小林宏治の名言

小林宏治のプロフィール

小林宏治、こばやし・こうじ。日本電気(NEC)会長。工学博士。東大工学部電気工学科卒業後、日本電気(現:NEC)に入社。社長、会長まで登りつめる。エレクトロニクスの発展にはC&C(コンピューターと通信)の融合が必要だと世界に先駆けて提唱。NECの世界的発展に大きく寄与する

小林宏治の名言 一覧

いったん自分なりの態度を決めると、あとは気持ちの上で楽になる。


事業部制は組織を垂直方向でなく、水平方向に発展させようという試みである。


技術は若さから生まれてくるものであり、創造的な活動をなしうるのは、学校を出てからの10年前後、技術によっては5年程度がクライマックスであろう。


経営の心得10箇条

  1. まず紙の上に自分の考えを描いてみよ。地図やシナリオは、挑戦への道しるべとなる。
  2. 心の中に時間軸と空間軸を持ち、自らの置かれた立場を理解せよ。
  3. 安定な企業は不安定で、不安定な企業は安定であると心得よ。
  4. チーム・ワークは一人一人の力を倍加させる。古い諺にも三人寄れば文殊の知恵と言われていることを忘れるな。
  5. 思考の過程においては、一方向的ではなく(双方向的な)フォードバック・グループを作ることに留意せよ。
  6. 事業においては、物事の多くが、点から線へ、線から面へと発展してきている。たとえば、マーケティングとテクノロジーは、マトリックス構造を形成していると心得よ。
  7. 集中と分散、全体と部分など、物事の両面性の特質を考え、バランス感覚を常に養え。
  8. ますます増大する知識、情報の波に押し流されることなく、選択の力を持て。この際、大切な情報は姿を見せないものと心得よ。
  9. 自助の精神、セルフ・ヘルプが人間と社会の発展の原動力であると理解せよ。
  10. 人も事業もその長所と潜在力を伸ばし、庭師の心を持って育成に当たれ。一人前にするには、10年20年はかかる。

人の歩かない道を歩くには、大変な勇気がいる。誰かに援助してもらう、というのでは企業の体を成さないし、セルフ・ヘルプの精神がやはり必要である。


事業には起伏が免れないが、少なくとも一つの事業が育つには20年や30年はかかる。たとえば日本電気(現:NEC)で行っている半導体事業、これが外国との技術開発競争において、世界のトップクラスになるまで30年かかっている。


松下さんともあろう人が、この有力な未来部門に見切りをつけるとは、いかにも残念。コンピュータは今でこそソロバンが合わないが、これは将来必ず、家庭電器の分野にも不可欠なものになる(小林宏治、こばやしこうじ、日本電気(現NEC)社長・会長、日本工学アカデミー会長、勲一等旭日大綬章受賞者、NEC中興の祖と評される、コンピューターと半導体を主軸に事業を展開)


変化を肯定し、これに先手を打ってダイナミックに行動する。世の中は刻々と変わっている。企業だけが安定を求めることはできません。強いて安定を求めると時代についていけなくなり倒産します。(小林宏治、こばやしこうじ、日本電気(現NEC)社長・会長、日本工学アカデミー会長、勲一等旭日大綬章受賞者、NEC中興の祖と評される、コンピューターと半導体を主軸に事業を展開)


小林宏治の経歴・略歴

小林宏治、こばやし・こうじ。日本電気(NEC)会長。工学博士。東大工学部電気工学科卒業後、日本電気(現:NEC)に入社。社長、会長まで登りつめる。エレクトロニクスの発展にはC&C(コンピューターと通信)の融合が必要だと世界に先駆けて提唱。NECの世界的発展に大きく寄与する

他の記事も読んでみる

樫尾和雄

ニーズに合わなければどんな技術を入れてもダメ。


ビリー・ブランクス

この場所へ心が導いてくれた。明日の場所へ心が導いてくれる。


川上量生

YouTubeやmixiみたいに、普通はカッコイイ名前をつける。逆に、うちは「いかにも怪しい名前」にしようと。イメージとしては消費者金融。「ニコニコローン」とか、かわいらしいけど逆に怖い。そんな胡散臭さがユーザーの興味になるかなと。あとは様々な問題で叩かれにくい名前にした面もあります。真面目な会社の重役会議で「YouTubeはけしからん!」って言いやすいけど「ニコニコ動画、けしからん!」って、口にするのが恥ずかしくなるでしょ?


大谷將夫

バランス感覚こそが優れたリーダーの要件ではないでしょうか。大胆さと繊細さ、優しさと厳しさ、理想主義と現実主義など、両極端と思われる性質を併せ持ち、本人の中で自然に両立しているのがバランス人間です。


佐伯信行

事業スキームを考え、事業モデルを精査していくのが我々の仕事ですが、お客様に一方的に押し付けることはしません。お客様の求めているもの、求めるであろうものを先に出していきます。


山﨑敦義(山崎敦義)

グローバルで勝負できる事業をしてみたかったし、もっとわかりやすく世の中の役に立ちたいという思いもありました。あと、僕は孫正義さんが大好きで、孫さんの講演で「兆のつく仕事をやれ」と聞いたことも大きかった。自分の損得を考えているだけでは、せいぜい100億~1000億円の事業にしかならない。本当に世の中のためになる事業なら兆になるから、そこを目指すべきだとおっしゃったんです。そうなると建築とは別のことにチャレンジしないといけないなと。


前田新造

これまでの販売ノルマを撤廃したり、お客様の評価を取り入れたりということになると、当然売上が落ちることも考えられます。しかし、売上が一時落ちても構わない、というコミットメントをトップが示さなければ、BC(美容部員)は目先の数字に追われ続けるだけです。また、いくら「解は店頭にあり」といったところで、販売第一線の努力に頼るだけでは学習する組織は作れません。


石田宏樹

イノベーションをなくしては成長できない。


西上雅章

大阪の庶民だけでなく、入場者の7割を占める府外の方たちからも愛された通天閣というハードを生かすのには、展望台に上ってもらうだけでは明らかに魅力不足でした。そこで大阪ならではのコテコテのソフトを取り揃えていくことが、復活の一番の近道だと判断しました。


高田明(ジャパネットたかた)

会社としてお客様への責任を果たし、スピード経営で生き残っていくためには、やはり自前で行うのが一番。


野村修也

不祥事が起きた際には、自己保身に走るのではなく、社員一人ひとりが「お客様のために何ができるか」をまず考えること。さらに、その価値観を全社で共有することが大切です。


岡野雅行(岡野工業)

依頼が来たとき、採算は度外視してやってみる。失敗を重ねても、最終的に完成させる。これが技術なんだよ。コスト意識が強かったり、最初からできないと思う奴が多すぎる。おかげで、あたしには大きな仕事がくるんだけどね(笑)。


次原悦子

PRの切り口は様々です。「そんな宣伝はうちのイメージに合わない!」と硬く考えず、商品やサービスのイメージを膨らませると、効率のいいPRにつながります。


横山貴子(経営者)

いわゆる味噌、醤油、ぬか漬け、麹漬け、甘酒など、昔からある食、いわゆる原点はすたれないと思う。


湯浅和夫

私がコンサルティングした会社では、具体的に欠品や不良・過剰在庫の実態を示すことで、ロジスティクス導入への意識が一気に高まった例もあります。売れないものを運ぶ費用、物流拠点の保管料など、無駄を可視化して数字化することは有効です。


ページの先頭へ