名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林章浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林章浩のプロフィール

小林章浩、こばやし・あきひろ。日本の経営者。「小林製薬」社長。兵庫県出身。慶應義塾大学卒業、ミシガン州立大学経営大学院修了。花王を経て小林製薬に入社。製造カンパニープレジデント、マーケティング室長、国際営業カンパニープレジデント、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

小林章浩の名言 一覧

すべての業務について「今年より来年をもっとよくしていこう」と回し続ければ仕事も組織もどんどんレベルアップする。


時間をかけて大きな変革を成し遂げなければならない場面も出てきます。その意味で、長期的な視点から戦略を考える同族経営の良さはあると思います。卸事業という祖業からの撤退も、創業家の経営だからできた決断かもしれません。


毎月アイデアを出さないといけない環境になると、もともとアイデアマンでもなんでもなかった人が、癖がついて誰でもアイデアマンになります。提案する癖がついた人材がたくさんいるというのは強い。小林製薬が100年後も持ち続けなければいけない風土です。


仕事というのは、問題を見つけてアイデアを出し、実行して成果を出すことの繰り返しです。商品開発だけでなく、どんな仕事もそう。そしてアイデアを絞り出すところが一番しんどい。


ベンチマークしている会社は特にありません。目標をあえて言うなら、これから新たに新製品の開発をしていく中国や米国の小林製薬が、その成長スピードで、日本の小林製薬を超えることですね。


私は創業家出身の6代目社長として、40代前半で就任しました。この先20年は社長をすることになるでしょう。そうなるとごまかしがきかない。小手先で改善してもぼろが出ます。これでやっていけるという確信の持てるビジネスモデルがないとやっていけない。


10年前に、当時1000億円程度の売り上げがあった医薬品の卸事業から撤退しました。当時としては卸業界でトップクラスの売り上げでしたが、物流やIT投資ができない中では成長は難しい。総合的な判断からでした。


小林章浩の経歴・略歴

小林章浩、こばやし・あきひろ。日本の経営者。「小林製薬」社長。兵庫県出身。慶應義塾大学卒業、ミシガン州立大学経営大学院修了。花王を経て小林製薬に入社。製造カンパニープレジデント、マーケティング室長、国際営業カンパニープレジデント、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石田宏樹

「様々な声を分析した結果、何%がこうでした」という話に終始しても、今の日本製品のように腑抜けたものしか出て来ません。


鈴木貴博(コンサルタント)

知識の量を増やすことよりも、知識の幅を広げることが重要です。自分が関心のない情報はスルーしてしまいがちですから、意識的に、多様な情報を得るようにしなければなりません。


高田明(ジャパネットたかた)

自分を信じ、できることを考え続ければ、あとはほとんど気力で達成できる。


三浦善司

記者の方からの質問でよく「なんでデジカメなんかやっているの」と聞かれます(笑)。でも、どのカメラもリコーと傘下の「ペンタックス」の光学技術を存分に生かした製品です。リコーの前社名は理研光学工業ですし。もう意地ですね。意地でもカメラはやめません。今もなんとか損しないレベルに持ってきています。悔しいことに、シェアのグラフなんか見ても名前すら出てこないけれど、これからも頑張っていきますよ。


小出伸一

社内では、ハワイ語で家族という意味の「オハナ」という言葉を使っています。社員だけではなく、ビジネスパートナーも、顧客も、社員の家族もみんな含まれる概念です。


岡田武史

自由なところから自由な発想って出ない。何か型があるから、それを破って驚くような発想が出るんじゃないか。


山口誠一郎

モットーとしていることは、「変化を恐れず、楽しむこと」です。もちろん、そこにリスクは付きものですが、ベンチャー精神を持って挑み、新しい扉を次々に開いていく。扉の向こうでは必ず成長の可能性が待っています。


山本邦子

私はいつも突発的に行動しているとか、思ったらすぐに行動しているとか言われるのですが、実はそんなことはないんですよ。行動に移す前に、かなりの時間、自分の頭の中で考えているんです。


窪田健一(経営者)

20年間、創業者と一緒に働いてきましたが、言われた事をオウム返しにそのまま実行しているだけでは駄目で、自分でやってみて初めて色々な事が腹に落ちて来る。


原田泳幸

部下が「9.8%」という数字(売上)を持ってきたら、僕は「意地でも10%をつくってこい」と言います。社員が諦めてしまっていたり、冷めているときには僕は熱くなってハッパをかける。でも逆に、社員たちが浮足立っているようなときには、冷静にロジック(論理)で示すんです。情熱には冷静を、冷静には情熱を。


井上英明

自分が昨日と違っているという成長を感じている限り、ものごとを投げ出す人はいないはずです。だからそこに社員の意識を持っていくのが経営の仕事なんです。


池口龍法

見栄を張るなどは寂しさの裏返し。