名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林章浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林章浩のプロフィール

小林章浩、こばやし・あきひろ。日本の経営者。「小林製薬」社長。兵庫県出身。慶應義塾大学卒業、ミシガン州立大学経営大学院修了。花王を経て小林製薬に入社。製造カンパニープレジデント、マーケティング室長、国際営業カンパニープレジデント、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

小林章浩の名言 一覧

すべての業務について「今年より来年をもっとよくしていこう」と回し続ければ仕事も組織もどんどんレベルアップする。


時間をかけて大きな変革を成し遂げなければならない場面も出てきます。その意味で、長期的な視点から戦略を考える同族経営の良さはあると思います。卸事業という祖業からの撤退も、創業家の経営だからできた決断かもしれません。


毎月アイデアを出さないといけない環境になると、もともとアイデアマンでもなんでもなかった人が、癖がついて誰でもアイデアマンになります。提案する癖がついた人材がたくさんいるというのは強い。小林製薬が100年後も持ち続けなければいけない風土です。


仕事というのは、問題を見つけてアイデアを出し、実行して成果を出すことの繰り返しです。商品開発だけでなく、どんな仕事もそう。そしてアイデアを絞り出すところが一番しんどい。


ベンチマークしている会社は特にありません。目標をあえて言うなら、これから新たに新製品の開発をしていく中国や米国の小林製薬が、その成長スピードで、日本の小林製薬を超えることですね。


私は創業家出身の6代目社長として、40代前半で就任しました。この先20年は社長をすることになるでしょう。そうなるとごまかしがきかない。小手先で改善してもぼろが出ます。これでやっていけるという確信の持てるビジネスモデルがないとやっていけない。


10年前に、当時1000億円程度の売り上げがあった医薬品の卸事業から撤退しました。当時としては卸業界でトップクラスの売り上げでしたが、物流やIT投資ができない中では成長は難しい。総合的な判断からでした。


小林章浩の経歴・略歴

小林章浩、こばやし・あきひろ。日本の経営者。「小林製薬」社長。兵庫県出身。慶應義塾大学卒業、ミシガン州立大学経営大学院修了。花王を経て小林製薬に入社。製造カンパニープレジデント、マーケティング室長、国際営業カンパニープレジデント、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

井出進一

ビジネスセミナーのテープを聞きながら走っていると、時間対効果も高まるので、忙しい現役のビジネスマンにもお勧めです。


山田隆持

ドコモはいまでも野武士集団でありたいと思っているのです。ただし、野武士集団は野武士集団なりに、内部でのベクトルが揃っていないと単なる野盗になってしまいます。これではいけません。


加藤シゲアキ

小説家になってラッキーだなと思うことのひとつは、みんなが僕に本を薦めてくれるんです。僕が『傘をもたない蟻たちは』でSFを書いたって知った人からは、『契約 鈴木いづみSF全集』をオススメされました。別の人からは「三島由紀夫の『命売ります』を読むと、三島がいかに物語を構成する力に優れていたかが分かります!」って、飲み屋で熱く語られたり(笑)。今はとにかく、浴びるように本を読みたい時期ですね。面白い本を読むと、自分はまだまだだなって打ちのめされる。そこで悔しいなって思うと、また小説を書きたくなるんですよ。


桜井弘(櫻井弘)

知らず知らずのうちに相手からはわかりづらい伝え方をしていないか、注意しましょう。その意識を持てば、頼みごとをする際に見せる文書を相手のほうに向けるなどの工夫が自然とできるようになります。


岡野雅行(岡野工業)

間に入る調整役の役目は大事なんだ。仕事を続けていくうちには、発注元も俺に言いたいことが出てくるよ。俺の方だっていいたいことはあるさ。それを直接言い合っちゃったら角が立つよ。俺はこういう気性だから、相手の言い方によっては「もうあんたのところの仕事はやめだ。二度とうちの敷居をまたぐなコノヤロウ」ってことにもなる。間に調整役がいりゃ、そうならない。


川名浩一

欧米の顧客からは「日揮はリカバリーの力が強い」という評価を頂いています。トラブルがあっても、契約を盾に責任の所在を争うのではなく、適切なソリューションを提供していく。こうした力は、最終的にはプロジェクトを管理する個々の社員が持ち合わせているのだと言えます。


井上礼之

実は、競合相手と組むのはそれほど難しいことではない。お互いの強みと弱みがわかるし、得られる成果がある程度見通せるからだ。だが、異業種と組むとなると、提携の形態や交渉の進め方などが、従来とは全く異なるものになるだろう。まず、自社の独自技術と異業種の技術・ノウハウをどう組み合わせて、どんな価値を生み出すのかを明確にしなければならない。お互いが土地勘のない技術を評価し合いながら、理想を実現させようと模索を繰り返すわけで、これまで以上にトップの進取の精神や決断力が重要になる。


孫正義

1年に1回、株主総会で株主に散々言われて襟を正すことが大事なんだ。そんな厳しいことを言ってくれるのは身内か株主くらいしかいない。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。


北尾吉孝

歴史という視点があると、上司にどう思われるとか、ささいなミスとか、そういうビジネスの本質には関係ない枝葉末節に心を奪われ、思い悩むこともなくなる。


上村計明

従業員満足度を上げるためには、従業員の声を聴けるところまで聴くことが重要。


井上高志

まずは相手を観察。表情や反応からその人の好むコミュニケーションスタイルをつかめば、それにフィットした話し方ができる。