名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林浩美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林浩美のプロフィール

小林浩美、こばやし・ひろみ。日本の女子プロゴルファー。福島県出身。体育教師を目指していたが大学受験に失敗。父の勧めでゴルフを開始。21歳でプロテストに合格。以後、アメリカ女子ツアー優勝をはじめ、多くの成績を残した。また、日本女子プロゴルフ協会理事、日本プロゴルフ協会第6代会長などを務めた。

小林浩美の名言 一覧

ゴルフは18ホールプレーして、だいたい4時間程度かかります。プロの場合、18ホール4時間をずっと集中していることはまずありません。必ず集中する時間と集中しない時間に分けます。集中する時間はショットやパットを打つ前のルーティンに入ったところから打ち終わるまでです。それ以外は集中しない時間です。


同じ時間内にいつも同じ動作を繰り返すことは、反復努力で身につけられます。打つときに集中し、それが終われば気持ちを解き放す。その繰り返しがゴルフです。ルーティンは集中することへの引き金であり、研ぎ澄まされた集中力で良いプレーが引き出せます。


同じ時間内に同じことを繰り返します。そうすることで、この動作(ルーティン)を始めたら、脳が打つのだなと理解し、一気に集中の世界に入り込めます。またそうすることで、機械的に動作が進行し、プレッシャーのかかる優勝争いやここ一番の大事な場面でも余計な感情が入らず、やることに集中できるものです。結果、緊張しながらもいい結果を重ねられるようになります。


お話しすることによって自分のペースでプレーできるプロはよくお話します。反対に、プレー中はあまり話をしない方が自分のペースでプレーできるプロもいるので、そういう人はあまりしゃべらない代わりに、景色を見ていたり、ロープの外を歩くギャラリーを見ていたりして、どちらの場合も自分の気持ちをゴルフだけに集中しないよう切り離す努力をしています。それは、18ホールずっと集中するのは難しく、最後まで集中しようとしても途中で途切れてしまうのがわかっているからです。


小林浩美の経歴・略歴

小林浩美、こばやし・ひろみ。日本の女子プロゴルファー。福島県出身。体育教師を目指していたが大学受験に失敗。父の勧めでゴルフを開始。21歳でプロテストに合格。以後、アメリカ女子ツアー優勝をはじめ、多くの成績を残した。また、日本女子プロゴルフ協会理事、日本プロゴルフ協会第6代会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

十倉雅和

大きな期待をかけているのが、健康・農業関連事業です。農業は「伸びしろだらけ」の分野だからです。国内では「担い手不足」「国際競争力の強化」、世界に目を向ければ人口爆発による「食糧危機」や農業に打撃を与える「気候変動」など、深刻な課題が山積しています。だからこそ、我々にとっては無限の商機がある。


田中和彦

会議をする際などに、深く考えずに「ざっくり1時間」予定を入れる人が多いが、実際にはもっと短時間で済むケースがほとんど。「10時から10時45分まで」というように細かく時間を区切ると、「時間内に終わらせなければ」という適度な緊張感が生まれ、ダラダラ会議をしなくなる。


沖田円

何かを伝えられるほど経験があるわけでもなく賢い人間でもないので、とにかく今自分が書けるものを書いて、それを読んでくれた人が自由に何かを感じてくれたら一番うれしいです。メッセージを感じたとしたら、私がこの作品を通して伝えたわけではなく、読者のみなさん自身が考えて気づいたことなのだと思っています。


山口智充

お笑いも音楽もライブが一番いいですね。やっぱり、生(ナマ)に勝るものはないですよ。


永守重信

効率よく働いて早く仕事を終え、余った時間でスキルを磨く。そうすれば社員の能力もモチベーションも高まり、会社も成長していくという好循環が生まれるはず。


藤原洋

企業家というのは前例のないことをやり続けるのが性分。がんじがらめに管理される間違いのない方法よりも、新しいことへのチャレンジを望む。


鈴木敏文

ニッセンには時間をかけて築き上げた通販のシステムなど、様々なノウハウがある。セブン&アイにもネット通販の経験はあるが、お互いが持っているものを融合させていくことで競争力を高める。
【覚書き|カタログ通販のニッセンを買収したことについての発言】


津田純嗣

新しい製品を開発する時は「これをやったらお客さんが喜ぶよね」ということを考えよう。


平尾丈

ウェブ世界は意外と分断されている。当社はその分かれた次元を超える存在になりたい。それが「じげん」という社名の由来。


堀田孝治

いま思えば、当時(20代)は深く考えることをしないで、「どうしよう」といつも悩んでいました。本当の自分や立ち位置がわかっていなかったからでしょう。


中西宏明

この会社が技術ドリブンであるということは決して悪いことではない。創業以来その精神でやってきて、それなりに面白い場を提供している。それが日立らしさでしょう。技術を軸に、出発点に、いろんなことを考える。それ以外はマーケットが変わっていけばどんどん変わっていかないと死んじゃいますね。


杉本あきほ(杉本明穂)

新しい笑い、新しい価値観を伝えるために起業したんです。何をするにもダイレクト。その日やったことがすぐ自分の励みになるなんて、最高だと思います。