名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小松節子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小松節子のプロフィール

小松節子、こまつ・せつこ。日本の経営者。小松ばね工業会長。東京都出身。跡見学園短期大学卒。子供のいなかった小松ばね工業社長の伯父の養女となる。専業主婦を経て、養父が死去したのち40歳で社長に就任。経営についてまったく知らないまま名義だけの社長になり、6年目で赤字を出し、危機感を覚え、一から経営を学び、同社を改革しはじめる。インドネシアに工場を建設。中小企業庁「元気なモノづくり中小企業300社」に選ばれる。

小松節子の名言 一覧

中小企業の場合、会社と社員は家族のようなもの。いかに信頼関係に基づいた一体感を築けるかが企業の力そのもの。


力を尽くしてやった結果、会社がつぶれるのならともかく、何もしないでつぶしたのでは父(養父)に申し訳が立たない。

【覚え書き|社長就任当時を振り返って】


問題がどこにあるのか繰り返し問い続け、改善を重ねていくしかない。


何事もやると決めたらとことんやる。これに尽きるのではないでしょうか。


経営者は、まず社員との信頼関係をいかに築いていくかが問われている。


社員たちはトップを常によく見ている。


知り合いの経営者に、「カネが落ちている」と指摘されて、ハッとしました。
【覚書き|社員たちに整理整頓を徹底させたきっかけを語った言葉。社長就任当初、工場内の整理整頓が行われておらず、機械は汚れ、製品も床に散乱していた状況だった。その後、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)を徹底し、同時に技術革新を進め、同社は赤字から脱した】


私の経営者としての使命は、美しいバランスシートを完成させること。そして、お客様への感謝の気持ち、社員への思いやりを忘れることなく、人間を磨き続け、この気持ちを次の後継者へ引き継ぐことです。あらゆる覚悟をもって、努力を惜しまず前進しなければ当社の未来はないと思います。


事業経営をしていく上で、国内工場も、海外工場も「ものづくりは人づくり」であると実感しています。社員には、ばね技術はもとより、人としての常識、思いやり、責任感、気配りの出来る感性豊かな社員に育ってほしいと願っています。


会社にいても社内をボーっと見てるだけでした。このまま何も知らされずに、結果責任だけを問われるのは嫌だと思いました。
【覚書き|養父から会社の株を相続された後、お飾り社長として会社に入ったときを振り返っての発言。このあと小松氏は経営の勉強を懸命に行い行動を起こした】


毎春、全3拠点に昇給金額の根拠やベースアップの有無の理由、手当の改定について、文書にしてきちんと説明します。納得して働いてもらうことが大切だからです。


モノ作りを手掛ける中小企業を取り巻く環境は厳しくなる一方ですが、すべての企業がダメになっているわけではない。確実に成長している企業はあります。ですから売上高が下がれば、それはどこかに原因があるということです。


100個作った時にもし不良品が出たら、どこが悪かったのか、作る過程を繰り返し見直し、徹底して問題を見つけ、解決していく。そうしたやり抜く粘り強さが不可欠。


その時に1個か2個作れたらいいということではありません。100個、1000個、1万個巻いても、すべてが完璧でなくてはいけません。でなければ製品とは呼べないからです。


技術を上手にこなすには練習しかありません。何度も失敗しながらも繰り返し練習する中で、初めて何が悪いかが見えてくる。そうした鍛錬を経て技術が身についてくる。


会社というものはお客様があってはじめて成り立ちます。お客様のお役に立てなければ、我が社は存在できません。品質も納期も、あらゆる面でお客様のご要望を受け止め、期待に応えるものを提供する必要があります。


経営者がお金の工面で走り回ることほど無益なことはありません。儲かった分をどんどんみんなに配分すれば一時的には喜ばれますが、配分するにも限度があります。会社継続のための内部留保はしっかり確保するという考え方でずっとやってきました。


小松節子の経歴・略歴

小松節子、こまつ・せつこ。日本の経営者。小松ばね工業会長。東京都出身。跡見学園短期大学卒。子供のいなかった小松ばね工業社長の伯父の養女となる。専業主婦を経て、養父が死去したのち40歳で社長に就任。経営についてまったく知らないまま名義だけの社長になり、6年目で赤字を出し、危機感を覚え、一から経営を学び、同社を改革しはじめる。インドネシアに工場を建設。中小企業庁「元気なモノづくり中小企業300社」に選ばれる。

他の記事も読んでみる

河上和雄

34年間、検事として刑事事件の捜査に携わってきた弊害なのかもしれないけど、どうしても人間というものに対して性善説はとれない。大多数の人間は、後天的な教育によって、かろうじて踏みとどまっているんじゃないですか。言いかえると、誰でも育つ環境、この環境というのは家庭と学校、それに近隣社会の3つなんですけどね。この環境次第で犯罪者にもなるし、立派な人間にもなれると。


武藤潤(経営者)

世界中の製油所を見て感じるのは、文化や習慣は国ごとに異なっても石油精製現場が抱えている課題は極めて共通性が高いということ。


小堀秀毅

いま言い続けているのは「三現主義」だ。杭打ち問題も、現場で起きていることを管理者が把握していなかったことがポイントになった。自ら現場に行き、現物を見て、現実を知ることを各層で積み上げていく。


鈴木喬(経営者)

消臭ポットを開発するとき最初は周りが反対しました。しかし当初、「絶対に売れない」と断言していた小売店からも、矢の催促で注文が届くようになりました。商品が革新的で常識外れだからこそ、反対されると思っておいた方がいいでしょう。


南原竜樹

(フィットネス事業は)最初、マンションの一室でできるようなビジネスモデルにしたのですが、最終的には大きなスペースでやるモデルに変更しました。これは独立を防ぐためです。たとえば寿司屋の有名店では、大将が場を離れた隙に、お客が目の前で握っている職人に「俺と一緒に寿司屋をやらないか」と声をかけることがよくあるそうです。マンションモデルは、300~400万円でできるモデルだったので寿司屋のような感じで実際に独立されたことも何度かありました。お客もトレーナーも紐付いているので、そのままついて行ってしまいます。「これはダメだな」と思い、7000万円くらいかかる事業モデルに作り替えたというわけです。


田坂広志

人の都合や予定を無視するのは、「自分の時間」を最優先に考えているからです。自分の時間を大切にしても、「他人の時間」には無頓着。それが平気で遅刻する人の思考様式です。こうした思考様式の人に、倫理を説いても効果はありません。考え方を変えさせるには、自分の時間を最優先にすることが個人の行動戦略として最適かどうかを考えさせることです。


吉田穂波

したいことがあるとき、「時間がないからできない」と決めつけるのは禁物です。思い切ってしてみると、驚くほど大きなパワーが発揮できるもの。時間がないときこそ、実はチャンス。


星野佳路

この地を訪れたら、ぜひこういうふうに過ごしていただきたいという、もてなす側のこだわり。それをしっかりと伝えて、実際に体験していただくことが、お客様自身も気づいていなかった心の奥底の琴線に触れ、予想もしない感動につながっていく。


佐々木大輔(経営者)

マーケティングの分野は最新テクノロジーを取り入れて進化していますが、なぜか会計は昔ながらのスタイルのままです。会計にテクノロジーがなければ中小企業は何も変わらない、逆に会計が変われば企業経営も変わると思った。


築山節

何度もやったことがある仕事なら考えなくてもできます。だいたい1万時間も仕事をすれば一人前にはなります。ただ、それはサッカーで言えば試合に出られる選手になったというだけのことで、ゴールを決められるかはまた別の問題です。


立石義雄

新しい企業理念策定段階で、「会社は誰のものか」といった議論を何度となく行いました。その結果、基本理念として「企業は社会の公器である」ことを明確に宣言しようとの結論に至ったのです。企業の活動に必要となる人、資金、土地はすべて社会から供給してもらっています。いわば社会インフラの上に成り立っているわけですから、事業活動の成果を社会に還元するのは当然のことです。


竹下雄真

トレーニングを続けるコツは、運動の「強度」と「時間」を自分のライフスタイルに合わせること。この2つが自分の許容度をオーバーしていると続きません。