名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林直樹(記者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林直樹(記者)のプロフィール

小林直樹、こばやし・なおき。日本の記者。早稲田大学政治経済学部卒業後、日系BP社に入社。雑誌「日経ネットナビ」「日経ビジネスアソシエ」「日経デジタルマーケティング」などの編集に携わる。ネット炎上に詳しく、防止策についての記事や書籍を執筆。著書に『ソーシャルメディア炎上事件簿』『わが子のスマホ・LINEデビュー 安心安全ガイド』『ソーシャルリスク ビジネスで失敗しない31のルール』ほか。

小林直樹(記者)の名言 一覧

若者たちに「自分ごと」として捉えてもらうためには、実生活レベルにまで落とし込むことが必要不可欠。一度炎上騒ぎを起こせば永遠に「まとめサイト」に残ること、就職時に人事部は必ずネットで名前を検索することを、過去のトラブルを戒めにしつつ教えましょう。


ネガティブな内容は投稿前にひと呼吸置いて、誰が見ても不快ではないか確認する習慣をつけましょう。居場所を特定できるスマートフォンのGPSは基本的にオフにすることを推奨します。防犯面でも役立つはずです。


客との接点が多い業界ほど、ソーシャルメディアリスクが高いと考えて差し支えありません。


小林直樹(記者)の経歴・略歴

小林直樹、こばやし・なおき。日本の記者。早稲田大学政治経済学部卒業後、日系BP社に入社。雑誌「日経ネットナビ」「日経ビジネスアソシエ」「日経デジタルマーケティング」などの編集に携わる。ネット炎上に詳しく、防止策についての記事や書籍を執筆。著書に『ソーシャルメディア炎上事件簿』『わが子のスマホ・LINEデビュー 安心安全ガイド』『ソーシャルリスク ビジネスで失敗しない31のルール』ほか。

他の記事も読んでみる

秋山ゆかり(コンサルタント)

語学は学習時間の蓄積で決まる。無理なく学習を続けるために、教材は自分が好きで飽きない内容のものを探しましょう。


北尾吉孝

欲の無い人間はいませんが、一方でそれを律しなければなりません。


近藤淳也

自由な議論と、安心して発言できる場とのバランスを保つのが難しいし、コミュニティの維持・発展の肝だと僕は考えています。


佐瀬守男

外食産業は手を抜くと、すぐにその結果が売上に跳ね返ってくる。受け身で仕事をしている社員は、すぐにわかりますよ。


筒井義信

ナンバーワンにこだわると発信し続けているのは、それが社内のモチベーションに直結するから。売上高が他社に抜かれ続ければ、利益にも響き、取り返しのつかないことになる。


戸塚隆将

自分で無意識のうちに上限を設けてしまうと、それを打ち破るのが難しくなります。むしろ、努力を始める初期の段階に、目線を高く設定するほうが良いこともあります。


西多昌規

ホメられたい症候群から抜け出すには、まず「他人にホメさせることはできない」という認識を持つことが大切。ホメるかどうかは、あくまでも相手次第。成果を出しだからといってホメられる保証はなく、相手の気分で評価はいかようにも変わります。そう考えると、ホメてもらおうと頑張って、神経をすり減らすのは得策とはいえません。大事なのは、自分の意識の持ち方。上司に何を言われても、自分は頑張っていると自信を持てれば、それでいいのです。


佐々木常夫

良い習慣は才能を超える。良い習慣は続けることが大事。


守本正宏

米国企業は経営戦略の一環として訴訟をするので、訴訟は競争するための手段の一つ。CEO(最高経営責任者)やCFO(最高財務責任者)クラスが関わる話です。


福原正大

日本の入試は中学から大学まで、答えはひとつであるという前提でつくられています。それに合わせて学校でも、答えがある問題を出して、その解き方を教えています。そういった教育を通して「答えはひとつ」と植えつけられているから、答えが出ない現実の問題に対応できない面があるのではないかと思います。


富野由悠季

自分と同年齢の人に一番言いたいんです。僕と同年齢の人たちに、気持ちいいよという経験をたくさん持つ人がいっぱい出てきてくれれば、若い人たちもそういう年寄りの人を見て、あ、そうか、と思ってくれるかもしれないから。いま、若い人がどうのこうのって言われている意見で一番危険なのは、それを言っているお前が大人としてちゃんとやっているのか、ってことなんです。そこがすごく気になる。


福留大士(経営者)

お客様のビジネスのことをまず考え、課題があれば必要な技術を投入して解決していきたい。