名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林雅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林雅のプロフィール

小林雅、こばやし・まさし。日本のベンチャーキャピタリスト。東京大学工学部卒業後、アーサー・D・リトル・ジャパンを経てエイパックス・グロービス・パートナーズ(のちのグロービス・キャピタル・パートナーズ)に入社。その後、インフィニティ・ベンチャー・パートナーズの設立に参画。共同代表を務めた。

小林雅の名言 一覧

ベンチャーキャピタリストの仕事は、企業家に世の中には凄い人間がいることを伝え、刺激を与えること。


考えても考えても答えが見つからないときは、深く考えるのをよしなさい。


いい人材が採用できないと嘆く経営者がいるが、すべて自分を反映している鏡だと考えた方がいい。


シリコンバレーでも老舗で有名な独立系ベンチャーキャピタルのセコイア・キャピタルは、アップル・コンピューターやヤフー、オラクルに投資をして大成功を収めているベンチャーキャピタルです。このセコイアでも、創業メンバーの人間的魅力があるかどうかが投資基準になっています。


小林雅の経歴・略歴

小林雅、こばやし・まさし。日本のベンチャーキャピタリスト。東京大学工学部卒業後、アーサー・D・リトル・ジャパンを経てエイパックス・グロービス・パートナーズ(のちのグロービス・キャピタル・パートナーズ)に入社。その後、インフィニティ・ベンチャー・パートナーズの設立に参画。共同代表を務めた。

他の記事も読んでみる

白川敬裕

ちょっとした空き時間にも読めるよう、常に本を数冊携帯するのをおすすめします。ホームで電車を待っているときや、打ち合わせ場所に早めに着いてしまったときなど、スキマ時間というものは意外とありますし、集めれば結構な量になります。


加来耕三

大きな時代の変革期、その1つである明治維新から、私たちが学ぶべきことは多く、参考になるはずです。たとえば、幕末期のリーダーがどのように誕生したかといえば、やはり育てた人がいました。


出光佐三

いまの官庁などは人間が組織に使われているが、我々の方は人間が組織を使うのだから組織は小さくてもいい。では組織は無用かというと無用じゃない。最小限度に使う。法律でも規制でも人間がしっかりしておれば最小限度で済む。私の会社は小さい組織だ。


大川順子

お客様にも、さまざまな方がいらっしゃいます。男性もいれば女性も、お子様もご高齢の方もいらっしゃるのです。さらにはお一人お一人違ったご要望があり、毎回違ったシチュエーションがある。つまり、正解は毎回違うのです。その場に合わせた対応を、その都度パッと思いつくことができるようにしておかなくてはなりません。ですから、引き出しは無数に必要です。


三浦しをん

私はわりと、自分がさびしいことに気づいていない人を観察するのが好きなんです(笑)。この人はもしかしてさびしいと感じる瞬間かないのでは、そして周りの人がさびしいなと感じている瞬間があることにもまったく気づいていないのでは、と見受けられる言動に接すると、とたんに興味津々になる。そういう人がさびしさを感じるときが来るとしたら、一体どんな局面なのか……ともやもや考えるのが楽しい(笑)。


鈴木真理子(人材コンサルタント)

社内向けメールはとにかくコンパクトに、社外向けも失礼にならない範囲で極力簡潔に書くことを鉄則にしましょう。短いメールには短く返信すればいいので、多忙な相手からも返事をもらえる確率が上がるはずです。


宮本慎也

最近の若い世代は、何か教えても「自分はこう思います」と主張してくることが多い。そこで、彼らの意見をいったん尊重し、失敗したら「今度は、私のやり方でやってみないか」と段階を踏んで助言しています。


糸井重里

売上高や利益率や従業員数や資産という既存の尺度で測れば、ほぼ日なんて本当にちっぽけな存在です。でも僕は、ほぼ日の価値はそこにはないと思っています。いかに多くの人に影響を与えることができるか。「よく売れたものは、より多くの人に影響を与えることができたと考えよう」と特には話をしています。そこにこそ、ほぼ日の価値がある。


神谷えりな

私もファンの方も、同じ人間。自分から心を開いて本音で接すれば、相手も心を開いてくれると、私は信じています。


川島永嗣

イメージトレーニングというと、ポジティブなことだけを考える人が多いかもしれませんが、僕の場合はそんなこともありません。悪いイメージが浮かんできても、それはそれで大事にして、思いどおりにならない場面への対応を準備するようにしています。


ジェイソン・ダーキー

これまでの経験から、日本の人材教育について思うところがあります。今の日本企業の人材教育はうまくいっていないことが多く、だからそこにお金を使いたくないという悪循環になっています。最もお伝えしたいことは「人材教育の成果にこだわりましょう」ということです。成果が出ないのであれば、そのコストは削減してもいいくらいです。


久保憂希也

数字が苦手だという営業マンは多いものです。「会計がわからないといけないのでは」と、簿記の勉強を始めたりする人もいますが、営業マンに会計の知識は必ずしも必要ないと私は考えています。ではいったい何が必要かというと、数字で考える力、言い換えれば定量的に考える力です。