名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小巻公平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小巻公平のプロフィール

小巻公平、こまき・こうへい。日本の経営者。「ジャパンニューアルファ」社長。神奈川県出身。日本電子工業学院中退後、家電販売「カナメ電機」を設立。同社解散後、「ジャパンニューアルファ」を設立。パチンコ業、飲食業、ホテル業などに進出した。

小巻公平の名言 一覧

常に公明正大な選択をすること、礼儀・礼節を踏まえて心技・仁義・恩義を果たす方向で動くことは、たとえ一時的な損害をもたらしたとしても経営には必要です。


小巻公平の経歴・略歴

小巻公平、こまき・こうへい。日本の経営者。「ジャパンニューアルファ」社長。神奈川県出身。日本電子工業学院中退後、家電販売「カナメ電機」を設立。同社解散後、「ジャパンニューアルファ」を設立。パチンコ業、飲食業、ホテル業などに進出した。

他の記事も読んでみる

森田正光

番組の構成作家さんが「森田、面白いけど、倉嶋(厚)さんみたいだ。いくらマネても倉嶋さんにはなれないんだから違うことを考えろ」と指摘してくださったんです。そこから時事ネタを盛り込んでいくようになりました。例えば、チャウシェスク政権が倒れたときは、過去の天気を調べ、「革命は暖冬の冬に起きやすい。寒くないので人が集まりやすいから」みたいな切り口で話していく。気象と社会的な事象をドッキングさせるスタイルを作っていったんです。


廣瀬光雄

国内外でもカリスマ経営者の手腕によって成長している企業が多々あります。しかし、それはJ&J(ジョンソン・エンド・ジョンソン)のスタンダードから見ると本物ではありません。むしろ、目立たない社長だったかもしれないけど、J&Jの長期安定経営に貢献した人物こそ、J&Jでは大合格なのです。


森下篤史

未来は決して暗くない。いつの時代も、大衆は指導者に引きずられるもの。進んでいく方向を明確にして仕掛けをつくれば、当たり前のように変化していく。


原田泳幸

自分の後任を育成する際に重要なのは、「この人は部長になれる」と判断して初めて部長にするのでは遅いということ。「部長まで伸びる可能性がある」と判断したら即、部長にする。そしてサポートしながら育てたほうが成長は速くなります。そして自分の仕事は後継者に委ね、もっと大きい仕事をする。そういう発想はグローバル企業では当たり前です。


石原明

目先の機嫌取りのために甘い顔をするのか、愛情をもって厳しく接することで結果的に好かれるのか。大事なことは、長期的に見てお互いのためになるかということです。人生やビジネスで苦労して、この因果関係がわかっている人は、厳しく接することができるものです。


堀場厚

会社というものは、組織が大きくなるに従って、各セクション同士のコミュニケーションが希薄になることがあります。そうならないように、この(大津市にある)工場はコミュニケーションの取りやすさを重視したつくりになっています。また、皆が食事をともにする機会を増やすために、以前からコミュニケーションサポートという補助金制度をつくっています。社員が宴会を開いたら1人あたり2千円、滋賀県にある研修所に宿泊すれば1人あたり1万円を支給するという制度です。今の人たちは、昔のように同僚同士で積極的に飲みに行かなくなっているようですが、この制度のおかげで、当社ではかなり頻繁に宴会が開かれています。


峰岸真澄

海外のベンチャー企業経営者には百数十人お会いしましたが、そこでわかったのは、有望なベンチャー企業ほど様々な投資ファンドから出資の申し出があるので、お金はいらない。むしろ、事業パートナーを探しているということです。私たちが投資したいと思うベンチャーは、必ずそう言ってきます。事業パートナーとして認められるためには、リクルートが魅力的な会社だと説明しなければならない。


小宮一慶

初心者の方はいきなり大きな投資をしないでください。まず投資というものに慣れてから、投資額を大きくしていくことです。なにごとも最初から上手くいきません。世の中にはビギナーズラックというものもありますが、決して長続きするものではありません。投資の腕を上げるには順序が必要です。


吉山勇樹

仕事の指示を出した上司には仕上がりや結果に対する期待値があるわけですよ。資料の作成なら、作るだけではなく、必要な部数を印刷して、関係各者に配布するところまでやってほしい、と考える。ところが、部下は資料を作りさえすれば、上司の指示に応えたことになる、と思っている。こんなところに、上司の期待値とギャップがあるわけですね。その結果、上司は「なんだ、できてないじゃないか」となるし、部下は「がんばったのに評価してくれない」となる。


林野宏

どうしてもライバルに敵わない場合、無理して戦ってもノイローゼになります。潔く撤退して違う土俵でリベンジする勇気も必要でしょう。


赤羽雄二

仮説思考を鍛える機会は毎日、何度もあります。たとえば、テレビを見ていてCMが流れたら、これはどんなセグメントの視聴者に何を訴求するための内容なのか、自分ならどうするかといった仮説を常に考えるよう習慣づけます。


寺尾玄

失敗すると恥ずかしいし、傷つくし、悔しいですよ。全力で挑んだ勝負だったらなおさらです。しかし、そんな時でも簡単にくじけることはないと思っています。それはチャレンジし続けて成功したことが何度もあるから。失敗は「可能性を試した結果」でしかありません。失敗を重ねれば重ねるほど、成功に近づいていく。そう考えているからこそ、失敗してもくじけずにいられるのです。