名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林浩(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林浩(経営者)のプロフィール

小林浩、こばやし・ひろし。日本の経営者。「日本ハム」社長・会長、「北海道日本ハムファイターズ」球団オーナー。広島県出身。東京水産大学(のちの東京海洋大学)卒業後、日本ハムに入社。関連事業本部事業統轄部長、上席執行役員、取締役常務執行役員加工事業本部長などを経て社長に就任。

小林浩(経営者)の名言 一覧

スタッフ同士の双方向コミュニケーションが問題解決につながる。


気力があってこそ、知力を持てる。そのためには健康が大事。


品質ナンバーワン経営の定着と進化を掲げている日本ハムグループは、現場に行き、現物を見て、現実を確認して施策を打つ「三現主義」を大切にしています。


小林浩(経営者)の経歴・略歴

小林浩、こばやし・ひろし。日本の経営者。「日本ハム」社長・会長、「北海道日本ハムファイターズ」球団オーナー。広島県出身。東京水産大学(のちの東京海洋大学)卒業後、日本ハムに入社。関連事業本部事業統轄部長、上席執行役員、取締役常務執行役員加工事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山科忠

「検討します」ではなく「検討していつまでに回答します」と答える。こうすれば倍のスピードになります。


神田正

ラーメン業界は、一般に個人経営が多く、利益率が低いため家賃の安い所に出店してきた歴史があります。そうした常識に反して駅前に出て行ったのは、時代とともに消えた駅前の屋台のニーズは確実にあると思ったし、ハンバーガーや牛丼の店が出ているのに、なぜ国民食であるラーメンがないのかという疑問からでした。駅前で採算を上げるのは苦労しましたが、マーケットがあると信じて粘ったことが今の成長につながりました。


江上治

自分を知るきっかけは、自分ひとりでは難しいもの。自分勝手な解釈をして、かえってマイナスの方向に変わってしまいがちだ。メンターなど、自分の基準を超える人に、分析してもらうのが一番いい。


大島康朋

私も社員も間違ったり失敗することはあります。ただ、一歩ずつ確認しておけば振り返って問題点を発見し改善しやすい。すると致命的なミスを防ぐことができます。


川辺清

弊社は15業態も展開していますから、新業態の立て直しが、どうしても困難であれば、既存業態に置き換えることだって容易にできるのです。業態を変えるだけなら賃貸店舗の違約金発生のリスクヘッジができますし、必要とあれば人材も資金も援助を惜しみません。「何でもありや!」と社員には言っているんです(笑)。


浅野ヨシオ

感情が読めないメールは、相手に何の印象も与えられない。メールの秘訣は「感情を込めること」に尽きますね。僕の場合、タイトルから仕掛けていきます。「社長! お聞きしたいことが……」とか「昨日はありがとうございました。じつはあの後……」なんて件名なら、相手も興味を抱いて読んでくれますよね。書き手の感情が伝わらない文は、ほかの人と同じに見えますから、印象に残らないんです。


ビクター・ルイス(経営者)

我々がニューヨーク発祥のブランドであり、職人技が細部まで行き届いた手作りのレザー製品を展開する「本物」であることをしっかりと伝えていかなくてはなりません。こうした伝統に加えて、若々しいアメリカンカルチャーを組み合わせたものがコーチだ、と。


林要(経営者)

コールセンターの女性の声がきれいだと、美人だと思ってしまうように、脳は勝手にファンタジーを生み出すもの。


大谷義武

手間暇をかけてお客様の不安を一つ一つ潰してきた結果が管理戸数の増加や入居率の高さにつながっています。


久恒啓一

忙しい日常の中から、自分だけの勉強時間を捻出するには、通勤時間を目いっぱい活用するためにあえて会社から遠い場所に住むという方法があります。会社の近くに住むのは確かに便利なのですが、すぐ帰れるからと、つい飲みに行ったり、出社時間に間に合うギリギリまで寝てしまったりすることになりがちです。しかし、あえて会社から遠い場所に住めば、帰宅時間に敏感になりますし、嫌でも早起きする習慣が身につきます。


瀬戸欣哉

モノタロウを立ち上げた時、最初の3年間くらいでストップ安とストップ高を何度も繰り返した経験があります。その頃の企業価値は数十億円だったので、流動性の低さもあり、まるでジェットコースターのような状況でした。当時、僕は自分の財産のほとんどをモノタロウの株式に投じていました。サラリーマンでしたから、借金をして株を買っていたわけです。株価が下がった時には、普通に考えたら返済できない状況にまで追い込まれました。しかも、ネットの掲示板にとんでもないことを書かれるんですよ。ゴルフはやっていないのに、ゴルフをやめて仕事に専念しろとか、ひげの社長はうまくいかないからひげを剃れとか(笑)。だから、精神的にかなり鍛えられました。


石原明

上場企業の社長と財界活動をしている財界人、中小企業の社長、ベンチャー系の社長では会話に違いがあります。財界を背負う人たちは、日本の国をどうしたらいいのか深く考えた話をします。一方、中小企業で頑張っている社長の話題は、お客さんを増やし、いかに利益率を高くするかといった生っぽいものが多い。雑談から、ビジネスにつながるケースがありますが、そういう野暮な会話をしている社長は、売上が10億円を超える社長の話の輪には、なかなか入れません。教養を含め、奥行きのある人物であるのかどうかが踏み絵になります。