名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小林吟右衛門(初代)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小林吟右衛門(初代)のプロフィール

小林吟右衛門(初代)、こばやし・ぎんえもん。江戸時代の豪商。寛政10年生まれ。繊維商社「チョーギン」創業者。屋号は丁字屋(のちのチョーギン)。「丁字屋の吟右衛門」を省略して丁吟(ちょうぎん)と呼ばれた。天秤棒での網笠行商から始めて巨万の富を築いた商人。その後、代々の当主が「吟右衛門」の名を襲名した。

小林吟右衛門(初代)の名言 一覧

勤勉に加えて幸運に恵まれることも大事なこととして考えなければならない。ただし、初めから欲にかられて儲けようと思っても無駄であり、何の得にもならない。


たとえ天秤棒を担ぐ小商人であっても、自分のことばかりでなく、世の中の一員としての自覚を持つことが大切だ。不義理や迷惑をかけないように、絶えず周囲や世間の人のことを思いやり、労苦を厭わず懸命に働けば、立派に一人前の商人として認められる。やがて相当の資産を築くこともできるものである。


小林吟右衛門(初代)の経歴・略歴

小林吟右衛門(初代)、こばやし・ぎんえもん。江戸時代の豪商。寛政10年生まれ。繊維商社「チョーギン」創業者。屋号は丁字屋(のちのチョーギン)。「丁字屋の吟右衛門」を省略して丁吟(ちょうぎん)と呼ばれた。天秤棒での網笠行商から始めて巨万の富を築いた商人。その後、代々の当主が「吟右衛門」の名を襲名した。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーとは自分の夢をどんどん語ることができ、しかもみんなの力を借りながらそれを実現することができるというポジションなのだ。これほど素敵なことがあるだろうか?これこそ毎日フル回転で働こうとも心の中から実感できる幸せな生き方ではないだろうか。皆で分かち合える喜びや楽しみのデカさは一人で何かに取り組む時の比ではない。


森島洋太郎

製造業においても、ハードばかりでなくソフト面での勝負が重要になる中、今後は技術者であっても、分野を横断した幅広い知識を身に付け、それを柔軟に生かす能力が求められる。


小泉純一郎

人は他に頼らず、何事も独力で行うことによって自分の尊厳を保つべきなのです。そして、そうした一人一人が独立した生計を立てることによって、一国というものも独立するのです。つまり、一身独立して一国が独立する、ということです。そのためには、まず努力・向上心によって自らの身を立てていかなくてはなりません。


井田哲郎

私なりに2つのキーワードをマネージメントの基本としています。ひとつは「リスペクト」。成功体験のある人ばかりなので、働く場所もその人のやりやすいところでいい。それぞれのワークスタイルを尊重しています。もうひとつは、その裏返しとなる「アカウンタビリティー」。ボトムのアカウンタビリティーを明確にしておくことは、ビジネスを進める上で重要です。


大工富明

初対面の相手を笑わせるには、当たり前に聞こえますが、まず内容以前に「元気よくハッキリ声を出す」ことが大切。話が聞きとりにくいのは致命的です。その後は「素早く共通の話題を探す」ことでしょう。自分だけが知ってるマイナーな話をされても、その絵が思い浮かばなければ笑えません。全く知らない相手でも、国民的アニメなり、学校でよくある出来事、場合によっては世代や地方色など、お互いが共有できることはありますし、そこから笑いは生まれます。


中村邦晴

座右の銘「まことに日に新たに、日々新たに、また日に新たなり」は「今日より明日をよくしよう」の意味だが、今日を精一杯生きなければ明日はよくならない。思いを伝え、仲間を元気づける。それを社長の基本として、日々精一杯生きようと心を新たにしている。


窪田良

過去に様々な研究者を見てきましたが、仮説自体が間違っているというより、自身の仮説を信じることができないために諦めてしまう場合が少なくありません。


島津貴久

侍どもの中で、番狩・普請やその他の役務の間の日には、ただぶらぶらしておらずに、主人・家の子・女までも、朝早くから農業にいそしんでほしい。


他力野淳

どの時代も必要とされたものが文化。町づくりを通してどう文化を残していけるかが我々のチャレンジ。それをビジネスを通して実現したい。これまでは施設単体での再生を成功させてきたが、これからはエリアとしての開発に注力、魅力ある町づくりを仕掛け、社会的価値を創り出していきたい。


成毛眞

会社で苦労しても報われないのなら、仕事を適当にやって楽しく生きる。私はこれも一つの生き方だと思います。40代になって、出世のために時間を浪費するぐらいなら、趣味に時間を使うほうが余程生産的です。30~40代のうちから趣味に打ち込むことで、新たな収入源を確保することにつながるのです。1~2年興じたくらいではお金になりませんが、長年続けることで稼げる趣味に化けることも少なくないのです。


澤田秀雄

これまで取り組んできた事業を改めて見てみると、どれも他の人が当たり前だと思っていることを疑うところから始まっています。


佐久間俊行

私に圧倒的に不足しているのは経験です。とくに失敗の経験が不足しています。そのため、経営者やプロスポーツ選手など各界の一流の人たちとお会いしたとき、できるだけ失敗談を聞くようにしています。