名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

小林昌裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林昌裕のプロフィール

小林昌裕、こばやし・まさひろ。日本の不動産投資家、副業コンサルタント。「副業アカデミー」学長、「レベクリ」代表。大学卒業後、建築材料メーカー営業などを経て不動産投資を開始。その後独立し、複数の収入源を構築。著書に『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』『ふがいない僕が年下の億万長者から教わった「勇気」と「お金」の法則』。

小林昌裕の名言 一覧

どの副業を選ぶにしても、重要なのは「自分が楽しいかどうか」。いくら儲かる副業でも、楽しくなければ続きません。


不動産投資を始めるにあたり、通勤時間などを利用して、1日1時間くらいの勉強を3か月ほど続けるといいでしょう。それすら大変そうと思うかもしれませんが、実際には勉強していくうちに不動産投資に対する興味が高まり、勉強することがむしろ楽しくなるはず。いわば「ゾーンに入る」状態です。


投資する物件を選ぶ際、多くの人が誤解するのが「自分が住みたいかどうか」で判断すること。それが全面的に間違っているわけではありませんが、投資物件を見る際には、「どんな人がどんな物件を求めているのか」を主観を省いて判断すべきです。


「シミュレーション」として、物件購入の条件や将来の収益予想などとともに、考えられる「リスク」をすべて紙に書き出してみる。書き出してみることで、その対処法も見えてくるはず。そして実際に始めてみると、想定していたリスクの9割は起こらないものなのです。一歩踏み出せば景色が変わり、自分の中の「当たり前」の基準も変化します。その感覚をぜひ、味わっていただきたいと思います。


デフレで賃金も物価も上がらない日本に暮らしていると、現在の銀行の超低金利に対しても「こんなものか」と思いがちです。ただ、世界基準で考えると、お金を眠らせておくことは、実は大損をしているということなのです。そのことをぜひ、理解しておいてほしいと思います。


今、副業がかってないほど注目されています。理由の一つは政府が「働き方改革」の実行計画に「副業・兼業の推進」を掲げるなど、国家ぐるみで副業を促進していること。ただ、こうした動きを待つまでもなく、多くのビジネスマンが勤務先一本に収入を依存している状態に危機感を抱き始めたことが、その大きな理由でしょう。


現在ではネットで多くの情報が得られますが、こと物件探しに関しては「自分の足で歩き、自分の目で見る」ことを大切にしてほしいと思います。私はある物件を購入しようとする際、その地域の不動産業者を回っていろいろな話を聞き、本当に想定どおりの利回りが取れそうかどうかを検証するようにしています。7~8件くらい回るのに半日ほどかかりますが、このくらいの手間でリスクを最小化できるのです。


不動産投資を始めるにあたり、ある程度の基礎知識は必要です。最近もあるシェアハウス投資会社が破綻し、多くの人が被害を受けたというニュースが流れました。被害者の方はお気の毒ですが、こうした被害に遭われる方の多くは「業者の言いなり」で、あまり学習していないというのが私の印象です。逆に言えば、ある程度の知識を身につけておけば、こうしたリスクを回避することは十分に可能です。


私が持つ物件の一つに、東高円寺駅から30秒ほどの「ドミトリー(相部屋タイプの宿泊施設)」があります。一つの部屋に二段ベッドが3~4つ置いてあり、20人以上がいわゆる共同生活をしています。プライバシーが気になる人にはとても考えられないと思いますが、家賃が安く、交通の便もいいということで、夢を追う若者たちに大人気です。ニーズと合致すればどんな物件でも人気が出るという好例です。


お金を借りることに対する心理的ハードルを乗り越えることができたきっかけは最初の物件を買った後、そこから毎月現金が入ってくる様子を見て、大きな手ごたえを感じたことでした。そこで、次の物件をローンで購入。その後も着実に物件を増やしていくことができたのです。もちろん、怖いという気持ちは自然なものです。ならば、自分が負える範囲のリスクはどのくらいかを把握し、その範囲内でリスクを取るといいでしょう。


私もそうですが、知識や経験を身につければつけるほど、今度は人に「教えたい」という欲求がわいてきます。そんな人にはノウハウ情報発信系の副業である、ブログ、メールマガジン、教材販売、セミナーなどがお勧めです。さらに、その延長線上として、コンサルティング、塾・スクール、コミュニティ運営などの会員制ビジネスがあります。今すぐは難しいかもしれませんが、副業の先にはこういう世界も広がっているのです。


お勧めしたいのが、週末にセミナーに参加したり、コミュニティに入ることにより、先輩の大家さんと交流することです。自分の目指すべきモデルが見えると、がぜんやる気になるはずです。私自身、不動産投資を始めたのは「一人でもできる」ことが理由の一つでした。ですが、不動産投資によって多くの人とつながりができたことで、人と接したり、人に教えたりする楽しみを新たに見出すことができました。副業はお金だけでなく、自分の世界を広げてくれるものでもあるのです。


利点がわかっても実際に不動産投資を始める人は少数です。その最大の理由が「お金を借りる」ことへの心理的なハードルです。不動産は安くありません。区分マンションでも一千万円以上、アパート一棟買いなら数千万~数億円することもあります。自分はやる気でも、家族の反対に遭うこともあります。実は私自身、かつてこの「借金のハードル」に直面していました。そんな私が、今や43戸のオーナーとなり、その他の収入も合わせた年間収益は1億5千万円を超えています。それは途中で「マインドリセット」をしたためです。


私が最初の副業として不動産投資をお勧めしたい理由の一つは、日本全国どこにいても「アウトソーシング」できる体制が整っていることです。たとえばあなたが東京に住んでいて、沖縄で賃貸経営を始めても、何も困ることはありません。入居者の募集から物件の維持・管理まで、すべて管理会社に任せられるからです。不動産投資ですべきことは、「良い物件」を購入し、「空室を埋める」こと。この仕組みさえ一度作れば、あとは手間がかかりません。だから、本業をやりながらでも十分にこなすことができるのです。


ひと昔前であれば、それなりに名前のある企業に勤めていれば、一生安泰でした。しかし現在では、東芝のような日本を代表する大企業が経営不振に陥ったり、メガバンクが相次いで大幅なリストラ計画を発表するなど、その常識が通用しなくなっています。一方、会社側としても、多種多様な働き方への対応が求められており、副業を解禁するところが増えています。将来を考えると収入の分散化は必須であり、その環境も整いつつある。それが副業への関心につながっているのです。


副業といっても様々です。もちろん、自分がやりたいものをやればいいと思います。私がお勧めするのが「どんな副業をするにせよ、まずは不動産投資から始める」というモデルなのです。「最初の副業」として不動産投資が最適な理由はいくつかありますが、一つはその安全性。「不動産」は国家が認めている資産です。たとえば株式は素晴らしい投資手段ですし、私自身も実践しておりますが、購入した会社が上場廃止になれば、価値はゼロになってしまいます。けれども不動産は、建物は築年数により価値が目減りしますが、土地の価格がゼロになることはまずありません。もう一つは利回りの高さです。家賃収入から経費などを差し引いて、実際に手元に残る利益を指す「ネット利回り」は、うまくやれば都心で4~8%、地方なら8~11%は狙えます。現在、国際的な基準とされている米国債の金利が2~3%ですから、いかに高い利回りかがわかると思います。


小林昌裕の経歴・略歴

小林昌裕、こばやし・まさひろ。日本の不動産投資家、副業コンサルタント。「副業アカデミー」学長、「レベクリ」代表。大学卒業後、建築材料メーカー営業などを経て不動産投資を開始。その後独立し、複数の収入源を構築。著書に『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』『ふがいない僕が年下の億万長者から教わった「勇気」と「お金」の法則』。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

私は幼少期から民主主義に疑問を抱いていました。終戦がきっかけです。私たちの世代は戦後、学校の先生から民主主義の大切さを学びました。ですが、戦中に「鬼畜米英」と叫んでいた大人たちが、いきなり民主主義をあがめるようになったことに、子供ながら違和感を覚えました。大体、日本に民主主義を根付かせようとしていた連合国軍のダグラス・マッカーサー最高司令官も、その統治手法は独裁的でした。私は決して歴史上の独裁者を礼賛しているのではありません。ただ民主主義はどこか胡散臭い。特に経営にはなじまないと思っています。ですからエステーを率いることになった時、迷わず独裁者になろうと決めました。


松本大

川下ではなく川上の情報を得るために、大勢の人とコミュニケーションをとらなければならないとは思っていない。むしろ数人規模のコアな友人、知人のグループを持つだけのほうが役立つことが多い。もしグループの中に目当ての専門家がいなくても、知人の伝手(つて)を辿って別の専門家を紹介してもらえばいい。


古川健介

「スケジュール管理というタスク」になると負荷になってしまうので、会議など出なきゃいけないもの以外は予定は組まないんです。それ以外はパソコンの前になんとなく座っているんです。


松本徹三

AIは悪魔にも神にもなる可能性を秘めています。シンギュラリティは(人間と同等以上の知能・知性を有する)汎用型の誕生が前提となるわけですが、今はまだ、実現のメドは立っていない状況です。ただ、100年先になるかもしれませんが、シンギュラリティは必ず訪れるでしょう。論理的には、実現可能なのですから。その日に向けて、我々にとって最も大切なのは、どのようなAIを作り上げていくかをしっかり議論していくことです。併せて必要なのが、その前段階における変化に対しての準備です。


古森重隆

男性の場合、闘志を維持するには筋肉が大事。私は、週に一回、日曜日にジムに行って汗を流して、重いものを担ぎ上げたりしているんです。「マッスル・インテリジェンス」ですよ。「おい、どうする、やるのか?」と問いかけたら、筋肉が「やるんだ、打ち破ってみせる」と答える。頭だけではなくて、頭と筋肉が一体になって決断する。私は、格闘技もしていましたから。


ケリー・マクゴニガル

過ちや失敗はすべての終わりではないし、恥や不名誉の原因でもない。過ちや失敗とは、その対処法を見つけ出し、最善のアクションを取るためのきっかけに過ぎない。


朝原宣治

今思えば、痛みの発生は、トレーニング法などの「努力の方向性に問題がある」というシグナルでした。しかし当時の私は、練習を休むことが怖く、順調に積み上げてきたものを見直したり、リセットしたりする勇気がなかった。
【覚え書き|左足首を疲労骨折してしまった当時を振り返って】


井上礼之

M&Aは人材を育成する絶好の機会とも言えます。OYLを買収した時の話です。買収調印直後に技術、製造、販売及びコーポレート部門の中から、第一線で働いていた中堅社員290人を結集し、シナジー創出ワーキンググループのメンバーに任命しました。彼らは買収相手と融合し、成果を生むという、経験したことがないテーマに集中的に取り組みました。OYL側のメンバーとの対話や議論を通じて、直接「異文化」に触れ、これまで希薄だったグローバルな感覚を磨いていったのです。立案した計画を実行に移す局面では、予想外の事態に直面したことも珍しくありませんでした。しかし、そうした経験によって、多くのメンバーが突破力を身につけ、グローバル人材として成長しました。


塚本隆史

人材育成には、オン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)で上司の背中を見て学ぶという側面を重視しています。つまり私をはじめ、上に立つ者は全員、お客様第一主義の姿勢、あるいは変革に挑戦し続ける姿勢を見せ、全組織に浸透させていく必要があるのです。


ジョエル・ティリングハスト

日本は小型株の投資家にとっては素晴らしい市場だ。米国よりも人口が少ないのに、米国に比肩するほど多くの小型株が上場しているからだ。この点は他の国の小型株も同じだが、米国に比べてアナリストにカバーされている小型株が少ない。また、他国に比べて日本は詐欺師まがいの悪質な経営者が少ない。これも私が日本の小型株を強く選好する理由の一つだ。


伊集院静

前の女房(夏目雅子)の死の直前、好きな食事をさせたいと銀座に買い物に出かけました。でも最後に飲ませてやりたいと思ったワインは、お金がなくて買えませんでした。天下の女優に中程度のワインを飲ませてやることができなかったのです「もう少し高いワインを飲ませてやりたかった」。彼女が死んだ後、悔やみながら、ある決心をしました。「自分が死ぬまでの間に、二度とお金に揺さぶられない人生を歩む」と。その時に自分にお金があろうとなかろうと、どんなに現金を積まれても「それがどうした」と微動だにしない。そうした姿でいられる人間になると。同時に一切の物欲を捨てましたこれ以上はない命を救えなかった自分には、命以外の物を求めようもないと思ったのです。こう覚悟してからは、不思議なもので自然とお金が入ってくるようになりました。でもお金が入っても全て吐き出すから、税理士からは経費の使い過ぎと注意されます。


隈研吾

現代建築はシンプルでノイズが一切ない「ミニマル」が追求されてきましたが、これからの空間はノイズのある世界になっていくと僕は思っている。ここは照明が何種類もあって、空調機が見えていて、ほどよくガチャガチャしている。こういう空間に自分というノイズが加わっても気にならない。だから落ち着くんです。