名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林道寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林道寛のプロフィール

小林道寛、こばやし・みちひろ。日本の経営者。「BFT」社長。東京都出身。國學院大學卒業。フジミック課長代理、ビジネスフローテクノロジーズ(のちのBFT)取締役部長、取締役事業部長などを経て社長に就任。

小林道寛の名言 一覧

組織を一枚岩にできたら、すごい力を発揮する。一人の天才を育てるより、優れた指導者を増やすことで会社の力を上げる。


リーマンショックを契機に、もう一段会社が強くなった。


社員には常に変わり続けることの重要性を訴えています。


弱い部分を補うのではなく、強い部分を強くして特徴ある会社になれば、評価も高まるだろうと考えました。そうしてインフラ基盤の仕事に大きく舵を切り、人材もその前提で集め始めました。その結果、実際にインフラ基盤に強い会社になることができた。


我々の強みはインフラ基盤に精通していることと、長期のプロジェクトに取り組むのに不可欠なチームワークの良さです。お陰様で一度お仕事をさせていただくと、継続してお声掛けをいただけているということが、お客様のご評価の表れだと感じています。


事業スタート時はいろんなことに手を出していました。インフラだけでなく、開発も闇雲にやっていました。開発プロジェクトがあまりに失敗するので、その時のリーダー層で話し合ったのが2006年頃。自分たちを高く評価してもらうことができ、お客様にも喜んでいただける仕事に集中しようということになり、インフラに舵取りをしました。


小林道寛の経歴・略歴

小林道寛、こばやし・みちひろ。日本の経営者。「BFT」社長。東京都出身。國學院大學卒業。フジミック課長代理、ビジネスフローテクノロジーズ(のちのBFT)取締役部長、取締役事業部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

マイケル・ゲルブ

正しい判断は経験からもたらされるということを私たちは誰もが知っている。しかし、時には間違った判断を通して経験することがあるということも知っている。あなたは自分の間違いを活かしているだろうか?


野村克也

上を目指したいなら、自分が何が苦手で何に劣等感を抱いているか。目をそらさずに鍛え上げるか、あるいは、それを補う「策」を練る必要がある。そうやって、自分の弱みに対する「策」を練る。それがコンプレックスを武器にするためのつき合い方だと、俺は思う。


本田健

どんなに頑張っても将来、自分の仕事がなくなる可能性だってある。5年後、10年後に仕事が存在するのか、存在してもどのような形に変わっているのかを予想して、いまから対策を立てることが必要だろう。


アイリーン・キャディ

あなたの人生で何か上手くいかせる秘訣は、まず第一に、上手くいかせたいという心の奥底から湧き上がる願望です。次にそれが必ず上手くいくと信頼し、確信することです。そうすれば、あなたの意識に生き生きとした明確なビジョンが描けます。懸念や不信を持たずに、人生が一歩一歩実現していくのを見守るのです。


イチロー(鈴木一朗)

負けているときに落ち込んだり、勝っているときに喜ぶチームは怖くない。負けているのに元気なチーム、勝っているのに喜ばないチームこそが怖い。


竹田恒泰

現代の消費者は厳しいですから、損をするようなサービスは絶対に受け入れない。つまり商売で成功するということは、人を幸せにしているということ。


似鳥昭雄

私は成功の見込みが5割を切っていようとも、それが顧客の幸せにつながるならやるべきだと考えている。それは志があるからだ。


金児昭

会社を経営し、その収入・支出の流れをつかんで計算することが「企業会計」ですが、これと同じように家庭を経営し、その収入と費用をつかんで計算することが「家庭会計」で、これを縮めたのが「家計」です。


小林栄三

多くの日本企業は、業務をマニュアルに落とすことが不得意で、社員の勘任せの属人的な要素が多くあります。業務プロセスの中にこうしたブラックボックスがあっては、不正や誤りが絶対にないと保証できません。


津谷正明

相手との距離を縮めるには質問が役に立ちます。とくに外国人相手だと日本人は引っ込み思案になりがちですが、情報が少ない相手ほど、質問して相手のことを聞き出すべきです。外国人の交渉相手と会食をしたときのこと。私がいつものように家族や趣味など仕事と関係ない話をあれこれ質問すると、相手は切手に興味があるらしいということがわかりました。そこで、次に会うとき日本の切手を持っていったところ、以後の交渉が非常にスムーズに進んだという経験があります。


谷口義晴

要領の悪い人間の方が、やる気で取り組みますから、奇抜性を持ったことをやります。常識外の行為の結果として新しいものが出来ることもある。


山田敏夫

OEMのみをしている工場は、たとえフルラインが回っていても利益が出ないという状況です。しかも、OEMは発注元の一存でなくなるかもしれない仕事。工場を持って固定費を抱えながら、誰かの一存をあてにせざるを得ないのではとても不安定です。そう考えると、これから日本の工場が生き残るためには、自社ブランドを作っていくことが重要。そのためのお手伝いをするのが当社の仕事だと私は考えています。