名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

小川義行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小川義行のプロフィール

小川義行、おがわ・よしゆき。日本の経営者、プロ野球選手。リハビリデイサービスnagomiなどを展開する「イー・ライフ・グループ」社長。埼玉県出身。拓殖大学政経学部経済学科卒業後、大手損害保険会社を経て日本ハムファイターズに入団。退団後、大手住宅リフォーム会社を経てテックオガワ(のちのイー・ライフ・グループ)を設立。

小川義行の名言 一覧

この事業は人が行うものですから、人材に注力している企業でなければ。


カネのためでなく、この仕事を通じ何かを成し遂げたいという志のある人や、利用者のためにも短期的な収益を考えるより長く一緒に続けてくれる企業と組みたい。そのためなら私も目先のカネは諦めます。


小川義行の経歴・略歴

小川義行、おがわ・よしゆき。日本の経営者、プロ野球選手。リハビリデイサービスnagomiなどを展開する「イー・ライフ・グループ」社長。埼玉県出身。拓殖大学政経学部経済学科卒業後、大手損害保険会社を経て日本ハムファイターズに入団。退団後、大手住宅リフォーム会社を経てテックオガワ(のちのイー・ライフ・グループ)を設立。

他の記事も読んでみる

福嶋康博

多くの社長は日常の細々したことに口を出し過ぎています。長期的な視点を忘れてしまいますし、社員は自らで物事を考えなくなってしまいます。


田中良和(GREE)

イノベーションを生み出すために重要なのは、突然何かを思いつくことではなく、変化の兆しに気づくことです。そのためには他社のサービスを研究するよりも、やはりユーザーの声に耳を傾けるのが第一です。グーグルはヤフーを研究し尽くした結果、検索エンジンを始めたわけではないでしょう。また、ツイッターもグーグルを研究して生み出されたわけではないはずです。多くの人たちに受け入れられるイノベーションが生まれるのは、常にユーザーの求めるものが何なのかを考えた結果です。


沢村一樹

何かを始めるかどうかを決める時に大事なのは、やりたいか、やりたくないかの二択。そして、やりたいと思ったら、すぐに動くこと。


竹内敏晃

「安全が大事だということをしっかりと現場の方々に教えてもらった。必ず現場の人の話をよく聞いてやらないとダメだ」と父は生前よく言っていました。私もその精神を受け継いで経営をしています。


ニック・バーリー

大切なのは「英語が上手かどうか」ではなく、「相手に思いが伝わるか」どうか。英語を母国語としないあなたが英語で話そうとしてくれただけで、相手はその努力を認めてくれるし、感謝もしてくれるはずです。


西村英俊

異常ありません。予定通りです。という報告に満足して会社は問題なくうまく成長しているのだと安心してしまっては、社長は務まりません。社長が安心している間に足の下の土台は少しずつ緩んで、ぽっかり穴が開いて、足元がぐらつくまで気が付かないなんてことになります。


松本幸夫

始業前なら、自分の仕事を邪魔されることもないはず。ミドル社員は何かと仕事を中断されるので、この間に部署全体の方向性を決めるなど「考える仕事」をすることをお勧めします。


遠藤功

大きな組織にはリーダーが必要です。日本の大企業がうまくいかないのは、大きな組織を牽引できるリーダーがいないからです。ではどうすればいいか。ひとつの選択肢は、スポーツでたとえるなら監督ではなくキャプテンで回せるサイズの組織にすればいい。その方が日本らしさが出る。


吉岡俊介

ストレスでつぶれやすい人に共通する特徴は、「建て前にこだわる」ということです。自分の弱さを決して表に出さず、会社のルールや上下関係、完璧であることを優先してしまうのです。


柴田励司

管理職なら毎日経験していると思いますが、たとえば部下が失敗して、損害が出たとします。失態そのものへの腹立たしさ。そして、失敗するような人に仕事を任せた自分への悔しさ。今後起こることへの恐怖……。一連のネガティブな感情が湧き出てきます。その裏には、「自分の立場を守りたい」という気持ちがあるのです。自分を守ろうという呪縛から抜け出すと、仕事がラクになりました。


岩瀬大輔

仕事がまさにそうですが、ネットに頼り切ってしまうと、上手くいくことも、上手くいかなくなります。対面して話をするのがコミュニケーションの原点なのです。


松岡修造

1995年、ウィンブルドンでベスト8に入ったとき、僕は試合中に気持ちを極限まで高めるために、大声で「この一球は絶対無二の一球なり!!」と叫んでいました。日本テニス界の大先輩、福田雅之助さんが残した大好きな言葉です。異様だと感じた人も多かったかもしれませんが、それくらい気持ちを高めて戦わないと、どこかで相手に隙を与えてしまうのです。ビジネスマンがそこまでする必要はもちろんありませんが、テンションを上げて集中しているときほど、人は自分に正直に動けるものなのです。