名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小形真訓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小形真訓のプロフィール

小形真訓、おがた・まさのり。日本の牧師。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、積水化学工業に入社。同社の広報部長などを務めた。また、在職中からキリスト教の伝道活動を続け、定年退職後、牧師になった。著書に『イエスの生涯』『日曜日、部長は牧師になる』『いまを生きぬくビジネスマン聖書塾』ほか。

小形真訓の名言 一覧

他人の欠点に目が行ったときは、自分と他人を比べるのではなく、自分とキリストを比べるのです。自分はキリストに何ひとつかなうところはない。キリストに比べれば何もかも不完全だと気がつけば、少しは謙虚になれるし、他人に対する期待過剰もなくなるのではないでしょうか。


聖書にはこんな言葉があります。「あなたは、兄弟(他人のこと)の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか」。つまり「自分の欠点には気かっかないのに、他人の欠点にはよく気がつく」のが人間というものなのです。


私たちは誰しも、他人から信頼されるのは素晴らしいことだと思い、信頼される人間になりたいと願います。しかし聖書には、「みんなから信頼きれるような人間を目指しなさい」とは、一言も書いてありません。


信頼を得るために行動するから信頼されるのではなく、信頼とはあとからついてくる付随要素にすぎないのです。本当の信頼というのは、「自分はこう考える」というような、何か拠りどころのある生き方を持って生きていくうちに、やがて周囲の人から得られるものだと思います。私にとっての拠りどころは、聖書であり、教会の礼拝です。仕事以外の領域で何か支えを持って生きることで、自然と信頼はついてくるものではないでしょうか。


私たちがお互いに赦(ゆる)しあい、信頼関係を築くにはどうすればいいか。非常に難しいことです。たとえば自分にとって腹立たしい人物がいるとする。その人のことがどうしても赦せない。赦すべきだとは思うし、あるときはもうすっかり赦せたような気がする。しかし再びその人物の気に食わない言動を目撃すると、また腹が立つ。現実の人間とは、こういう混沌としたものだと思います。そういう人間同士の関係に、神と人間との関係を持ち込んでみたらどうでしょう。つまり、その憎い相手のことも神はすでに赦しているのです。そして自分もまた、神に赦された存在です。世界中で使われている「主の祈り」というものがあります。クリスチャンの人生の指針のひとつとなっている有名な祈りです。その中に、「我らに罪を犯すものを我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ」という一節がある。つまり神が自分を赦してくれたように、自分も相手のことを赦そう、と考えるわけです。


小形真訓の経歴・略歴

小形真訓、おがた・まさのり。日本の牧師。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、積水化学工業に入社。同社の広報部長などを務めた。また、在職中からキリスト教の伝道活動を続け、定年退職後、牧師になった。著書に『イエスの生涯』『日曜日、部長は牧師になる』『いまを生きぬくビジネスマン聖書塾』ほか。

他の記事も読んでみる

ヘスス・ベガ

フェラーリに乗ろうと何に乗ろうと、車であれば早く移動できます。高いお金を払ってまでどうしてフェラーリに乗るかというと、そこにはフェラーリに乗っているという気持ちが入ってきます。


渡文明

自分の意見に自信がなければ何もできません。では、どうしたら自信をつけることができるか。私は自信をつけるためには、何か得意なことを深掘りして極めるのがいいと思っています。深掘りするためにはいろいろなことを調べることが必要になってくるので、周辺の情報や知識も入ってきます。そうすることでその人の全体的な能力がグッと上がるものです。ひとつのことでプロになれれば、それが強みになりますし、弱い部分は組織の中でカバーしあえばよいだけの話です。


細田治(経営者)

「今」を知るにはどうするか。私は自分の体験を大事にしています。流行りのレストランの噂を聞けば、食べてみる。話題のロックコンサートがあれば、行ってみる。企業の会長として特別席をしつらえてもらって、なんてとんでもない。若い人たちと同じファッションで決めていきます。若いガールフレンド達と一緒にね(笑)。


千葉智之

やる気の周期を一定に保つには、外的要因の影響をできるだけ排除するべきです。そのためには外部要因を無視するのではなく、むしろ自分のものとしてとらえる思考法が役立ちます。たとえば、誰かのミスで仕事が滞ったとき、「あいつが悪い」と人のせいにすると、自分ではコントロールできないために気持ちが荒れてきます。しかし、「あの人に頼んだ自分が悪いのだから、次回は別の人に」「説明の仕方がまずかった。次は工夫しよう」というように自分で解決可能な問題としてとらえれば、必要以上に気持ちは波立たないはずです。


松村厚久

遊びの中に仕事があり、仕事の中に遊びがある。


須田将啓

「思い描いた自分になる」という考え方は昔から持っていました。20代は起業のための準備期間で、30代は上場をする、40代では世界進出し、50代では影響力を持つ企業家として、人類の進化に貢献する。20代、30代では何とか計画を達成することができました。40代に入ってからも、「英語版BUYMA(バイマ)」をリリースし、本格的に世界進出を果たそうと腰を据えました。そのために英語を勉強し、ハーバード大学に短期留学したりと、着々と準備を進めてきました。しかし、それでは努力が足りないと気付きました。世界にはフェイスブックのザッカーバーグ氏やアマゾンのジェフ・ベゾス氏という偉大な企業家が沢山います。彼らのようになるには、ここで変革を起こさないと間に合わなくなってしまうのです。


大平喜信

舞茸を始める前、もやしをつくっていた創業時には自殺も考えました。事業失敗と言われるのが嫌で、家族もろとも交通事故で死のうとか。しかし、ここで諦めたら中卒だから失敗したと陰口をたたかれる。だから頑張れたのかもしれません。


高橋広敏(経営者)

現在では低コストかつ低リスクでビジネスを始められる環境が整いつつあり、誰でも自らの志の実現に向けて挑戦することが可能になってきた。しかし、ビジネスを合理的に組み立てることに長けた若くて優秀な経営者の中には、「ほどほどの成功を実現できればいい」と自分の中でラインを引いてしまう人もおり、残念な気がする。彼らの能力を生かし、志の高いことに挑んで欲しいと願っている。


古屋大貴

モノを手に取ったときに、「やらされた感」のある商品は駄目だと思う。それはユーザーに伝わります。でもモノが良ければ、「こんなの出たんだよ!」って、友達に伝えるところまでいきますから。クチコミにつながっていく。飯も旨かったら「あそこのトンカツ屋は旨い」って、友人に言うじゃないですか。「絶対食えよ!」とまで(笑)。「絶対」まで言わせるのが大事かなと。最高の宣伝ですよね。何かモノを作る上でそこまで意識できるかというのは、非常に大事なことだと日頃から思っています。僕らが作ったモノをユーザーが見たときに、「愛があって作っている」とわかってもらえるようにするというか。


菅谷太一

不動産投資を始めるにあたって最も大事なのは、お客様が心から納得すること。どんなに高い利回りが見込める優良物件でも、「ローンを組むことに抵抗がある」「どうしても空室リスクが気になる」というように、リスクとリターンのバランスが腑に落ちていなければ、良質な投資になり得ません。そのため我々は、物件を勧める前に、お客様が求めることをよく聞くよう徹底しています。そして、お客様が心から納得し、自分から買いたいと思った物件だけを販売する、という方針です。


船間隆行

弊社は「売って終わり」にしたくない。お客様が30年、40年と、安心して家賃をお受け取りいただくために、売上高をむやみに増やさず、安心できる商品を供給することを目指しています。ですから、あえて株式上場もせず、ここまできました。


北澤俊美(北沢俊美)

政治は感情で判断してはいけない。県議会議員を振り出しに41年間、議員を務めてきた私の信条。