名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

小林道寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林道寛のプロフィール

小林道寛、こばやし・みちひろ。日本の経営者。「BFT」社長。東京都出身。國學院大學卒業。フジミック課長代理、ビジネスフローテクノロジーズ(のちのBFT)取締役部長、取締役事業部長などを経て社長に就任。

小林道寛の名言 一覧

組織を一枚岩にできたら、すごい力を発揮する。一人の天才を育てるより、優れた指導者を増やすことで会社の力を上げる。


リーマンショックを契機に、もう一段会社が強くなった。


社員には常に変わり続けることの重要性を訴えています。


弱い部分を補うのではなく、強い部分を強くして特徴ある会社になれば、評価も高まるだろうと考えました。そうしてインフラ基盤の仕事に大きく舵を切り、人材もその前提で集め始めました。その結果、実際にインフラ基盤に強い会社になることができた。


我々の強みはインフラ基盤に精通していることと、長期のプロジェクトに取り組むのに不可欠なチームワークの良さです。お陰様で一度お仕事をさせていただくと、継続してお声掛けをいただけているということが、お客様のご評価の表れだと感じています。


事業スタート時はいろんなことに手を出していました。インフラだけでなく、開発も闇雲にやっていました。開発プロジェクトがあまりに失敗するので、その時のリーダー層で話し合ったのが2006年頃。自分たちを高く評価してもらうことができ、お客様にも喜んでいただける仕事に集中しようということになり、インフラに舵取りをしました。


小林道寛の経歴・略歴

小林道寛、こばやし・みちひろ。日本の経営者。「BFT」社長。東京都出身。國學院大學卒業。フジミック課長代理、ビジネスフローテクノロジーズ(のちのBFT)取締役部長、取締役事業部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

井上康生

全日本柔道男子の監督を引き受けてすぐに着手したのは、意識改革でした。選手とコーチ陣を集め、「これから(リオデジャネイロ)五輪に向けて、チーム一丸となって本気で闘っていく。少しでも覚悟が揺らぐ者がいたら、今すぐここから退場してほしい」と伝えました。全員の目の色が変わったと思います。


高橋俊之

上司とうまく仕事を進めるためには、「上司の気持ち」のほかに、「上司の視点」を持つことが重要です。「上司が全然受け入れてくれない」という人の話を聞いてみると、自分の立場での最適案を考えてしまっているケースが多くあります。その提案を上司の視点から見ると、「それではほかのところで問題が起きる」「もっと先に取り組むべきことがある」という内容であることが少なくないのです。特にありがちなのは、優先順位を間違えた提案です。何かに力を入れれば、そのぶん、ほかのことができなくなるわけです。とりわけほかの人たちまで動かすような提案では、それだけ影響が大きくなります。


堀之内九一郎

なんとなく、あえてこっちという判断こそが、実は正しかったり、物事の本質を突くものであったりするということを私は何度も体で感じてきました。自分の中に眠る、野良犬の嗅覚に素直に従ってみると、思いがけない展開があなたを待ち受けているかもしれません


太田彩子

足しげく訪問していた顧客との契約を他社に持っていかれる、という経験をしました。その時点では悔しかったのですが、その後、その顧客企業の担当者がさらに高いポジションに移られたとき、はるかに大きな仕事を任せてくださったのです。すぐに良い結果が出なくても嘆く必要はない、と感じた出来事でした。


出口治明

人間は多かれ少なかれ、必ずミスをする動物です。ミスをするのはむしろ健全な証拠。自分を責めすぎてはいけません。ミスが起きる前提で仕事の仕組みをつくっておくことの方が大事。


金光サリィ

日頃から「でも」「だって」「どうせ」のようなマイナスの言葉を使っていたら、言うのをやめてください。そして、反省する癖もあるようなら、それもやめましょう。


林文子

小さな挫折はありますよ。たとえ会社の業績は上がったとしても、女性差別や嫉妬の対象になったとか、苦い経験が山のようにあります。でもそういうことは、これまであえて語らずに生きてきました。生々しい人間の感情は、どんな世界にいても、常に付きまとうものです。だって、嫉妬心のない人なんていないでしょう?嫉妬心があるのは、人間として普通のことなんです。


根岸孝旨

関口(和之)さんが復帰されるまでの3年間、サザンのベースをやらせてもらいました。サザンのベースとしての役割を終えたあとには奥田民生さんのバックバンドに参加することになるんですけど、そのころに友達から「お前、最近天狗になってないか」と事実を指摘されてしまいました。あ、その通りだ、真剣に自分の仕事を立てなおさなければと思ったんです。引退を覚悟しながら自分のやりたい音楽に飢えていたという感覚を忘れてしまっていたな、と。


宮内義彦

アイデアを出した人にいつまでもその事業を担当させるのが最善とは限りません。彼がアイデアを出したのだから、上手くいかなくても最後まで彼にやらせてやろうという情緒的な判断をしていては、最良のせいかは得られないでしょう。


マザー・テレサ

話すことは少なくしましょう。説教して聞かせても、それが人と触れあう場にはなりません。箒を持って、誰かの家をきれいにしてごらんなさい。それが十分に語ってくれます。


北尾トロ

『どくとるマンボウ航海記』は40年以上にわたり、何度も読み返してきました。もう10回は買い直してるんじゃないかな。本を読んで笑うって体験が、新鮮だったんでしょうね。ふざけたことが本に書いてあってもいいんだって、初めて気づいた。物書きとしての原点も、たぶんこの本。ライターになってわかったけど、人を笑かすって難しいんです。北杜夫は真面目な小説も書いているけど、笑わせるほうが高度な技術、センスが必要。しかも、ふざけているけど品がいい。僕が原稿を書く時もどこかで一発笑わせたくなるけれど、下品な文章にはしたくない。それは北杜夫の影響だね。


安藤俊介

「他人が自分と意見が違うのは当たり前」と許容ゾーンを広げれば、自分の価値観に固執する必要もなくなり、日頃のイライラは減ります。