名言DB

9412 人 / 110637 名言

小林幸雄(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

小林幸雄(経営者)のプロフィール

小林幸雄、こばやし・ゆきお。日本の経営者。「大鵬薬品工業」社長。埼玉県出身。明治薬科大学卒業後、大塚製薬工場に入社。営業部長代理などを経て大鵬薬品工業を設立。また、ニチバン会長、大塚製薬社長を務めた。

小林幸雄(経営者)の名言 一覧

銀行は、何でも金で買うと言うけれど、社員の心は金では買えない。


たとえ思想や文化、風習が違っても、同じように楽しい時間を分かち合える。


振り返って思うのは、若さには何ものにも代えられない力があるということ。生意気で鼻っぱしも強い時期でしたが、それがあったからこそ、未知の世界に突き進み、新事業を開拓できたのだ思います。


私自身、ソ連で「フトラフール」と出会ったとき、「この製品はいける」という直観的なものがありました。確たる自信があったわけでも、何か根拠があったわけでもありません。ただ、ある程度の知識があり、「いける」という確信がありました。おそらく、それが目利きということなのだと思います。


80歳を超えた今、当時(冷戦時代に社会主義国を飛び回っていた頃)を振り返ると、よくそんな所へ行っていたなと思います。若い頃というのは、リスクを考えて尻込みするより、チャレンジする精神が勝るものなのです。


幸運にも2つのブロックバスター(大ヒット新薬)に携われた歴史を振り返り、感じることがいくつかあります。それは、うわべで判断するのではなく、視点を広げ、いろいろな角度から判断すること。運を成功につなげるためにも、人脈を広げ、出会いを大切にすること。そして、いろいろな反対意見が出る中でも信念を持って前進することです。


金融機関の考え方としては、「面倒なので壊してから経営に参画したほうがいい」となりますが、我々のように事業を手掛けている身からすれば、「倒産した会社を再建するほうが難しい」。一度倒産してしまうと、商権が失われ、失ったものを集め直すには、相当な努力が必要になりますから。


ニチバンの再建に全力を尽くす思いでしたが、銀行が反対したとおり、組合問題で大変な苦労をしました。組合が依然として強い影響力を持っていたのです。その結果、私が経営に参画してニチバンを再建するまで、6年の月日を要しました。その6年間を耐えてこられたのは、経営者としての意地としか言いようがありません。もし再建できなければ、「それ見たことか」と言われるに決まっています。「あの時、反対したじゃないか」、「やめておけと言ったのに、おまえがやると言ったんだ」と言われることは確実でした。通常の会社の再建ではなく、四面楚歌の中、再建に乗り出した会社である以上、必死の思いでした。


大手はすべて、資本主義の自由圏に出て事業をしていました。後追いの企業として、同じ土俵で戦おうとしても、出遅れは否めません。そこで、私は、まだ他社が進出していない社会主義国に注目しました。アメリカだけでなく、西ドイツ、イギリス、フランスなどの自由圏の大国は、すでに他社がコネクションを作っていました。大手がすでにコネクションを作っている中で、我々が行っても相手にしてもらえない。だとすれば、スイスやポルトガル、スペインなどの比較的小さな国、そして鉄のカーテンで閉ざされ、未踏の地である共産圏であれば、何かあるだろうと考えました。閉ざされた世界で、医療や医薬の水準もわかりません。しかし、他社とは異なる戦略で、大鵬薬品のポジションを確立しようと、共産圏の研究所を回り始めたのです。


小林幸雄(経営者)の経歴・略歴

小林幸雄、こばやし・ゆきお。日本の経営者。「大鵬薬品工業」社長。埼玉県出身。明治薬科大学卒業後、大塚製薬工場に入社。営業部長代理などを経て大鵬薬品工業を設立。また、ニチバン会長、大塚製薬社長を務めた。

他の記事も読んでみる

井上雄一

どうしても眠れないときは寝床を離れてリラックスし、本当に眠くなってから寝床へ行くようにしてください。眠れないと思い込むと、よけいに不安が高じて眠れなくなります。


ジェイ・エイブラハム

私は多数の会社の状況を調べてみました。ほとんどの会社は社員の能力の2割しか活用していません。つまり会社にとって最も大切な財産を5倍にすることができるのに、何もしていないのです。


池本克之

部下に話す際は、要点をまとめて話すこと。人の時間を奪って、長々と話す上司は少なくないですが、その間何も生み出していない。まとめて話したほうが伝わります。


友野紀夫

少子高齢化でも、今後大きく成長する保険はあるのです。これはすべてお客さまのニーズに沿ったものです。お客さまが自分で保険を選ぶ時代になりつつありますから、そこに対して当社は商品力で勝負したい。


芥川龍之介

人生はひと箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。


五十嵐大介

自分は自分の出来ることしかできないんですけど、それが漫画の幅のひとつになってくれていれば少しは貢献できるのかなっていうのはありますね。


鈴木康夫(経営者)

よく「時価総額を意識して経営しよう」と言いますよね。時価総額って、売上高や利益といった経営指標で大体は決まりますが、その会社が適切な人材育成をしていたら、プレミアムがつくと思うんです。ですので、人材育成をきちんとやるという意味で、私は「時価総額を意識しよう」という言葉を使っています。


橘玲

もちろん長く読まれる、普遍の真理を著した名著は少なくありませんが、成功者が個人の体験だけをベースにして「私はこうやって成功した。だからあなたも」と説く本も多い。その人が成功したからといって、読者が同じことをして成功するとは限らない。


城繁幸

マニュアル化できないアナログの蓄積が必要な仕事は得てして面倒なものだし、すぐに成果に結びつくわけでもないので、普通は誰もやりたがりません。しかし、だからこそ積極的に手を挙げる価値があります。そういう意味でも、ぜひ自分から難しい仕事にチャレンジすべきです。


木村惠司(木村恵司)

ビジネスは日進月歩の勢いで変化しています。ふと立ち止まるだけで、変化についていけなくなりかねません。この激動の中で、チャレンジする精神を持ち続けることは、たしかに容易なことではありません。そのために必要なのが、先見力、先を見通す力です。ライバルたちより一歩先を読めれば、優位に立つことができるはずです。気持ちに余裕も生まれます。


マハトマ・ガンジー

幸せとは、自分が考えていること、言っていること、そしてやっていることが調和しているときのことを言います。


湖中謙介

他社もオーダーの店舗を増やすという話は聞こえてきています。それでも既製服とは違って、オーダースーツでは店ごとの個性が出やすいので、差別化はできると思います。当社の差別化ポイントは総合力です。少々面倒なオーダーでも納期が延びず、総じて高いレベルのサービスを提供できます。この総合力を支えているのは生産力です。当社は創業以来、生産直販体制を貫いてきた。これはなかなか他社ではマネができないのです。


中嶋茂夫

世の中には似た商品やサービスを提供する企業が数多くあります。そこで選択の決め手になるのは、商品やサービスを提供する側の「人となり」です。人柄や創業の志、趣味などを発信し、共感してくれる人を増やせば、ビジネスにもプラスに働くはずです。


小倉広

外発的動機づけは、報酬・昇進・称賛などを得るために、あるいは減給・左遷・叱責などを避けるために頑張るといった、外から与えられる条件により起こるもの。しかし、外発的動機づけには限界があるため、上司などに依存する非自律的人間を生んでしまいます。


出口治明

いくら強い志があっても一人では何もできませんから、なぜそう考えるのか、どうすれば理想を実現できるのかを、人に説明して共感を得る能力が必要です。