小林浩(経営者)の名言

小林浩(経営者)のプロフィール

小林浩、こばやし・ひろし。日本の経営者。「日本ハム」社長・会長、「北海道日本ハムファイターズ」球団オーナー。広島県出身。東京水産大学(のちの東京海洋大学)卒業後、日本ハムに入社。関連事業本部事業統轄部長、上席執行役員、取締役常務執行役員加工事業本部長などを経て社長に就任。

小林浩(経営者)の名言 一覧

スタッフ同士の双方向コミュニケーションが問題解決につながる。


気力があってこそ、知力を持てる。そのためには健康が大事。


品質ナンバーワン経営の定着と進化を掲げている日本ハムグループは、現場に行き、現物を見て、現実を確認して施策を打つ「三現主義」を大切にしています。


小林浩(経営者)の経歴・略歴

小林浩、こばやし・ひろし。日本の経営者。「日本ハム」社長・会長、「北海道日本ハムファイターズ」球団オーナー。広島県出身。東京水産大学(のちの東京海洋大学)卒業後、日本ハムに入社。関連事業本部事業統轄部長、上席執行役員、取締役常務執行役員加工事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

橘玲

人間は、基本的には「好きなこと」にしか本気になれない。だったら、好きなことを探すしかない。


鈴木修

強い人と競争しても、弱い人と競争しても、競争は競争。相手がすごいからといって怖じ気づいているようでは最初から負けだからです。自分がベストを尽くせば、おのずから結果がついてくる。固い信念を持って、柔軟にものごとに対処することが肝心だと思います。


程近智

利益を稼ぐのは、ワールドカップを戦う最低条件です。基礎体力がなければ、グローバルでの競争に耐えられません。


坪田信貴

日ごろから知識を「世の中にどう役立てるか?」という意識を持つことも、勉強自体が目的化しないために重要。


定保英弥

目先の売り上げや利益も非常に大事ですし、企業としても重要なことです。しかしながら、もう一度我々はホテル業として力を付け、磨きをかけて「人」をきちんと創っていくことが創業130周年に向けて最も重要ではないかと。環境の浮き沈みはありますが、その基本をやっていれば売り上げと利益は付いてくると信じています。


永瀬昭典

活躍できるのは、先進的なスキルとそれを生かす人間力をバランス良く持ち合わせている人。


高橋祥子

選択肢を増やすことが大事だと思います、食わず嫌いになっていることが多いと思うので。最初は、自分が少しでも興味のあることに手を出して、そこからどんどん広げれば良いと思います。


武井保雄

3倍遊ぶために3倍働け。仕事は無限大の可能性があるから面白い。


落合寛司

西武信金は自分たちを「お客様支援センター」と位置付けています。そのため取引先の課題の解決をお手伝いする総合コンサルティングに注力しています。専門家とのネットワークを構築し、取引先の様々な悩みを解決する。この方針を掲げたのは10年以上前のことですが、今その成果が出てきています。


天野暢子

プレゼンテーションという言葉の語源はプレゼント、つまり贈り物と共通です。それを成功させるには、相手への「思い」が欠かせません。


村井哲之

物が売れない時代、売上を伸ばすのは大変です。そんな中、コスト削減は売上と違ってまずは社内だけの取り組みで実現できます。しかも、削減額は「純利益」になるのです。「100万円のコスト削減」というと一見少ないように思えるかもしれませんが、売上高が1億円の企業なら利益率1%のアップに相当すると考えてみれば、効果の大きさを実感するのではないでしょうか。


金田一秀穂

いわゆるデキる人というのは、そう簡単に本音では話していない。むしろ、建前を「本音っぽく」話せる人ほどうまく人の心をつかんでいる。それは、相手の本音を代弁できているということなんです。


相良暁(経営者)

一時期、過去の成功にあぐらをかいて、オープンイノベーションをサボっていました。この原点に立ち返らなければ、生き残れない。そう考え、欧米にリサーチ部隊を置きました。


林野宏

時間がないが口癖になっているような人がいます。どうすればいいのか、答えは単純です。仕事を速く仕上げてしまえばいいのです。そして、苦手なことはやらないことです。人生を80年とすると、ビジネスという意味では、最初の20年はなにもやっていません。定年を考えると長くても40から50年しかないわけです。休み時間を差し引けば、苦手なことをやっている暇はありません。得意なことをするだけで一生過ごせれば、かなりの成果を上げることができます。


佐藤誠治(経営者)

銀行は金儲けの道具ではありません。世の中や顧客による通信簿が利益というのが私の信念です。


ページの先頭へ