名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

小幡績の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小幡績のプロフィール

小幡績、おばた・せき。日本の経済学者、投資家。専門は企業金融、行動ファイナンス、政治経済学。千葉県出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。ハーバード大学で経済学博士号取得。一橋大学経済研究所専任講師、慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授などを務めた。著書に『ネット株の心理学』『すべての経済はバブルに通じる』『リフレはヤバい』『成長戦略のまやかし』ほか。

小幡績の名言 一覧

私は、アドバイスは与えます。でも、決断は自分がするものです。キャリアもそう。自分でデザインしてもらいたい。


いまは5年先も見えない不透明な時代です。そのようなとき、先の読めないことをひたすらプランニングするのはアホだと思います。どこかの国の成長戦略にも似ています。ならば、目の前にある仕事に全力で取り組み、学べるもの吸収できるものを自分の血肉にするのがいいでしょう。


自分の成長が今後見込めないような場合は、転職の大きな理由となります。


「実践力」は、現場以外では身につかないものです。ロジカルシンキングといった思考法などは、学校ではなく、仕事を通じて学ぶべきだと思います。


違う環境で育ち、違う行動原理や発想を持つ人々が、ひとつのチームとして企業で働けば、いろいろなアイデアが出てくるでしょう。


なかなか会社を去れない場合は、「複線的な人生」を送ることもいいでしょう。会社のキャリアパスを築きつつ、週末に新しい人生の行路を広げるのです。たとえば、週末に趣味に打ち込み、それを副業にして、ゆくゆくは生業にするといった具合です。


自分が成長できるかどうかで進路選びをするときのポイントとなるのは、「相手となる顧客と向かい合えるか」でしょう。顔を見て声を聞けることは「相手から学べる機会がある」ということであり、顧客の抱える問題を見つけて分析して解決する力を養えることになるのです。これは、キャリアを築くうえで、あって得はしても損はしないスキルだと思います。


一概には言えないのですが、現場における実践を通じてビジネスの基礎を学べるのは、日系企業なのではないか、と思います。というのは、社員を「育てよう」という意識を会社が持っているからです。とはいえ、日系企業がかつてのような終身雇用制度をとらなくなっているのも事実です。つまり、実践力を養う場は少なくなってきているのです。そうであるならば、やはり、「自分が成長できるかどうか」が、進路選びの大きな判断基準になります。


発音が下手でもいいので、流行の言い回しなどでなく、品のある言葉遣いを心がけるべきでしょう。


「基礎力」と「実践力」が、日本のビジネスマンから、いつの間にか、失われてしまったのではないでしょうか。とくに、「基礎力」の衰退は目に余ると思います。近ごろは、その「基礎力」のなかでも、国語教育の弱さが目立ちます。乱れた日本語が氾濫しているのが気がかりです。正しい、美しい、日本語を使ってもらいたい。英語も同様です。


人脈作りの異業種交流会では知り合いはできるが、友人はできない。下心で知り合った知り合いは使えるネットワークではない。


私の場合、キャリアを深めるために、米国の大学院への留学を決めました。有意義な学生生活でしたが、同時に米国のいわゆるエリート学生に対して、ちょっとばかりの失望を抱くようになりました。彼らのキャリア構築がつまらなく感じるのです。有名な高校から、アイビーリ-グに進み、著名なビジネススクールで経営学修士号(MBA)を取得する。就職はコンサルティング会社かインベストメントバンク(投資銀行)。そこから生まれるものは、同じ発想によるものだけで、厚みがまったくないのです。成長の鈍化は否めないと思ったところ、これは米国だけが抱える問題ではないということに気がつきました。東京の山の手に住み、大手町に勤めるエリート会社員を父親に持ち、東京の有名私立中学から東京大学に進み東京の大企業に入る、日本の若者の姿と重なるのです。


現代は不透明な時代。だからこそ、戦略的な戦略は役に立たず、ひたすら真摯に目前の問題にぶつかり、製品や顧客を愛することからしか、新しいイノベーションは生まれないのではないか。


合理的な投資、エネルギーの投入では、ブレークスルーは生まれない。理屈を超えた技術に対する愛、製品対する献身、そういったものが素晴らしい技術や製品を生み出すのではないか。


小幡績の経歴・略歴

小幡績、おばた・せき。日本の経済学者、投資家。専門は企業金融、行動ファイナンス、政治経済学。千葉県出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。ハーバード大学で経済学博士号取得。一橋大学経済研究所専任講師、慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授などを務めた。著書に『ネット株の心理学』『すべての経済はバブルに通じる』『リフレはヤバい』『成長戦略のまやかし』ほか。

他の記事も読んでみる

神戸守一

初代に仕事を仕込まれたのは17歳のころから。以来70年間、たい焼き一筋でやっています。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

私には私の高みがあるんだと思いますし、まだ5合目でこっから初心にかえれば、頂上に近づけるんじゃないかって、そんなふうに思い始めたんですよね。だから、嫌いだったこともやっています。


渡邊剛

中学と高校は麻布学園に通ったんですが、これがとにかく自由な校風で、一芸に秀でたやつが多かった。すると自分は何が一芸なのかなんて考えますよね。僕の場合はどうやら手先が器用で工作が好きであるということが一芸のようだから、将来はそれを活かせる仕事ができたらいいな、と考えていました。それで高校の頃に手塚治虫さんの『ブラック・ジャック』を読んだら、あ、これだ、もう外科医しかないよなと思って、金沢大学に進学したんです。


岡本純子

「何を言うか」よりも肝心なのは、「どのように謝るか」です。「許される謝罪」のステップを踏んでいたとしても、申し訳なさそうに見えないと、相手は許してくれません。「見え方」と「言い方」にも気を配るよう心掛けてください。たとえば、目を見開くのではなく、伏し目がちにする。笑顔が見えると反省していないように思われ、アゴを上げて発言すると横柄な印象になります。よどみなく早口で謝罪するよりも、絞り出すように言葉を発する、などです。


柳井正

本気で仕事に取り組めば、分からないことや課題が見えるはずです。課題さえ分かれば、そのほとんどは解決できるものですから、人は何倍でも成長できる。まずは課題意識を持つことです。


沢渡あまね

モチベーションが上がらなくなる原因は以下の3つ。

  1. 「不適材不適所」。不得意なことを任され、長所を発揮できず、仕事への愛着を失ってしまいます。
  2. 「過信」。荷の重すぎる仕事を任せたり、「できるはず」と決め込んで教育も手助けもしない状態。部下は次第に組織への不信感を募らせます。
  3. 「曖昧&あやふや」。各々の責任範囲や業務の目的が不明瞭なため「私は何を求められているの?」「この仕事、やる意味あるの?」となる状態です。

これらの共通項は「知らない」こと。部下に対する無関心、会社や業務に対する無知。これらを払拭するには「知る」のが-番。「定例会議のうち10分間を雑談時間とする」「週に1回皆で昼食を取る」ことなどで周囲の個性や適性が見えてきて適材適所や的確な指示が可能になり、皆のモチベーションも上がっていくでしょう。


田中実(経営者)

私が課長として赴任した台北支店の営業二課には5人の現地人行員がいました。ヒューストン時代に米国人の行員と接するときは文化の違いに用心したものですが、今度は同じアジア人。心のどこかに「言わなくても分かってもらえるはず」という甘えがありました。これが失敗のもとです。


逢沢明

時間を置くと、あなたも相手も問題点を忘れてしまいます。そうならないうちにきちんと対処し、スピード感を相手に印象づける。それはあなたの信用を培うために非常に役立つことでしょう。


水木しげる

世の常識を授けてくれる学校は大事な場所だ。しかし、学校の成績は下がるかもしれないけれども、興味を持ったり、心を動かされたりしたことは、周りからどんなにくだらないと言われても、とことん突き詰めるのは本当にいいことだ。


水野泰三(経営者)

今はメインの工場が中国にあるんだけども、そこで作った商品は日本向けだけじゃなくて、OEM(相手先ブランドによる生産)でロシアや欧州にも出荷しています。そっちは原価販売で、利益を出さなくていいと言ってね。それで生産量を確保して、コストを抑えて利益を取る。ほかはここまでできないでしょう。


嶋津良智

感情の波をコントロールし、平常心を保つための方法として、自分なりの呪文を持つこともお勧めです。私の場合、お守りにしている言葉は2つです。「ひるんじゃいけない」と「冷静に、冷静に、冷静に」と心の中で3回唱えることです。


箱田忠昭

勉強する目的は、一生分のお金を稼いでセミリタイアしたいでも、外資系企業のカッコイイオフィスで働きたいでも何でも構いません。大切なのは、そうなりたいと心の底から思えるものであることです。