名言DB

9429 人 / 110879 名言

小林浩美の名言

twitter Facebook はてブ

小林浩美のプロフィール

小林浩美、こばやし・ひろみ。日本の女子プロゴルファー。福島県出身。体育教師を目指していたが大学受験に失敗。父の勧めでゴルフを開始。21歳でプロテストに合格。以後、アメリカ女子ツアー優勝をはじめ、多くの成績を残した。また、日本女子プロゴルフ協会理事、日本プロゴルフ協会第6代会長などを務めた。

小林浩美の名言 一覧

ゴルフは18ホールプレーして、だいたい4時間程度かかります。プロの場合、18ホール4時間をずっと集中していることはまずありません。必ず集中する時間と集中しない時間に分けます。集中する時間はショットやパットを打つ前のルーティンに入ったところから打ち終わるまでです。それ以外は集中しない時間です。


同じ時間内にいつも同じ動作を繰り返すことは、反復努力で身につけられます。打つときに集中し、それが終われば気持ちを解き放す。その繰り返しがゴルフです。ルーティンは集中することへの引き金であり、研ぎ澄まされた集中力で良いプレーが引き出せます。


同じ時間内に同じことを繰り返します。そうすることで、この動作(ルーティン)を始めたら、脳が打つのだなと理解し、一気に集中の世界に入り込めます。またそうすることで、機械的に動作が進行し、プレッシャーのかかる優勝争いやここ一番の大事な場面でも余計な感情が入らず、やることに集中できるものです。結果、緊張しながらもいい結果を重ねられるようになります。


お話しすることによって自分のペースでプレーできるプロはよくお話します。反対に、プレー中はあまり話をしない方が自分のペースでプレーできるプロもいるので、そういう人はあまりしゃべらない代わりに、景色を見ていたり、ロープの外を歩くギャラリーを見ていたりして、どちらの場合も自分の気持ちをゴルフだけに集中しないよう切り離す努力をしています。それは、18ホールずっと集中するのは難しく、最後まで集中しようとしても途中で途切れてしまうのがわかっているからです。


小林浩美の経歴・略歴

小林浩美、こばやし・ひろみ。日本の女子プロゴルファー。福島県出身。体育教師を目指していたが大学受験に失敗。父の勧めでゴルフを開始。21歳でプロテストに合格。以後、アメリカ女子ツアー優勝をはじめ、多くの成績を残した。また、日本女子プロゴルフ協会理事、日本プロゴルフ協会第6代会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

菊池保人

独立前に不安を感じるのは当然だと思います。でも、いざ独立してしまうと、そうした不安は自然と小さくなる。逆に、仕事の醍醐味に関心が向くのが起業家心理。


川上全龍

瞑想は継続的に行うべき心のエクササイズ。週一回ジムで集中して鍛えるより、通勤時に歩く時間を増やしたほうが健康を増進するように、毎日5分やるのと、たまに30分集中してやるのだったら、前者がいい。


長谷川健太

監督に求められるのは、何より人柄や人間性ではないかと考えています。ですから、自分自身がいかに人間として成長していけるか、というところに尽きるのではないでしょうか。


春日俊彰

どんな仕事でも、自分が自信を持てるものを一つ用意しておく。髪を七・三に分けて、胸を張って歩くのも、最初はウケなかったですよ。でも、自分で面白いと自信があったから、やっていてキツくはなかったです。


木川眞

どんなに成功したビジネスモデルでも、いつかは必ず成熟期を迎えます。2000年代に入ると、宅急便市場も徐々に成熟してきました。同時にライバルとの品質格差は年々縮まっていきました。他社の追随によって日本の宅急便全体がレベルアップしたんですね。すると品質や利便性より料金で選ぶお客様が出てきます。単価を下げてマーケットシェアを広げようとする企業が増える。業界全体が不毛な価格競争に陥りがちになってしまうんです。


山極寿一(山極壽一)

リーダーというのは、画一的なステータスでも、画一的なパーソナリティでもありません。いろんな場所に、いろんなリーダーがいる。ある時先頭に立っても、次はしんがりという場合もある。そういうことを肌で学ばなければ真のリーダーシップは取れないと思いますね。


藤岡頼光

「通じた!」という経験をすると、俄然、楽しくなります。そして、もっと英語で伝えたくなる。こうして新たなモチベーションが生まれてきたら、あとは簡単。


吉原珠央

ビジネスでは、人は見た目で判断しています。ですから会った瞬間に、「この人と仕事をしたい!」、そう思われなければ次のチャンスはありません。何度もお会いすれば、誠実さや実力が伝わることがあるかもしれませんが、ビジネスの世界ではチャンスは1回と思ってください。


柳川範之

経済学や法学のような社会科学系の学問は、むしろ社会に出て実際に経済活動に参加することによって初めて理解できる面が多い。商売をしたことのない若者にとって、経済学や経営学は机上の空論に見えてしまう。だから暗記に走ってしまう。多くの卒業生が、実際に仕事を経験した後になって、あの科目をもっと勉強しておけばよかったと悔やむというのはよく聞く話だ。


古森重隆

戦いこそが社会の基本原理であるなどといえば、日本では眉をひそめられがちだが、こんなことは海外では常識だ。