名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林浩志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林浩志のプロフィール

小林浩志、こばやし・こうじ。日本の特定社会保険労務士。日本アンガーマネジメント協会認定ファシリテーター。青山学院大学大学院法学研究科修了。社会保険労務士法人こばやし事務所代表、行政書士こばやし事務所所長。著書に『パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門』。

小林浩志の名言 一覧

パワハラが増加しているのは、心に余裕がなくなり、怒りとつき合うことが難しくなっていることが理由のひとつ。


怒りをぶつけて、自分も周囲も絶対的な幸福が得られるのか。そこを見極めると、決してそうではないことが理解できる。


怒りは極めて主観的な感情なので、まずその状態から脱することが重要です。アンガーログ(怒りを記録すること)で自分の怒りを客観的に分析すれば、「あの程度のことで、なぜ怒ったのか」と反省意識が強まり、怒りっぽさが和らぎます。


小林浩志の経歴・略歴

小林浩志、こばやし・こうじ。日本の特定社会保険労務士。日本アンガーマネジメント協会認定ファシリテーター。青山学院大学大学院法学研究科修了。社会保険労務士法人こばやし事務所代表、行政書士こばやし事務所所長。著書に『パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門』。

他の記事も読んでみる

菊入みゆき

仕事ができる人の口癖は、自分が変わるのはもちろん、周りも明るい気持ちにさせて「一緒に仕事をしましょう」という雰囲気を生み出します。とくにモチベーションについては、自分のやる気だけでなく、相手の気持ちや行動にも良い影響をもたらします。


中川路亜紀

メールを使うべきではない場面もあります。とくに相手に損害を与えるようなトラブルが発生した際は、まず電話で第一報を伝えるのがマナー。どんなに丁寧に書いても「そんな大事なことは、直接伝えるべきだろう」と不快に感じる人が多いものです。コミュニケーションツールが多様化したからこそ、その特性に合わせて上手に使い分けることも、これからの時代に求められるスキルと言えるでしょう。


関下昌代

学歴というハンディキャップが、いい意味での危機感となり、絶対に生き残るんだという「たくましさ」や「しぶとさ」といったメンタルを育む原動力にもなる。


内田恒二

ずっと技術畑を歩いてきた私から見ると、文系出身者は読書も経営書に偏りがちなのに対し、理系出身者の方が読む本のジャンルが意外と広いように感じます。理系は専門分野が特定される分、逆に読書は自由に楽しもうとするのかもしれません。私は読む本のジャンルは問いません。新聞の書評などで「面白そうだ」と思ったら買ってきて、部屋の各所に積んでおき、何冊か並行して読んでいきます。いわば、何でもありの雑読派ですが、読書から得るものは結構あります。


ラリー・ペイジ

イノベーションは小さなグループから起こる。


芦田昭充

社員を巻き込んでいくためにはしつこさですよ。しつこいという言葉が悪ければ、熱意、情熱です。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

ここに集められたものは順不同に並んでいる。様々な論文からとったもので、あとで主題別に整理したいと思っている。それまでは、同じことを何度も繰り返すこともあるに違いない。読者よ、どうかそのことで私を責めないでいただきたい。【物理学に関する手記の序文】


鍵山秀三郎

最近は何でも比べたがるようになりました。たとえば、自分があるものを持っていても、隣の人がもっといいものを持っていると、自分がみじめに見えるのではないかと気にします。おかしなことに、自分が持っているものに目がいかないで、いつも人の持ち物にばかり目を奪われるのです。まるで、獣が獲物を狙うかのようです。


市原敏雄

起業当時は景気が悪く、会社がどんどんなくなっている時期だったこともあり周囲は不思議がりましたが、私は常々「こういう時期だからこそ会社をつくるんだ」と言ってきました。


ハロルド・ジェニーン

コングロマリットは単一製品、もしくは同じ業界のいくつかの製品に固執している会社に比べて明確な利点がある。広範囲の経済活動分野をカバーする多業種、多製品会社は、経済的不況に対する保険をかけているようなものだ。カバーする範囲が十分に広ければ、その会社のある製品には、他の製品が不況に見舞われているときも、需要がありよく売れていくだろう。どんな業種にもサイクルはある。それは潮のように上げ下げするが、潮よりずっと予測しがたい。


日覺昭廣

会社の経営で重要なのは、全役員、社員がモチベーションを高く持ち、やる気で取り組むこと。やる気を持って自発的に取り組むか否かで、全社で100億~200億円も利益が違ってくる。やる気さえあれば、仕事は必ず成功する。


神田昌典

分析的に考えてしまうと、そこにはワクワクが生じませんから、新しい価値をつくりだすことはできません。新しい発想やアイデアは、自分を快の状態にもっていき、脳を活性化することから生まれます。