名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

小松左京の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小松左京のプロフィール

小松左京、こまつ・さきょう。日本の小説家。日本を代表するSF作家。『日本沈没』『復活の日』『エスパイ』『首都消失』『さよならジュピター』他、多数の名作を残す。星雲賞、日本推理作家協会賞、日本SF大賞を受賞。日本SF作家クラブ会長なども務め日本のSF小説の発展に寄与した人物

小松左京の名言 一覧

私自身、一人の人間のプライドなんてぜんぜん大したことはないと思ってきました。だから様々な人とつながりが生まれ、理論科学や最先端技術の動きに接することができたのです。プライドを上回る好奇心があったことが私の原点と言えます。


年代を超えた人のつながりをもっと強くして、知らないことやおもしろいこと、人間にとって大切なことに接するようにしないと、私たちの世代は子供たちの好奇心には追いつけません。


日本人はバブルで土地や株をやりすぎました。しかし、世の中をそう悲観してもいません。資源のない国がここまで繁栄したことは人類文明に必ず参考になるはずです。43歳の田中耕一さんがノーベル賞を受賞したことで明らかなように、アイデアがあればお金をかけずにその個人だけでなく、社会全体に利益をもたらすことができるのです。


太平洋戦争がなかったら私はSF作家にはならなかったでしょう。開戦直前の1941年春、小学生の私は小学生新聞の読み物で「マッチ箱ひとつの大きさで富士山を吹き飛ばす」という原子爆弾なるものを知りました。そんなことがあるはずもないと思ったのですが、45年8月6日、広島に原爆が投下されました。文明の終末観を初めから心に抱え、それを表現する手段としてSFを選んだのです。文明はどこに行くのか、地球規模の問題にどう取り組むのかと考え続けていまに至りました。


とにかく、男は一見強そうに見えているがポキッと折れやすい。男は生理的にたいへん無理して生まれてきているみたいなところがある。それに比べて女は生理的にはうんと安定しているんだ。そのうえ女はなかなか折れない柔軟性を持っている。


小松左京の経歴・略歴

小松左京、こまつ・さきょう。日本の小説家。日本を代表するSF作家。『日本沈没』『復活の日』『エスパイ』『首都消失』『さよならジュピター』他、多数の名作を残す。星雲賞、日本推理作家協会賞、日本SF大賞を受賞。日本SF作家クラブ会長なども務め日本のSF小説の発展に寄与した人物

他の記事も読んでみる

青木俊介

ロボットのことが好きであればそれ以外のことはどうだっていい。むしろ変わった人以外はいらない。

【覚え書き|採用方針について】


宮永俊一

自分が間違っているという不安感を埋め合わせるために、厳しいことを言ってくれる人となるべく話すよう心がけている。


伊藤淳史

目の前の現場で勝負できなければ、次の作品に呼ばれる保証はありません。自分はこうあるべきという理想を決めるよりも、周りの人が求める形を作り込んでいくのが役者の仕事かなと思います。


武永修一

最初は毎月、数百万円の赤字でしたが、「ボタンの色を変えたら5人増えた」など、サイトを少しずつ改良していったら、徐々に会員が増えてきたんです。だから、続けていれば光が見えてくると信じて耐えました。


長屋信博

漁師の人数が減っても売上を減らさないためには、やはり効率化が必要不可欠です。大規模化や集約といった再編は不可欠でしょう。


本庄正則

これまでも現場と経営との意思疎通は意識的にやってきたつもりです。加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しない。降格もしない。ただし、なぜそうなったのかという分析をきちんとし、その報告だけは徹底してしてもらう方針を貫いてきました。しかし、それでもまだ、不十分だったんですね。我々が気付かなかった問題点の指摘がいろいろありました。


木村尚敬

社内の人材の多様性、社の内外を問わない人材のネットワーク、上下の立場にかかわらず、自由にものが言える環境、リスクを恐れず、失敗を許容する気風。そういった下地づくりが、組織の改革には大切。


藤井孝一

忙しくても毎日読書の時間が確保できるのは、1日のスケジュールに読書タイムがあらかじめ組み込まれているからです。私のコアな読書タイムは朝です。始業1~2時間前に会社に行き、デスクか近くのカフェで読書をします。


望月広愛

従業員が楽しい気持ちで働いていると、お客様が何度も足を運んでくれるようになり、無料で私たちの宣伝マンになってどんどんお客様を連れてきてくれます。元気な従業員が接することで、お客様から「ありがとう」の言葉をもらいます。すると従業員はなお元気になって、たとえば5人分の仕事を4人でこなせるくらいにモチベーションが上がるわけです。売上が上がり、効率化するのですから、儲かります。それだけの話です。


栗城史多

批判されるのはつらい。でも、困難に打ち勝つことこそが、冒険家という仕事の役目です。


荻田伍

ある時、営業マン向けの研修で心理学の先生に「この商品では売れないとか、この店は初めからダメだとか、マイナスの思いを持っていると、行動も必ずマイナスになる」と教わりました。確かにそういう部分はありますね。「この人を何とか口説き落とそう」「この店にウチの商品を置いてもらおう」。そう思って集中していると、攻略のための知恵が自然と沸いた覚えがあります。


小山薫堂

まず、動きやすい導線を作って小さな流れを作る。そこに共感した人たちが集まってきて、やがて大きな川の流れのようになっていくのが理想です。つなげるというより、つながるようにする。