名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林義雄(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林義雄(経営者)のプロフィール

小林義雄、こばやし・よしお。日本の経営者。「タリーズコーヒージャパン」副会長。東京都出身。千葉商科大学商経学部卒業後、伊藤園に入社。取締役、常務、専務などを経てタリーズコーヒージャパン副会長に就任。

小林義雄(経営者)の名言 一覧

新規顧客の獲得は自分との戦い。伊藤園に入社して以来、営業という仕事に身を置いてきた自分の経験から感じることです。


「自分を売り込め」という点は時代が変わっても、決して変わることのない営業の真髄。


ブランドにぶら下がっていてはいけない。会社の看板に頼らず、自分たちで切り拓くことでブランドができる。


当たり前のことを当たり前にやる人間は伸びている。


伊藤園は一軒一軒のお客様と丁寧に接して、自動販売機一台もお客様と思っています。ですから、自販機に対しても当社はだらしない管理をすることはありません。台数などもしっかりと頭にたたき込まれています。


仕事上では上司とは結構ぶつかりました。上司は上から目線です。説得して納得するという状況下ではありませんでした。この経験から得た教訓は、自分が上に立った場合、部下に対しては自分の嫌だと思う対応はしないということです。


人を育てるにはどうしたらいいか。自分なりに考えてみると、私は支店長時代から社員の誕生日にポケットマネーでネクタイを買ってプレゼントしていました。日頃は社員に対して厳しく接しています。しかし、社員を大切にしなければならないというのが私の信念でもあります。


私が教えているのは心のサービスです。物を贈ったりしても限界があります。やはり誠意を持ってお客様に尽くすことこそ営業だと思うのです。ですから、己を売ってから商品を売る。会社は最後に売ればいいのです。


我が社は「世界のティーカンパニーを目指す」というビジョンがあります。こういった目標をきちんと示して、それに向かってベクトルを全員で合わす。そういう進め方をしていかなければならない。


社員がどこで生まれて、兄弟が何人いて、子供が何人いるか。そういったことを頭の中にきちんと入れておけば、「君の奥さんは今日が誕生日だから早く帰ってあげなさい」と言ってあげられます。すると社員は「えっ、何で知っているんですか?」と笑顔で驚いてくれます。支店長時代には16~17人、部長になったときも社員180~190人くらいの干支なども覚えていました。名簿を見て覚えるのですが、これは意識的にやらなければ覚えられるものではありません。そうしないと、人を好きになることはできません。


入社後、東京東部支部に配属されました。「新規をとれ」ということで、とにかく顧客訪問を繰り返す日々を送りました。もちろん、そう簡単に取れるものではありません。では、どうすれば良いか。私がやれることは、訪問回数を重ねることしかありませんでした。そうすると、打てば響くというか、気にかけてくださるお客様が不思議と出てくるのです。


私が支店長の頃のことです。午前中の商談を終えて昼間に会社にいたときに、たまたま電話に出ました。すると、電話の相手は(本庄)八郎会長。私が「毎度ありがとうございます」と電話口に出た途端、「何してる!」と怒鳴り声。「早く電話を切ってお客様のもとへ行け!」と言われて電話をガチャンと切られました。会長はわざとやっていたのです。あちこちの支店に電話をして「支店長はいるか?」と確認する。電話口に出れば、私に言ったような叱責をする。伊藤園は現場主義です。会社でパソコンの作業をするよりも、とにかく現場に行くことが重要だいうことなのです。偉くなると、段々お客様の所へ行かなくなってしまうもの。そこに会長は牽制球を投げながらの指導をするわけですね。現場に行って売り場を見てきなさい、お客様の所に行ってお客様と会いなさい。これが伊藤園にとっては当たり前のことであり、それを徹底しなさいということなのです。


私が福島営業所長になったのが29歳のとき。東京でずっと営業一本でやってきて所長として福島営業所に赴任したわけですが、当時、福島営業所での部下は5人。小世帯ですからもうファミリーの経営でした。私の家に呼んで食事をご馳走したり、お酒を飲ませたり。その後、32歳で支店長になると、今度は家族的な経営では難しくなります。1課、2課、3課といった具合に組織になるからです。ですから、経営のスタイルも変えなければなりませんでした。そこで私が心掛けたことは自分で全部をやらないということでした。部下に任せるところは任すということです。もちろん、靴の上から足を掻いたような感じがしました。自分でやった方が早かったりしますからね。そこは我慢です。そうやって人の使い方を学んでいきました。ただ、任せっ放しではありません。しっかり報告させます。任せられた人は私に対して報告の義務があるのです。


小林義雄(経営者)の経歴・略歴

小林義雄、こばやし・よしお。日本の経営者。「タリーズコーヒージャパン」副会長。東京都出身。千葉商科大学商経学部卒業後、伊藤園に入社。取締役、常務、専務などを経てタリーズコーヒージャパン副会長に就任。

他の記事も読んでみる

ドナルド・N・サル

情報を何らかのフィルターを通して収集していたら、数多くの有益な情報を見過ごしてしまいます。


木村沙織

私のターニングポイントは、眞鍋(政義)監督が率いる全日本代表チームに招集されたロンドン五輪前でしょうか。それまでの全日本チームでの私は、頼りになるベテラン選手の後をついていくというタイプでした。そんな私に眞鍋さんは、「沙織はエースだ。おまえが負ければ日本は負ける」とおっしゃったんです。最初はその真意が分からず、頭の中が「?」だらけになった。エースと言われてもピンとこなかったし、眞鍋さんがそれをわざわざ私に伝えた意図も分からなかったんです。その言葉を理解するために、「チーム内の私のポジションや役割とは?」「眞鍋さんが私に求めるプレーとは?」「彼が理想とする木村沙織とは?」などと考えながら、少しでも「眞鍋さんの理想」に自分を近づけようとしました。


沼澤拓也

一度会っただけでは、相手のことはなかなか覚えられないもの。でも、6回くらいハガキがきたら、その人に強い印象をもちますよね。継続することには、それぐらい強い効果があります。誰かと人間関係を築きたいなら、特別なことを1回やるよりも、たとえ地味でも、ハガキを継続して届けたほうが、よほど効果があると思います。


石野博

組織の意識改革には、何よりも出発点の位置付けが大切。私はコンセプトと呼んでいるが、打ち出し角度を間違えると、とんでもない方向に会社が向かってしまう。一度走り出すと、方向を変えるのには大変な労力が必要になる。


阿部サダヲ

僕は役者に憧れていたわけではないんです。高校を卒業した後、家電量販店に就職して普通に働いてました。だから、「大人計画」に入るまで演技経験もなかった。でも、その「知識も経験もないこと」が、いい意味で僕の強みになりました。


名越康文

「人気」と「評判」は違うということをよく理解したほうがいいと思います。人気というのは、その場限りのもので乱高下します。それに対して、3カ月とか半年ぐらいかけて、徐々に積み上がっていくのが評判です。都合よく使われやすい人は、目先の人気ばかりを追うので、むしろ人に軽く見られてしまいます。その結果、かえって自分のやりたいことがやりにくくなったり、自分の意見を言いづらくなり、ストレスをためてしまうことになります。いわば戦術で成功しても、戦略で失敗しているわけです。


オスカー・ワイルド

よい決心というものには、ひとつの宿命が付きまとっている。よい決心がつくのは、いつも時すでに遅しとなってからという宿命だ。


上野和典

子供のころから相手をよく観察する癖がありました。「なるほどこういう人か」と心の中で思っておくと、落ち着いて話を進めやすいのです。極端にいえば、心のどこかに「話が続かなくても別にいい」という割り切りもあるので、それがかえって態度の余裕につながって、「話しやすそうな人」に見えるのかもしれません。


榎本博明

上から目線になる人の最大の特徴は、過剰な比較意識を持っていることです。他者との比較の中で「上か、下か」「勝ったか、負けたか」と、常に自分の優劣を判断しようとする。そして、劣っている自分を見破られまいとして、虚勢を張ることになるわけですが、そんな比較意識を捨て去ることこそが、脱・上から目線の第一歩になるんです。


アルボムッレ・スマナサーラ

必要なことであれば楽しくなるような工夫をしてやり抜きましょう。本当に必要なら、それほど無理しなくても集中力は生まれてくるもの。


公孫丑

智恵ありといえども、勢いに乗ずるにしかず。(どんなに智恵があっても、時の勢いに乗る者には敵わない)


おおたわ史絵

私は内科医ですから、外科医と違ってメスもなければ他の道具も持たず、患者さんを治療するための最大の武器は言葉です。いかに患者さんに心を開いてもらえるか。聞く耳を持っていただけるかどうか。患者さんに「この医者を信頼してみよう」と思っていただけないと治療は良い方向に進みません。