名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小松左京の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小松左京のプロフィール

小松左京、こまつ・さきょう。日本の小説家。日本を代表するSF作家。『日本沈没』『復活の日』『エスパイ』『首都消失』『さよならジュピター』他、多数の名作を残す。星雲賞、日本推理作家協会賞、日本SF大賞を受賞。日本SF作家クラブ会長なども務め日本のSF小説の発展に寄与した人物

小松左京の名言 一覧

私自身、一人の人間のプライドなんてぜんぜん大したことはないと思ってきました。だから様々な人とつながりが生まれ、理論科学や最先端技術の動きに接することができたのです。プライドを上回る好奇心があったことが私の原点と言えます。


年代を超えた人のつながりをもっと強くして、知らないことやおもしろいこと、人間にとって大切なことに接するようにしないと、私たちの世代は子供たちの好奇心には追いつけません。


日本人はバブルで土地や株をやりすぎました。しかし、世の中をそう悲観してもいません。資源のない国がここまで繁栄したことは人類文明に必ず参考になるはずです。43歳の田中耕一さんがノーベル賞を受賞したことで明らかなように、アイデアがあればお金をかけずにその個人だけでなく、社会全体に利益をもたらすことができるのです。


太平洋戦争がなかったら私はSF作家にはならなかったでしょう。開戦直前の1941年春、小学生の私は小学生新聞の読み物で「マッチ箱ひとつの大きさで富士山を吹き飛ばす」という原子爆弾なるものを知りました。そんなことがあるはずもないと思ったのですが、45年8月6日、広島に原爆が投下されました。文明の終末観を初めから心に抱え、それを表現する手段としてSFを選んだのです。文明はどこに行くのか、地球規模の問題にどう取り組むのかと考え続けていまに至りました。


とにかく、男は一見強そうに見えているがポキッと折れやすい。男は生理的にたいへん無理して生まれてきているみたいなところがある。それに比べて女は生理的にはうんと安定しているんだ。そのうえ女はなかなか折れない柔軟性を持っている。


小松左京の経歴・略歴

小松左京、こまつ・さきょう。日本の小説家。日本を代表するSF作家。『日本沈没』『復活の日』『エスパイ』『首都消失』『さよならジュピター』他、多数の名作を残す。星雲賞、日本推理作家協会賞、日本SF大賞を受賞。日本SF作家クラブ会長なども務め日本のSF小説の発展に寄与した人物

他の記事も読んでみる

渡瀬謙

期待していたのに裏切られることほどガッカリすることはありません。相手にとってあまりいい情報ではない場合ほど先に伝えるべきでしょう。


成富正徳

モノ作りは、イマジネーションの世界だ。こういう形にしたいというイメージを固めて、どうやれば作れるかを考え抜き、プロセスを緻密に積み上げていく。飽きることなくきっちりと詰めていかねば、目標には到達できない。


サマセット・モーム

老年の最大の報酬は精神の自由である。元気盛りの人々が重要だと考えることに、ある程度無頓着になれることである。もう一つの報酬は、羨望、憎しみ、憎悪から開放されることである。私は誰も羨ましいと想わない。私は与えられた才能を、出来る限り発揮した。


小林哲也(帝国ホテル)

入社していきなり宿泊部客室課ハウス係に配属され、トイレ掃除やロビー掃除をやりました。従業員のトイレも掃除する係でした。それまでトイレ掃除をしたことのない人間が便器に手を突っ込んでやるわけですから、これは覚悟を決めてやるしかないと。でも、汚れているものがきれいになると喜びや達成感があって、こうなったら「トイレ掃除のプロになってやる」と思ってやりました。


鈴木貴博(コンサルタント)

固定電話には勧誘の電話が多くかかってくるので時間の無駄の温床。ボイスメールなら伝言をメール添付で転送してくれる。新規客には、ファーストコンタクトは自HPにアクセスしてもらえば済む。会社のロゴを印刷した封筒は業者にオーダーするのではなく、その都度プリンターでプリントアウトすれば安上がり。経費削減を考えることは、経営マインドの訓練そのものです。


野村与曽市

私は電気化学工業に職を奉じて早くも50余年の歳月を経た。いつでも精一杯の勉強、努力をしてここまでやってきたつもりであるが、思えば恩人、先輩、同僚の支持ほどありがたいものはない。


西村賢太

中途半端にやってもダメ。惚れて徹底的にやると何かが変わっていくんじゃないでしょうか。それこそ不思議な力が働いていって。


荒蒔康一郎

これまでは九州での成功例は、北海道にとってはよそでの出来事でしかなかった。ところが、現場の意識が変わってくると、疑問や質問をメールでやり取りすることで、成功のポイントを抽出し、自分の仕事に生かすことで成功体験の伝承が可能になってきた。


河合薫

メンタル不全は決して「特別な人」だけが陥る症状ではなく、必死に働いていれば誰もが一度や二度、うつになりかけたことがあるはずです。少なくとも私にはありました。毎晩じんましんに襲われ、パソコンに向かうたびにめまいがし、当時を思い返すと「うつの一歩手前だった」と怖くなります。メンタル不全は「性格の問題」でもなければ、「個人の努力不足」によるものでもない。その個人が置かれた環境、その人を取り囲む環境に大きく左右されるのです。


古森重隆

競争もない、結果の差もつけないという優しさは真の優しさではない。行き過ぎたヒューマニズムは動物としての活力を奪い去る。今のように、子供たちを無競争、無菌状態で育てることは将来に禍根を残すことになる。いや、現実にもう出てきている。


深代惇郎

「生きる」とは、真剣に放浪し、探し見つけることにほかならぬ。社会となれ合いにならぬこと。これが青春の貴さであろう。それは決して年齢の問題ではない。悟りは老人のものであり、放浪は青年ものだ。


池田弘(経営者)

会議も市場調査も全く意味がない。みんなで話し合ったり、データを分析したりして商売がうまくいくか分かるならこんな楽な話はない。