名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小松節子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小松節子のプロフィール

小松節子、こまつ・せつこ。日本の経営者。小松ばね工業会長。東京都出身。跡見学園短期大学卒。子供のいなかった小松ばね工業社長の伯父の養女となる。専業主婦を経て、養父が死去したのち40歳で社長に就任。経営についてまったく知らないまま名義だけの社長になり、6年目で赤字を出し、危機感を覚え、一から経営を学び、同社を改革しはじめる。インドネシアに工場を建設。中小企業庁「元気なモノづくり中小企業300社」に選ばれる。

小松節子の名言 一覧

中小企業の場合、会社と社員は家族のようなもの。いかに信頼関係に基づいた一体感を築けるかが企業の力そのもの。


力を尽くしてやった結果、会社がつぶれるのならともかく、何もしないでつぶしたのでは父(養父)に申し訳が立たない。

【覚え書き|社長就任当時を振り返って】


問題がどこにあるのか繰り返し問い続け、改善を重ねていくしかない。


何事もやると決めたらとことんやる。これに尽きるのではないでしょうか。


経営者は、まず社員との信頼関係をいかに築いていくかが問われている。


社員たちはトップを常によく見ている。


知り合いの経営者に、「カネが落ちている」と指摘されて、ハッとしました。
【覚書き|社員たちに整理整頓を徹底させたきっかけを語った言葉。社長就任当初、工場内の整理整頓が行われておらず、機械は汚れ、製品も床に散乱していた状況だった。その後、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)を徹底し、同時に技術革新を進め、同社は赤字から脱した】


私の経営者としての使命は、美しいバランスシートを完成させること。そして、お客様への感謝の気持ち、社員への思いやりを忘れることなく、人間を磨き続け、この気持ちを次の後継者へ引き継ぐことです。あらゆる覚悟をもって、努力を惜しまず前進しなければ当社の未来はないと思います。


事業経営をしていく上で、国内工場も、海外工場も「ものづくりは人づくり」であると実感しています。社員には、ばね技術はもとより、人としての常識、思いやり、責任感、気配りの出来る感性豊かな社員に育ってほしいと願っています。


会社にいても社内をボーっと見てるだけでした。このまま何も知らされずに、結果責任だけを問われるのは嫌だと思いました。
【覚書き|養父から会社の株を相続された後、お飾り社長として会社に入ったときを振り返っての発言。このあと小松氏は経営の勉強を懸命に行い行動を起こした】


毎春、全3拠点に昇給金額の根拠やベースアップの有無の理由、手当の改定について、文書にしてきちんと説明します。納得して働いてもらうことが大切だからです。


モノ作りを手掛ける中小企業を取り巻く環境は厳しくなる一方ですが、すべての企業がダメになっているわけではない。確実に成長している企業はあります。ですから売上高が下がれば、それはどこかに原因があるということです。


100個作った時にもし不良品が出たら、どこが悪かったのか、作る過程を繰り返し見直し、徹底して問題を見つけ、解決していく。そうしたやり抜く粘り強さが不可欠。


その時に1個か2個作れたらいいということではありません。100個、1000個、1万個巻いても、すべてが完璧でなくてはいけません。でなければ製品とは呼べないからです。


技術を上手にこなすには練習しかありません。何度も失敗しながらも繰り返し練習する中で、初めて何が悪いかが見えてくる。そうした鍛錬を経て技術が身についてくる。


会社というものはお客様があってはじめて成り立ちます。お客様のお役に立てなければ、我が社は存在できません。品質も納期も、あらゆる面でお客様のご要望を受け止め、期待に応えるものを提供する必要があります。


経営者がお金の工面で走り回ることほど無益なことはありません。儲かった分をどんどんみんなに配分すれば一時的には喜ばれますが、配分するにも限度があります。会社継続のための内部留保はしっかり確保するという考え方でずっとやってきました。


小松節子の経歴・略歴

小松節子、こまつ・せつこ。日本の経営者。小松ばね工業会長。東京都出身。跡見学園短期大学卒。子供のいなかった小松ばね工業社長の伯父の養女となる。専業主婦を経て、養父が死去したのち40歳で社長に就任。経営についてまったく知らないまま名義だけの社長になり、6年目で赤字を出し、危機感を覚え、一から経営を学び、同社を改革しはじめる。インドネシアに工場を建設。中小企業庁「元気なモノづくり中小企業300社」に選ばれる。

他の記事も読んでみる

永守重信

失敗だけが人間の筋力をつくります。精神力を付けて人間の幅を広げていく。人間の器を大きくする。成功ではなく失敗が器を大きくする。


宋文洲

中国人と付き合うには、同じアジア人という発想をやめることです。日本人も中国人も漢字を使っているとか、顔が似ているというのは日本人の思い込みです。相手がよく思ってくれていると勘違いする男女関係と同じです。本来、歴史問題など個人にとってどうでもいい話なのです。


松井順一

ミスを仕事の糧にするためには、自らミスを認め、解決しようとするマインドを高めることが重要。上司は、部下がその意識を高められるように、ミスの解決プロセスに応じてどのようなサポートが必要なのかを「カウンセリングマインド」の態度で確認して、的を射たフォローを。


白取春彦

部下がいうことを聞かないとグチをこぼす上司は大勢います。でも彼らは、なぜ部下が自分のいうことを聞かないのかわからない。だから自分の中で「あいつはこう思っているんじゃないか」と勝手に推測をして、その部下に対するネガティブな気持ちを増幅させてしまうわけです。そして、些細な行き違いにもかかわらず、思い込みを暴走させて大きな溝になってしまう。こういう状況では、本当は、直接「なぜいうことを聞かないのか」と尋ねればいいだけの話。それなのに、多くの人は自分の予断にとらわれて、余計に関係をこじらせてしまう。人間関係の不幸は、こうした予断から生じてくるものなのです。


熊谷正寿

世界の仮想通貨のキーパーソンに会っていますが、異口同音に口にするのが「スピード」です。この世界は20代、30代の方が中心で、私のような50代はいません。老体にムチを打ってスピードについていかなければいけません(笑)。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

お客さまにも「京都銀行と取引している」とおっしゃっていただきますが、私のような役員がお付き合いしているわけではないですし、支店長が行っているわけでもありません。つまり担当者がお付き合いをしているわけです。それを言葉では京都銀行とお付き合いしているとおっしゃるのです。つまり、信頼は個人に帰結している。それだけ、銀行にとって人の存在は大きい。


松本晃(経営者)

早く帰れるようになると、人にもよりますが、変わる人間は大きく変わります。ビジネススキルを学ぶ人もいれば、教養を深める人もいる。メタボな人はジムに行って健康になるなど、それぞれが考えて行動し始めますよ。人間としての成長を考えれば、家族との団らんに時間を充てるのにも、大きな意味がある。朝はみんなバタバタしていて、家族でゆっくり食事をする時間なんてないのですから。おかげで弊社の「フルグラ」が売れているんですけどね(笑)。


石川康晴

むやみにインプットを増やすのは得策ではありませんが、「気になること」があれば現場にすぐ向かう。すると、アウトプットにつながることも多い。


岩田聡

基本的には人間の本質は共通だと思います。マリオをいちばん初めに作った時には、海外で受けることなど考えていませんでしたから。


松下幸之助

少なくとも、威圧とか権力とか、そういうもんで人を使ったりすることは最上ではないと思いますね。それは上ではなく中ぐらいの経営者ですね。怖さを感じさせるということではいけないですよ。怖さというものは一面では必要だけれど、怖さだけでは人はついてこんですよ。やはり、何でもものが言える人、そしてある程度理解できる人、全部理解できんでも、ある程度理解できる、そういう感じの主人の方が仕えやすい。


小堀秀毅

集団体制の経営は平常時はプラスでも、決断が中庸になりがちで、危機時は後手に回ってしまう。


大山健太郎

当社の場合は、安く売るとか高く売るということではなく、10%の利益を得ながらビジネスを拡大させる。そのためには、評価はお客様がしてくれなければいけない。銀行でもなければ、得意先でもないんですね。それが「常に需要創造」という考えにつながっていき、毎年、新商品比率を5割以上にして伸ばすという事業につなげてきたということです。