルートに入社。起業情報誌『アントレ』立ち上げに従事。(株)MTI上級執行役員を経てハイジ(のちのアクセルマーク)社長に就任。同社をV字回復させ東証マザーズに上場させた。著書に『ごきげんな「強いビジネスマン」になるための黄金ルール25』ほか。

他の記事も読んでみる

桐山一憲

僕はいろいろなリーダーを見てきましたが、彼らの共通点は、みんな情熱がすごいんです。成長したいとか、ビジネスで勝ちたいとか、ブランドをより強くしたいとかいう。


ワッキー(お笑い芸人)

先輩から「お前は笑わせてるんじゃない。笑われてるんだ」とも言われます。でも、結果としてお客さんが笑ってくれればいいと僕は思っています。お客さんを笑顔にすることが僕らの一番の仕事ですから。


大東隆行

「どれだけ自分を捨てられるか」が大事です。業績が伸び悩んでいる店舗の店長は、「自分が、自分が」となっていることが多い。そんなときこそ、お客様の視点、従業員の視点でものを考えられるかが勝負です。自分を殺して相手の視点で考えられるようになると、言葉ひとつひとつも変わってきます。ちょっとした姿勢、態度、言葉づかいの違いが本当に大きいんです。


厚切りジェイソン

やってみないと、自分に向いているかどうかなんて分からない。向いてなかったら、すぐにやめればいいだけ。


上野和典

「これをやろう!」と決断したときにすぐに投資しないと他社に持って行かれます。資金的には常に余裕がある状態を保っておきます。


ロバート・キヨサキ

多額のお金を稼いでいる人には毎日のように会うが、彼らのお金は、個人の「財務諸表」の「収入欄」から「支出欄」に直行する。ちょっと儲かると、すぐに買い物をする。さらに大きなマイホームや新車を買うものだから、借金にどっぷり浸かってしまい、ますます猛烈に働かなければやっていけなくなる。「資産欄」には何も入っていない。お金をたくさん持っているだけの人の典型的なパターンだ。


浦野光人

ロジックとはいわば分解的なものの見方。一方、地図を読み取るのは情報を総合する作業。経営には、総合的な視点は欠かせません。地理を学んだことは役に立っていると思います。
【覚書き|趣味の地理学について語った言葉。浦野氏は玄人レベルの知識を持つ地理学愛好家】


田中邦彦

年俸や報酬は一定の目標をクリアして得られるものですが、私どものようなマニュアルを中心とする業務では個人プレーよりもチーム力を評価の基準としています。ただ、サプライズもなければ面白くありません。そこで社内で決めた利益目標を達成した場合、幹部の社員全員に一律給料の二倍を支給することもあります。


高井伸夫

私は自分のブログで登山家やスポーツ選手など、異分野の方と対談する連載をしている。自分のうかがい知れない話だからこそ興味深く聞けるし、彼らも異分野である弁護士の私の話を興味深く聞いてくれる。それは誰でも一緒です。同分野のご縁は気楽ですがそれだけ。異分野の話は、あなたのみならず、相手にとっても刺激になる。つまり異分野同士こそ、互いに良い縁と感じてもらえる可能性が高いんですよ。


似鳥昭雄

自分のためだけにする努力よりも人の幸せのためにする努力の方がやる気が出る。


板尾創路

映画は、各部門の職人が集まって作るもの。監督が頑張り過ぎると、職人さんたちの「遊び」がなくなっちゃう気がします。監督が寡黙だと、みんな考えて動きますよね。そこからいいアイデアが出てくる。


クリス・ギレボー

準備にかけられる時間が多いか少ないかは、起業して成功するかどうかと直接関わりはない。


堀江貴文

中世というのは鬱屈した時代でした。日本の江戸時代は西洋の中世に当たると思うのですが、鬱屈した時代の中で次第にパワーが貯めこまれていき、江戸時代末期にドカーンと爆発したわけです。いま必要なのは、そうした大きな変化です。旧世代から引き継いだばかばかしい社会システムを壊すことです。できないではなく、どうやったらできるかを考えることです。


冨安徳久

経営者は、必ずしも立派な数字を叩き出せる人がなる必要はありません。そういう人が部下にいれば良いのですから。トップはどれだけ志を語れるか、ブレない想いを持っているかの方が大切です。是非、志を追求し続けて下さい。


横山光昭

大切なのは当たり前のことをしっかりやることです。奥さんが働いていないなら働くとか。節約してくださいと言うと「そんなちまちましたことやって意味あるの?」と言う人もいますが、一事が万事です。話題の「ラテマネー」じゃないですが、事務所のスタッフを見ていてもコンビニでちょこちょこお菓子を買ってしまう人はやはりお金が貯まらない。1日300円として年間で約10万円、30年なら300万円ですから、それが老後資金にもつながっていきます。


ページの先頭へ