名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小木紀親の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小木紀親のプロフィール

小木紀親、おぎ・のりちか。日本のマーケティング学者。「東京経済大学経営学部」教授。愛知県出身。慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得満期退学。松山大学専任講師・助教授、日本福祉大学助教授・教授、東京経済大学教授などを務めた。

小木紀親の名言 一覧

物事の解決策を考えるうえで、いきなり解決策と考えると、どうしても小手先の対策になってしまいがち。まず理由を考え、それに基づいた解決策を出し、実行する。ソリューションはその一連の流れからしか生まれません。


街の魅力を高める視点も重要ですね。実は私のゼミも学校の地元を盛り上げるために、「国分寺物語」というサイトを立ち上げ、街の魅力を物語という手法で伝える活動をしています。すでに6期目に入り、最近では市役所とも連携しています。


小木紀親の経歴・略歴

小木紀親、おぎ・のりちか。日本のマーケティング学者。「東京経済大学経営学部」教授。愛知県出身。慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得満期退学。松山大学専任講師・助教授、日本福祉大学助教授・教授、東京経済大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

石井一久

「あきらめる」とか「あきらめない」とか、そんな次元のマインドではないんです。僕にとって「あきらめないのは当たり前」で、それよりも、「何が何でも結果を出す」という向上心の方が勝っている。「あきらめない」という言葉は、崖っぷちに立った時に使うような「余裕のなさ」を感じます。


ムーギー・キム(金武貴)

「プロフェッショナルとして一番大切なのは、仕事のタイムアロケーション(時間配分)がしっかりできることなんだぞ」。これは、私がまだ若くて未熟だった頃、ボスから怒られたことの1つです。与えられた時間は誰しも平等。その平等で有限の時間を重要なことに割り振ることができているかどうかが、仕事の生産性に大きな差をつけます。


夏野剛

日本のビジネスマンの多くは、情報を精査し、議論を尽くせば結論を導き出せると思っているのですが、いまの時代は、情報を精査し、議論を尽くせば結論は出なくなります。なぜなら、多様性と不確実性の時代だからです。もはや安くて良いものを作れば売れる時代ではなく、市場変化が激しく多様化も進むなかで、商品やサービスに込められた思想や哲学、メッセージが価値を持つようになっています。皆で議論を尽くせば尽くすほど、意見のつぶし合いになり、余計にいいものは生まれなくなります。


高橋フミアキ

続きを読みたい気分にさせる言葉はどんな言葉かと言うと、相手の欲望や願望をくすぐる言葉――脳の「報酬系」に訴えるキラーフレーズです。報酬系とは、嬉しいこと、心地良いことに直面したときに脳が活性化され、快楽がもたらされる脳内システム。たとえば、小学生に「勉強しよう」と言っても、おそらく芳しい反応は期待できません。そこで、「モテる秘訣があるよ、知りたくない?」などと、相手が喜びそうなもの、欲しがりそうなものを先に提示するのです。すると、報酬系が刺激され、その先(モテる秘訣)を知りたくなります。文章でもその心理は同じ。「収入が1.5倍になる方法」「たった1か月で英語マスター」と、先に好ましい結果を見せるのです。それが読み手のニーズに合致すると、「続きを読みたい!」と思わせることができます。


黒川博昭

社長就任後、失敗プロジェクトに学ぶ研修も始めました。上手くいかない案件にはどんな問題点があり、それを避けるにはどうすればいいのかを、営業とSE(システム技術者)の両方の社員が数千人単位で集まって勉強をします。私自身も参加し、社員たちが実際に現場で体験した事例を持ち寄って議論しました。


高見沢俊彦

とにかく、できることからやるしかなかった。それは、ライブに来てくれたお客さんを楽しませて帰すこと。


矢崎精二

「上司は部下のことを理解するのに3カ月かかるけど、部下が上司のことを理解するのは3日でいい」と言われます。口先だけでは、部下からすぐ見透かされるのです。


稲垣えみ子

生きていくことへの恐怖がなくなったということが大きい。もうほんとにお金をあまり使わないで暮らしているのですが、全然大丈夫、これで十分幸せだと分かった。それがすごく自信になっています。


福田健(話し方)

失敗したらすかさず「先手で詫びる」のは基本中の基本。


アンジェラ・ダックワース

誰もが鉄人と同じである必要はありませんが、やり抜く力を体現してくれる人たちはいいお手本になる。


福沢諭吉

人は生まれながらにして貴賤貧富の差があるのではありません。学問に励んだ賢人は、社会的に高い地位を得、経済的にも豊かになり、学ばなかった愚人は、貧しく、社会にも認めてもらえない人になるのです。


南場智子

事業の成否や組織の発展に向けて最も重要なのは人材だと確信しています。でも、会話や意識がコト(事業・仕事)でなくヒトに集中すると内向きな組織になってしまうというパラドックスがあります。そもそも会社はコトをなすためにチームを組成しているわけで、経営者もコトを成し遂げるためのリーダーにすぎないのだから、コトに集中し、ヒトマターもコトを成すための文脈で対処することですがすがしい組織を築くことができると思います。