名言DB

9412 人 / 110637 名言

小川直也の名言

twitter Facebook はてブ

小川直也のプロフィール

小川直也、おがわ・なおや。日本の柔道家、プロレスラー、総合格闘家。東京出身。高校時代から柔道を開始。明治大学経営学部経営学科に入学し、1年生で全日本学生(無差別級)で優勝。その後、全日本柔道選手権優勝7回、世界柔道選手権で金メダル4回・銅メダル3回、アジア柔道選手権で金メダル1回、バルセロナ五輪で銀メダルなどの成績を残し引退。プロ格闘家に転身し活躍。暴走王として人気を博した。

小川直也の名言 一覧

プロレスに元気がないのは時代の変化に対応できていないからです。プロレスはいま、総合格闘技とは違う独自の魅力を生み出さなきゃいけない変革期にあるんです。それなのに、変わろうとしない奴が多すぎる。変わるということは、自分のこれまでのプロレス観を否定しなきゃいけないということですからね。


『PRIDE』に出たのは『ハッスル』の宣伝のためです。優勝したいなんて気持ちはまったくなかったし、勝負事は柔道時代に散々やったから興味がないんです。自分はプロレスラーとしてこの世界に入ったわけで、総合格闘技の調子がいいからって、そっちに移ろうという気にはなれない。泥舟かもしれないけれど、「プロレスという舟は俺が守る」と思った方が、張合いもあります。


昨年の大晦日は、相当なギャラでオファーがあったけど、断りました。プロレス界には何のプラスにもならないですから。それに、あれは「対紅白歌合戦」というひとつのプロジェクトで、出場選手はみんなその選手にすぎない。俺はワン・オブ・ゼムにはなりたくない。


自己プロデュースのコツは、プロレスでいえば、一番大事なのは「出方」です。そのイベントに出るのか、出ないのか。「ギャラが多けりゃ何でも出る」というような奴は、その他大勢になってしまいます。臨機応変さも大事だけど、「これだけは譲れない」という自分の芯みたいなものもなきゃ駄目。それがないと、お客さんは感情移入できないんです。


プロレス界のためになることは何でもやります。ためにならないことは、いくら金を積まれてもやりません。だから、どんなイベントでも、必ず「何の意味があるの?」って聞くんです。それで納得できればギャラは関係ない。地方の試合だって行きます。


『ハッスル』の目標は『アレグリア』です。アレグリアって要はサーカスですよね。それと同じでハッスルも、基本はプロレスだけど、ひとつのエンターテインメント・ブランドとして見てもらいたい。だから、サブタイトルは「ファイティング・オペラ」です。ショーであり、エンターテインメントである以上、当然、レスラー一人一人も自己プロデュースと演出ができなきゃ駄目です。


プロレスというのは、世の中と常にリンクしているものです。会社でも、よく3代目が潰すっていいますよね。プロレスでは力道山さんたちが第一世代、猪木さんたちが第二世代。そして自分たち第三世代が、猪木さんたちの遺してくれた貯金を食いつぶしているのが現状です。このまま潰すわけにはいかないので、大手の団体にもいろいろ言ったけど、全然ダメ。「それなら自分たちで立ち上げるしかない」ということで始めたのが『ハッスル』です。


ハッスル・ポーズを始めたのは、観に来てくれたお客さんに、最後スカッとして帰ってもらって、明日からの活力にしてほしいと思ったから。いまの世の中、みんな元気がないからね。


小川直也の経歴・略歴

小川直也、おがわ・なおや。日本の柔道家、プロレスラー、総合格闘家。東京出身。高校時代から柔道を開始。明治大学経営学部経営学科に入学し、1年生で全日本学生(無差別級)で優勝。その後、全日本柔道選手権優勝7回、世界柔道選手権で金メダル4回・銅メダル3回、アジア柔道選手権で金メダル1回、バルセロナ五輪で銀メダルなどの成績を残し引退。プロ格闘家に転身し活躍。暴走王として人気を博した。

他の記事も読んでみる

川村隆

社長とはある種の役割でしかないのです。「社長機関説」と言いましょうか。社長とは憧れるものでも、畏怖するものでも、嫉妬するものでも、そのイスを奪い合うものでもない、ただの機関なんです。カリスマ性も必要ありません。


田村潤

現場主義を貫き、「どうしたらお客様に喜んでもらえるのか」を一人ひとりが考えて行動するようになってくると、仕事に熱が入り、地域ともだんだん密着できるようになってきた。すると、「キリンビール」を指名してくれる人が増えてきた。これが業績回復の足がかかりになった。


村田昭治

これからは思想・哲学を売るのがマーケティング。


佐々木常夫

上司に嫌われないに越したことはありませんが、仮に一度嫌われてしまっても、ぶつかっていけば挽回も十分可能です。まずは「私のどんなところが悪いのでしょうか」と、嫌われている原因を探りましょう。「一緒に仕事をさせていただくのに、嫌われていたらやりにくいのです。教えてください」とバカ正直すぎるくらいで構わない。思い切って懐に飛び込み、真摯に向き合えば、何かしら突破口が開けてくるものです。


藤井隆太

オーナー経営者だから独断で判断できる。ではこの予算を確保しましょう、この日程で再提出しましょうと。だから、私が自ら足を運ぶのです。


為末大

長期的なモチベーションが湧いてくるのは、「いまやっていることは確かそうだ」「この方法は間違っていない」、そして「意味がある」と感じられるときです。「自分がやっていることは、果たして合っているのだろうか」という迷いがあると、モチベーションが下がってしまいます。


小川理子

パナソニックでは冷蔵庫や洗濯機などいわゆる「白物家電」についても今までの機能的価値だけではなく、感性的な価値を重視してプレミアムなものを出していこうという方針になっています。なかでもオーディオ機器というのは、もっとも人間の想像力をかき立てる、感性の一番深いところに触れる商品なので、プレミアムなものに対する需要はあると見ています。


秋山浩保

仕事に対する真面目さ、内に秘めた使命感など、少しでもポテンシャルが見えれば、こちらからきちんとコミュニケーションします。何回も話しかけられたり、早い返信メールをもらえば、「ちゃんと見られてるんだな」って思いますよね。悪い気はしないでしょう。


犬丸徹三

長春のヤマトホテルは、満鉄直営の近代的な大建築で、これが私の職場であった。最初に与えられた仕事はボーイであった。客に頭を垂れ、慇懃なる口調で語ることがなかなかの難事で、私は一言発するごとに顔面高潮するのを押さえることができなかった。はなはだしく自尊心を傷つけられた気持で、絶えず劣等感に襲われた。しかし日数が経過するにつれて、仕事にも慣れ、制服姿も不自然ではなくなった。


南雲吉則

売れる本を書くには、筆者が言いたいことを伝えるだけでなく、読者がどのようなものを求めているのかを考える必要があります。疑問に対して答えになる本でなければいけません。


杉本隆一郎

自分の意見は一旦はじに置き、まずは相手がどう考えているかを優先して聞くようにする、「複眼思考」を意識してきた。


松岡修造

私も、ややもするとすぐ「自分はもうダメだ」「失敗してしまうかもしれない」とネガティブ思考に陥ってしまいます。だからこそ、自分にストップをかけ、自分を励ますのです。「がんばれ修造!」「おまえならできる!」。気合いを入れて大声で叫ぶ。すると不思議なことに力が湧き上がってきます。皆さんもネガティブ思考に陥りそうになったら、自分を励ます言葉を自分自身にかけてみてください。


野村伯英

間違ってはいけないのは大手と同じような量産型のものには手を出さないということ。あくまでもグローバルでニッチなものに特化するという自分たちの強みを忘れてはいけない。


原田泳幸

2001年に、苦境に陥った日本マクドナルドは大幅な値下げを実施しました。僕も、CEO就任後、2005年に「100円メニュー」を展開しています。これも実質的な値下げでした。価格を落とせば客数が伸びる。両者とも狙いは同じです。しかし、その値下げに至るシーケンス(順序)がまるで異なります。僕はまずQSC(品質・サービス・清潔さ)を引き上げました。そのうえで100円を打ち出す。まず価値を固めて、そのあとに価格で訴求したわけです。QSCの基礎がなければ顧客は店舗に足を運んでくれません。


鈴木貴子(経営者)

「社内決算説明会」は単なる財務会計の報告ではなく、数字の裏にある活動を分析し、計画を達成した、あるいは未達だった理由を社内で共有するためのものです。共有し社員が自分たちの貢献を実感することが、とても重要なことだと思っています。