名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林稔(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林稔(経営者)のプロフィール

小林稔、こばやし・みのる。日本の経営者。「いちよし証券」社長。山形県出身。明治大学商学部卒業後、野村證券に入社。野村證券常務執行役員、いちよし証券副社長などを経て社長に就任。

小林稔(経営者)の名言 一覧

商品の開発や採用についても、その時々の売れ筋ではなく、「売れる商品でも、売らない信念」としての、いちよし基準に基づき長く安心して保有していただける商品性を重視します。


中小型株市場の特徴としては、情報が行き届かず、割安に放置されている有望成長企業が多いことが魅力。


当社は参入障壁が高い市場にあえて注力し、規模のメリットを生かすことでビジネスモデルを確立しています。


資産運用のパフォーマンス向上はもちろん、「いちよしと取引するのが楽しい」と感じていただくために何ができるか。当社ならではの付加価値を追求することで、経営理念である「お客様に信頼され、選ばれる企業であり続ける」を達成したい。


情報が不足しがちな中小型株は継続的なリサーチが欠かせない。経営陣の計画通りに事業を進められているか、数年間にわたって通い続けることで初めて本当の実力が見えてくる。


昨今では、証券業界でもAI(人工知能)を使ったコンサルティングなどの技術革新が進んでいます。しかし、当社はこれからもフェイス・トゥ・フェイスの提案を何よりも大切にしていきます。私たちのビジネスの原点には、お客様と感動を共有したいという強い思いがあるからです。


小林稔(経営者)の経歴・略歴

小林稔、こばやし・みのる。日本の経営者。「いちよし証券」社長。山形県出身。明治大学商学部卒業後、野村證券に入社。野村證券常務執行役員、いちよし証券副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

大嶋啓介

僕が尊敬する人たちは、例外なく相手に対する「ありがとう」という言葉を大切にしています。謙虚さというのは、人に対する感謝の心から、自然ににじみ出てくるものなんです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

自ら望み、決意を新たにすれば、自分自身の課題を心に置いて、人生のレッスンを究めていくことができます。そして、深い知識と自信にあふれるまでに成長した人は、もう未熟で不運な人生を生きることはないでしょう。思慮深い正しい判断で、穏やかな人生を生きるようになっているはずです。


宇野康秀

いろんな企業とのアライアンス(提携)は今までもやってきましたし、これからも増やしていきたい。


渋沢栄一

交際の奥の手は至誠である。理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。


関淳

まず海外では文化や風習の違いを強く認識し、現地の価値観や風習を理解するのは非常に骨が折れることだと覚悟しなければいけません。その一方で、同じ人間であり、本質的な部分では分かり合えるし、同じことを望んでいると信じることが大切です。


ゲーテ

偉大なことを欲する者は、心を集中しなければならない。制限の中に初めて名人が現れる。


森俊哉(コンサルタント)

省人化につながる革新的なテクノロジーの導入は、外部から経営者を招く欧米企業の方が素早く対応しています。一方、現場を長年経験し経営者になるケースが多い日本では、人材を守る意識が強い。日本の企業文化を守りつつ、これを強みに変えられるよう支援していきたい。


林田正光

気づきや思い付きは、その瞬間に書き留めておかないと忘れてしまいます。ですから、思いついたことや気づいたことを、とりあえずポイントだけ、一言二言書き留めます。後からそれを整理して、別のノートに書き写します。そのタイミングは2~3日に一度、といったところです。


岸見一郎

上司が怖くても、理不尽な言動だと思った場合は、嫌われるリスクを承知のうえで意見を言うことが大切です。厳しい言い方をすれば、相手の言いなりになることは、「他人の人生」を生きることと同じ。それでは自由も幸せもつかみ取れません。


日覺昭廣

日本企業が備えている高い倫理観や社会に貢献しようとする志は世界に誇れるものでもあります。日本的経営の良さを強みとして世界に広めていくことは、日本発のグローバル化の一つの形だと私たちは考えています。


石田孝

企業経営は単に黒字を出せばいいというものではありません。そこには、社員がこの仕事のためなら、全力を出して働きたいという社会貢献的要素を含んでいなければなりません。ビジネスそのものが社会貢献となり、さらに利益を生み、新たな雇用も生む。これが理想です。


安部修仁

2から3年は商売しなくても、社員の給料は払えます。手元流動性が高い形で資産を持っていると、いざというとき時間が稼げます。牛丼販売停止のあと、デッドストックを出しつつも新メニューを軌道に乗せることを優先できたのは、キャッシュを潤沢に持っていたからです。つまりそれをやらなきゃ死んじゃうというとき、赤字を出してでも生命の維持・継続に集中できる。