小林義雄(経営者)の名言

小林義雄(経営者)のプロフィール

小林義雄、こばやし・よしお。日本の経営者。「タリーズコーヒージャパン」副会長。東京都出身。千葉商科大学商経学部卒業後、伊藤園に入社。取締役、常務、専務などを経てタリーズコーヒージャパン副会長に就任。

小林義雄(経営者)の名言 一覧

新規顧客の獲得は自分との戦い。伊藤園に入社して以来、営業という仕事に身を置いてきた自分の経験から感じることです。


「自分を売り込め」という点は時代が変わっても、決して変わることのない営業の真髄。


ブランドにぶら下がっていてはいけない。会社の看板に頼らず、自分たちで切り拓くことでブランドができる。


当たり前のことを当たり前にやる人間は伸びている。


伊藤園は一軒一軒のお客様と丁寧に接して、自動販売機一台もお客様と思っています。ですから、自販機に対しても当社はだらしない管理をすることはありません。台数などもしっかりと頭にたたき込まれています。


仕事上では上司とは結構ぶつかりました。上司は上から目線です。説得して納得するという状況下ではありませんでした。この経験から得た教訓は、自分が上に立った場合、部下に対しては自分の嫌だと思う対応はしないということです。


人を育てるにはどうしたらいいか。自分なりに考えてみると、私は支店長時代から社員の誕生日にポケットマネーでネクタイを買ってプレゼントしていました。日頃は社員に対して厳しく接しています。しかし、社員を大切にしなければならないというのが私の信念でもあります。


私が教えているのは心のサービスです。物を贈ったりしても限界があります。やはり誠意を持ってお客様に尽くすことこそ営業だと思うのです。ですから、己を売ってから商品を売る。会社は最後に売ればいいのです。


我が社は「世界のティーカンパニーを目指す」というビジョンがあります。こういった目標をきちんと示して、それに向かってベクトルを全員で合わす。そういう進め方をしていかなければならない。


社員がどこで生まれて、兄弟が何人いて、子供が何人いるか。そういったことを頭の中にきちんと入れておけば、「君の奥さんは今日が誕生日だから早く帰ってあげなさい」と言ってあげられます。すると社員は「えっ、何で知っているんですか?」と笑顔で驚いてくれます。支店長時代には16~17人、部長になったときも社員180~190人くらいの干支なども覚えていました。名簿を見て覚えるのですが、これは意識的にやらなければ覚えられるものではありません。そうしないと、人を好きになることはできません。


入社後、東京東部支部に配属されました。「新規をとれ」ということで、とにかく顧客訪問を繰り返す日々を送りました。もちろん、そう簡単に取れるものではありません。では、どうすれば良いか。私がやれることは、訪問回数を重ねることしかありませんでした。そうすると、打てば響くというか、気にかけてくださるお客様が不思議と出てくるのです。


私が支店長の頃のことです。午前中の商談を終えて昼間に会社にいたときに、たまたま電話に出ました。すると、電話の相手は(本庄)八郎会長。私が「毎度ありがとうございます」と電話口に出た途端、「何してる!」と怒鳴り声。「早く電話を切ってお客様のもとへ行け!」と言われて電話をガチャンと切られました。会長はわざとやっていたのです。あちこちの支店に電話をして「支店長はいるか?」と確認する。電話口に出れば、私に言ったような叱責をする。伊藤園は現場主義です。会社でパソコンの作業をするよりも、とにかく現場に行くことが重要だいうことなのです。偉くなると、段々お客様の所へ行かなくなってしまうもの。そこに会長は牽制球を投げながらの指導をするわけですね。現場に行って売り場を見てきなさい、お客様の所に行ってお客様と会いなさい。これが伊藤園にとっては当たり前のことであり、それを徹底しなさいということなのです。


私が福島営業所長になったのが29歳のとき。東京でずっと営業一本でやってきて所長として福島営業所に赴任したわけですが、当時、福島営業所での部下は5人。小世帯ですからもうファミリーの経営でした。私の家に呼んで食事をご馳走したり、お酒を飲ませたり。その後、32歳で支店長になると、今度は家族的な経営では難しくなります。1課、2課、3課といった具合に組織になるからです。ですから、経営のスタイルも変えなければなりませんでした。そこで私が心掛けたことは自分で全部をやらないということでした。部下に任せるところは任すということです。もちろん、靴の上から足を掻いたような感じがしました。自分でやった方が早かったりしますからね。そこは我慢です。そうやって人の使い方を学んでいきました。ただ、任せっ放しではありません。しっかり報告させます。任せられた人は私に対して報告の義務があるのです。


小林義雄(経営者)の経歴・略歴

小林義雄、こばやし・よしお。日本の経営者。「タリーズコーヒージャパン」副会長。東京都出身。千葉商科大学商経学部卒業後、伊藤園に入社。取締役、常務、専務などを経てタリーズコーヒージャパン副会長に就任。

他の記事も読んでみる

小山佳延

付加価値のある旅行商品は、価格以上の満足を与えられるかにかかっている。「この内容で、この価格」と納得していただけるか。担当者が、常に顧客の目線で企画していく必要がある。


鹿島章

これまで多くの日本企業のプロジェクトを見てきましたが、その多くが下からあげられたプランを優秀な事務方が要約し、それをもとに経営者が判断する「時間をかけた意思決定」で進められています。これではスピードが勝負の時代に完全に乗り遅れてしまう。経営者はもっと素早く意思決定しなければなりません。


遠藤正一

私は中学生の頃から「明日に依存すれば、空虚なる昨日を残す」という言葉を信条にしています。明日やろうと思ったら、もう駄目だという意味で、私の行動指針になっています。


唐池恒二

「ななつ星」では、博多を出発後にランチのにぎり寿司が出ますが、福岡で一番おいしいお寿司屋さんが毎回列車に乗り込み、握りたてをお客さまの目の前に出してくれるのです。これは手間以外の何ものでもありません。でも、それがお客さまを感動させるのです。


前川孝雄

上司の良いところを見つけましょう。上司に対してイライラするのは、嫌なところばかり見ているからです。良いところを見つけて、それを言葉で伝えることは、上司との距離を縮める近道になります。


奥村隆一

抱えている問題や悩みの根本的な原因を探って解決策を考えたい時は、ノートを使った思考の整理術が有効。問題をシンプルな図にまとめるのがポイントで、中でも矢印を使って簡単に因果関係をまとめられる「フロー図」がオススメです。


小枝至

大きな成果をあげた改革のキーワードは透明性。


大岡新一

そもそも私たちはエンターテインメントの作り手です。私たち自身が楽しんでいなければ良い作品はできません。ある意味で、それは考え方次第です。だから私は、ことあるごとに「面白がって仕事をしよう」「もっとワクワク、ドキドキしよう」と、みんなの尻を叩いています。その成果、社員たちは一時期に比べて元気になったし、面白い会社になってきたと思います。


稲盛和夫

百年に一度という大変革期に巡り合わせたことを大変な幸運と思おうではないか。このチャンスを大事にして、成功に向けて一丸となって燃えよう。


角野卓造

旅先など見知らぬ土地では創業年の古い居酒屋を選ぶようにしています。長く続いているのは、それだけ地元の人に愛されているという証拠でもあるからです。旅先で店を探す場合は、書店に出かけて、その土地でしか売っていないタウン誌を購入します。「保存版」があればなおさらよく、経験上、そこに載っているお店は良い確度が高い。収容人数も見ます。カウンター席だけなのか、テーブルが何席もある大箱なのか。広すぎてもよくないし、狭すぎて常連さんばかりで埋まっているのもしんどいところがあります。


三毛兼承

赤字だから貸さないということはない。米アマゾンも長きにわたって赤字だった。なぜ赤字かを知ることが大事。その企業が再生のチャンスがあるとなればそれをお手伝いし、創業期の赤字であれば黒字化をお手伝いする。


吉本ばなな

つらい状況であっても、新しいことは起きている。そして、その状況は、個人の人生にとって、ほぼ関係ない。


小池利和

いろいろなことがものすごいスピードで変わる。経験、知識、体力、様々なものを持っていないと、なかなか経営者は務まらない時代です。


高岡浩三

コーヒーの味をよくしよう、価格を抑えようというのはリノベーション。もちろん改良は大事ですが、結局は競合との価格競争に陥ってしまう。対して、私が考える破壊的なイノベーションとは「新しい現実」の中で「顧客が抱える問題」を発見し、「解決策」を示すことです。そうして世の中になかった付加価値の高い商品やサービスを生み出す。


江上治

大口の顧客をつかんだり専門性を持つことも重要かもしれない。だが、そうなるのは、あくまで仕事を続けた上での結果であり、当たり前のことを当たり前にできた上での話であるにすぎない。


ページの先頭へ