名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林幸雄(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林幸雄(経営者)のプロフィール

小林幸雄、こばやし・ゆきお。日本の経営者。「大鵬薬品工業」社長。埼玉県出身。明治薬科大学卒業後、大塚製薬工場に入社。営業部長代理などを経て大鵬薬品工業を設立。また、ニチバン会長、大塚製薬社長を務めた。

小林幸雄(経営者)の名言 一覧

銀行は、何でも金で買うと言うけれど、社員の心は金では買えない。


たとえ思想や文化、風習が違っても、同じように楽しい時間を分かち合える。


振り返って思うのは、若さには何ものにも代えられない力があるということ。生意気で鼻っぱしも強い時期でしたが、それがあったからこそ、未知の世界に突き進み、新事業を開拓できたのだ思います。


私自身、ソ連で「フトラフール」と出会ったとき、「この製品はいける」という直観的なものがありました。確たる自信があったわけでも、何か根拠があったわけでもありません。ただ、ある程度の知識があり、「いける」という確信がありました。おそらく、それが目利きということなのだと思います。


80歳を超えた今、当時(冷戦時代に社会主義国を飛び回っていた頃)を振り返ると、よくそんな所へ行っていたなと思います。若い頃というのは、リスクを考えて尻込みするより、チャレンジする精神が勝るものなのです。


幸運にも2つのブロックバスター(大ヒット新薬)に携われた歴史を振り返り、感じることがいくつかあります。それは、うわべで判断するのではなく、視点を広げ、いろいろな角度から判断すること。運を成功につなげるためにも、人脈を広げ、出会いを大切にすること。そして、いろいろな反対意見が出る中でも信念を持って前進することです。


金融機関の考え方としては、「面倒なので壊してから経営に参画したほうがいい」となりますが、我々のように事業を手掛けている身からすれば、「倒産した会社を再建するほうが難しい」。一度倒産してしまうと、商権が失われ、失ったものを集め直すには、相当な努力が必要になりますから。


ニチバンの再建に全力を尽くす思いでしたが、銀行が反対したとおり、組合問題で大変な苦労をしました。組合が依然として強い影響力を持っていたのです。その結果、私が経営に参画してニチバンを再建するまで、6年の月日を要しました。その6年間を耐えてこられたのは、経営者としての意地としか言いようがありません。もし再建できなければ、「それ見たことか」と言われるに決まっています。「あの時、反対したじゃないか」、「やめておけと言ったのに、おまえがやると言ったんだ」と言われることは確実でした。通常の会社の再建ではなく、四面楚歌の中、再建に乗り出した会社である以上、必死の思いでした。


大手はすべて、資本主義の自由圏に出て事業をしていました。後追いの企業として、同じ土俵で戦おうとしても、出遅れは否めません。そこで、私は、まだ他社が進出していない社会主義国に注目しました。アメリカだけでなく、西ドイツ、イギリス、フランスなどの自由圏の大国は、すでに他社がコネクションを作っていました。大手がすでにコネクションを作っている中で、我々が行っても相手にしてもらえない。だとすれば、スイスやポルトガル、スペインなどの比較的小さな国、そして鉄のカーテンで閉ざされ、未踏の地である共産圏であれば、何かあるだろうと考えました。閉ざされた世界で、医療や医薬の水準もわかりません。しかし、他社とは異なる戦略で、大鵬薬品のポジションを確立しようと、共産圏の研究所を回り始めたのです。


小林幸雄(経営者)の経歴・略歴

小林幸雄、こばやし・ゆきお。日本の経営者。「大鵬薬品工業」社長。埼玉県出身。明治薬科大学卒業後、大塚製薬工場に入社。営業部長代理などを経て大鵬薬品工業を設立。また、ニチバン会長、大塚製薬社長を務めた。

他の記事も読んでみる

岩崎夏海

サラリーマンにとって、じつは上司も顧客になる。


サミュエル・スマイルズ

鉄を熱いうちに打つだけでなく、鉄を熱くなるまで打ち続けなくてはいけないのである。


名越康文

趣味を持っていると、仕事が上手くいかない時期があっても、それほど落ち込まずにすみます。仕事一筋の人は、仕事で失敗すると自分の全人格が否定されたと受け止める傾向があります。一方、趣味の分野で成果が出ている人は、仕事で失敗してもアイデンティティが揺るぎません。仮にスランプに陥っても、趣味の世界に緊急避難して「自分はまだ大丈夫」と勇気付けることができるため、再チャレンジしやすいのです。


江上治

コストパフォーマンスを改善するためには、現実を直視することから始めなくてはなりません。そこで私が勧めるのは、自分の日常生活を細大漏らさず書き出してみることです。家計簿とともに、一日の時間をどれだけ使ったのかを記す時間簿もつけてみるといいでしょう。次に、その記録をもとに時間とお金の使い方を客観的に分析するのです。数値を通して現実を分析することで、改善の糸口が見えてきます。


榊原健太郎

シリコンバレーでも日本でもそうですが、成功するスタートアップはメチャクチャ働いています。3年間は、睡眠時間は3時間位というのが当たり前です。


外山滋比古

知識を詰め込む教育、仕事は、いまやコンピュータに取って代わられました。昔は子供ができると百科事典の営業マンがやってきて、「お子様がこれだけの知識を学べば、きっと将来は大学の先生や大臣になれますよ」とそそのかし、夢を見た親は高い買い物をしたものです。しかし、現代社会でものを知っている人間が優れている、知的に発達した人間だと思うのは大きな間違いです。


安藤徳隆

我々は食品メーカーですので、「安全・安心」へのこだわりが最優先です。そのうえで、マーケティングにしても技術力にしても、一歩先を行く企業でありたい。


大久保薫(経営者)

会社設立後も2~3年はまだ土地の仕入れや販売をメインに行っていましたが、カインドエステートという会社名にしたことで、賃貸仲介のお客さんが来店するようになったのです。最初は事務の女性を一雇用したのですが、それでもどんどん忙しくなってきて社員を増やしていくうちに徐々に事業も賃貸へシフトしていきました。そこで気付いたのが、「売買よりも賃貸の方が堅い」ということ。基本的に商談したその日のうちに成約することが多いですし、売り上げや利益といた数字も見通すことができます。売買はなかなかそれが分からない。


松永安左エ門

生来私はものごとに満足できない人間で、一応上手くいっている事業を見ても、時代に遅れてはいないかとか、革命的な技術が出たらどうなる、順調のようでも波乱が潜んでいる。というふうに、常に反対側の面が目につく男で、そう思ったら思った通りを口にし、筆にしてきた。


西澤ロイ

もしあなたが、「英語は頑張って勉強するものだ」と感じているなら、それは主に学生時代に染みついた「英語の勉強はたいへんだ」という嫌なイメージがあるからです。こうしたマイナスイメージを払拭できれば、英語学習は格段にやりやすくなります。


苅野進

「例外が発生したから、これは失敗だ」で終わらせるのではなく、例外が発生した原因や理由を理解し、改善するというステップにつなげなければ、成果は出せません。このサイクルを速いスピードで回し続け、意思決定の精度をどんどん上げていくことが、目指すゴールに到達する一番の近道なのです。


笹嶋敏之

当社はニッチな市場で生きてきました。小さな業界ですが、業界内での製品開発力は群を抜いていると自負しています。ナカ工業が常に進化している、面白い会社であると市場に認知させることができれば、建材業界も活性化してくると思います。