名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林敏(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林敏(経営者)のプロフィール

小林敏。日本の経営者。プラスチック製品メーカー「コバヤシ」創業者。小林商店(のちのコバヤシ)を設立。

小林敏(経営者)の名言 一覧

手抜きをしてはダメだ。準備を万端にし、後は状況判断を的確にすることが生き残りの道だ。


大いなる飛躍より着実なる前進を。


人間の促成栽培はできないぞ。


小林敏(経営者)の経歴・略歴

小林敏。日本の経営者。プラスチック製品メーカー「コバヤシ」創業者。小林商店(のちのコバヤシ)を設立。

他の記事も読んでみる

松本幸夫

まず間違いを犯しやすいのが、仕事の内容をリストアップするときです。このとき、やるべきことを羅列するだけでは、締め切りを守れるようにはなりません。仕事には「自分だけで完結できる仕事」と「ほかの人が関わる仕事」の二種類があります。前者は自分でコントロールできますが、後者は関わる人の都合によって左右される流動的なものです。突然の予定変更が起きる可能性もありますから、「自分だけで完結できる仕事」と同じように段取りを組むと、スケジュールが遅れる要因になります。ですからあらかじめ、この2つを区分しておく必要があるのです。手帳に書き込む際には、色分けをするとより分かりやすいでしょう。


盛田昭夫

うちは絶対にレイオフしちゃいかん。利益が下がってもいいから、全員をキープしろ。その代わり、不景気の間を利用して社員教育を行う。
【覚書き|オイルショック時にサンディエゴ工場のマネージャーに言った言葉。クビを切らず、社員教育を徹底したおかげで、中核社員が育ち、社員のモラルとやる気が大きく向上した】


山之内秀一郎

科学技術において、失敗は必ずあるもの。それを乗り越えてこそ、本当の技術だというのが私の技術者としての持論です。飛行機にしても、鉄道にしても、失敗の経験を生かし、技術を高めてきたからこそ今日の発展があります。


稲盛和夫

あの人は素晴らしい人だったと、どうすれば心から言ってもらえるようになるのでしょうか。家の書斎が宗教と哲学の本で埋まるくらい本を読みました。それでも疑問が消えず、禅寺に通い、在家ではありますが仏門に入りました。そこで改めて気づいたのが、心を美しくするにも一心不乱に仕事をする、どうもそれしかないなということでした。


ヒラリー・クリントン

聖書にもあるように善を行うのに飽いてはいけません。やがて時期が来れば、作物を収穫できるのですから。それぞれに信念を持ち、飽いたり、心が折れたりしてはいけません。やがてより多くの機会が訪れ、より多くのやるべき仕事がそこにあるのですから。


佐藤浩市

先輩のアドバイスには、自分のどこを反省して自分の糧にできるのかという「財産」が眠っている。


伊藤正裕(起業家)

私の場合、調子のいいときは、思い切って無理をします。何をやっても成果が出ないときや、やる気が出ないときは、何もしないでじっとしてやり過ごせばいいのです。このメリハリが身につくと、自然と「アクセルを踏むタイミング」がわかるようになります。


ルディー和子

企業戦略が失敗する原因は、結局は感情の問題。社内のしがらみや他社へのライバル意識、自分に都合のよいデータ解釈、そういったことが合理的な判断を狂わせたのです。


荒井裕樹

最近では徹夜してまで終わらせるということはないですね。徹夜をすると生活リズムが崩れてしまい、悪影響の方が大きいですから。土日は家で家族と過ごすのを大前提にはしていますが、ときには月曜締め切りの仕事をやむを得ず片づけていることもあります。


菊川剛

これまでのビジネスマン生活でつらかった経験というと、日本でビデオ事業から撤退した時のことです。85年に日本に帰国して、第一営業部の副部長に就任後、ビデオ事業を担当したんです。ビデオ事業は他社からOEMを引き受ける形で行っており、オリンパスとしての付加価値がつけられず、差別化ができなかった。当然、価格競争にも勝てなかった。最後はもう、叩き売るしかなくなったんです。


ピーター・ドラッカー

多くの人にとって、マネジメントと言えば企業経営を意味する。だがそれは、単にマネジメントが最初に現れたのが大企業だったからにすぎない。50年ほど前、マネジメントの研究に取り組んだとき、私も企業のマネジメントに焦点を当てていた。しかしやがて、企業であれ企業以外であれ、あらゆる近代組織において、マネジメントの研究に取り組んだとき、マネジメントの必要性が明らかになっていった。


和田秀樹

カネを使わないで支出を減らすことばかり考えていれば、貧乏スパイラルに陥る。僕は皆さんにぜひ贅沢することを勧めたい。借金してまで贅沢しろとは言いませんが、贅沢をすれば、稼ぐマインドが生まれるからです。あえて高級な寿司屋や焼肉店に行ってみましょう。普段よりはるかに美味しい寿司や焼肉を口にすれば稼げばこんなにいいことがあると感じられるはずです。それをモチベーションにすればいい。