名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林正明(アートディレクター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林正明(アートディレクター)のプロフィール

小林正明、こばやし・まさあき。日本のアートディレクター。Imperial Press勤務、Master Photo Syndication設立などを経てゲッティ イメージズ ジャパンに入社。同社でアートディレクターを務めた。

小林正明(アートディレクター)の名言 一覧

プロカメラマンにも撮れない写真がある。


かつての大企業なら、たった1枚の広告写真や1つのビジュアルで自社の主張を表現すればよかったのです。しかし今は、多くの人が使うスマートフォンの小さな画面で、常にコミュニケーションをしなくてはいけません。


小林正明(アートディレクター)の経歴・略歴

小林正明、こばやし・まさあき。日本のアートディレクター。Imperial Press勤務、Master Photo Syndication設立などを経てゲッティ イメージズ ジャパンに入社。同社でアートディレクターを務めた。

他の記事も読んでみる

小川洋子

他人から見たら妄想でも、本人にとっては生々しい実体験だというギャップがあるから小説は面白い。誰かにとっては無意味で非現実的な世界が自分にとっては重要でリアルである、写真に撮って説明できないけど、言葉だと伝えられる、そのために小説があるんじゃないかと思います。


貞松成

今回の上場もそうなんですが、それまで私個人の資本でやってきたのが、株主が増えると外部の資本が入るわけですから、一気に責任感が出ました。しかも億単位というお金を捻出してもらったわけで、こうした方々に報いるためにも頑張らなきゃいけないと強く思いました。まだまだ当社の活動は小さなものですが、支えてくれる全ての方々に感謝を忘れず、地域の生活インフラとして無くてはならない存在になりたいと考えています。


小川仁志

西洋では、物事に対して「する」という能動的な発想を抱きますが、日本では自然に「なる」ととらえます。主体的に働きかけてうまくいかないときは、「なるようにしかならない」とあえて待つことも大事です。


辻口博啓

人間って煩悩とは切り離せない生き物だから仕方ありません。しかし多くのものを捨てているのは事実です。若いころは、女の子とデートに行っても、気になる洋菓子店を見つけると、店の人を捕まえて5時間も6時間も平気で話し込んでいました(笑)。あと、楽しみもどこかでスウィーツとつながっていたんです。美術館へ行っても「このシャガールの情熱的な赤と青を、どうお菓子に活かすか」などと考えていました。


似鳥昭雄

会長になりましたから、細々した決裁事項から解放された。自分の好きなモノづくりとか、海外案件とか、そういうことに専念できる。


古森重隆

敗戦直後の惨めな経験を通して、子供の私は実力がなければ世の中はどうにもならないと悟った。


中山泰男

日銀とセコム両社には大きな共通点がありました。それは「信頼」です。日銀は信頼がなければ業務が成り立たない。同じようにセコムも信頼がないと成り立ちません。絶対に失っていけない基盤は「信頼」で、両社が一番大切にしている共通項です。


織田裕二

やっぱり、たった1度の人生だからさ。悔いなく過ごしたいよなあ。


井上靖

人間にできることは、ただ一つしかない。それは何かというと、出会いを大切にすることです。運命は人間の力でどうすることもできないが、その運命の出会いを大切にすることはできる。


しりあがり寿

ずっとサラリーマンと漫画家の「二足のわらじ」生活を続ける選択肢もあったと思います。漫画家としても、サラリーマンの世界を知っていることは大きなメリットでしたし、一方、会社でも「マンガが描ける人」ということで、いろいろなプロジェクトに参加させてもらえました。でも、徐々に「どちらも中途半端になってしまうんじゃないか」という思いが芽生えてきたのです。当時、吉田戦車さんのような新しい漫画家が出てきて、このままでは取り残されるという危機感もありました。一方、会社でキャリアを積むためには、地方への転勤も覚悟しなければならない年代に来ていました。どちらかの自分を「リストラ」しなければ、すべて中途半端になってしまう。そう思い、36歳のときに独立を選んだのです。


正垣泰彦

何をすればお客さんが喜んでくれるかを常に頭に置いて仕事を続けてきた。


堀之内九一郎

始業が8時45分なら8時44分59秒までにタイムカードを打てばいいと思っている社員が少なからずいます。私にいわせれば、使いものにならない連中です。始業の瞬間を最高の状態で迎えられるように準備をするべきなのに、脳も体も準備不足のまま、とりあえず、タイムカードを押すなんて、不真面目すぎて話になりません。ウォーミングアップなしの「ヨーイ、ドン」で、いきなり走れるわけがないんですから。