名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小川浩平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小川浩平のプロフィール

小川浩平、おがわ・こうへい。日本の経営者。「アジアグロースキャピタル」社長。東京都出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学経営大学院修了。米ゴールドマン・サックス勤務を経て、「ファー・イースト・コンソーシアム・インターナショナル・リミテッド」社長、「アジアグロースキャピタル」社長、「森電機」社長、質屋「大黒屋」社長などを務めた。

小川浩平の名言 一覧

大黒屋の財産のひとつは、若手の店長クラスに人材がそろっていること。彼らには厳しい交渉をやり遂げる胆力が備わっています。


日本人が鑑定し、値付けしていることへの信頼性もありますが、アジアでは「大黒屋」が1つのブランドともなっており、うちの販売タグが付いていれば、それだけで信用されます。万が一にも偽物だったら、買い戻しの保証もあります。


うちの商品が売れているのは、他社より割安、つまりお買い得感があるからですが、決して薄利多売ではありません。適正な粗利益と在庫回転率を掛けた交差比率にはいつも注意しており、販売管理費も抑えているので、売上高では業界2位ですが、利益面では決して負けていません。


投資事業というと、それだけで誤解を招きかねない部分もありますが、私がやりたいのはデット(銀行借り入れ)やエクイティ(株式)をバランスよく活用しながら企業の成長を促し、お客さまはもとより、従業員など関係するステークホルダーにとっての価値の最大化を目指すという企業再生の王道を行くことです。ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが大きな目標です。


小川浩平の経歴・略歴

小川浩平、おがわ・こうへい。日本の経営者。「アジアグロースキャピタル」社長。東京都出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学経営大学院修了。米ゴールドマン・サックス勤務を経て、「ファー・イースト・コンソーシアム・インターナショナル・リミテッド」社長、「アジアグロースキャピタル」社長、「森電機」社長、質屋「大黒屋」社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

山崎元

一番相談してはいけない相手こそ、お金のプロである。銀行でも証券会社でも窓口で無料相談できますが、費やした時間を、自社商品を購入させることで取り返そうとします。もしプロに相談するなら、利害関係のない、金融機関に勤める知人でしょう。ただ、相談するときは、その人の勤める金融機関では商品を買わないことを宣言しましょう。もちろん、タグで相談するのは申し訳ないですから、お礼はしっかりとすること。


中山均

考えてみると、私は世にも幸福な男かもしれない。三男一女の父だが、そのうち次男を戦争で失った以外は、みんなよき息子、よき娘で、それぞれよき家庭を営んでいる。子供たちがこうも見事に育ったのは言うまでもなく私の力ではない。私にそんな力や才能のあろうはずがない。なにを隠そう、みんな女房玉恵の丹精のたまものである。


家田美智雄

経営者は会社の恥部を見つけて歩くことが仕事なんだ。普通のゴミなら誰でも見つけられるけれど、小さなゴミは僕にしか見つけられない。


又吉直樹

子供の頃から僕はみんなから愛されるタイプの人間じゃなかった。急に注目を浴びたことで、みんなの期待に応えようとし過ぎているんじゃないか。もちろん読みやすくするための努力はするけれど、結局は自分の思うものをつくるしかない。そんな当たり前のことに気付いた。


オスカー・ワイルド

僕の義務は猛烈に楽しむことだ。


高野登

人と会うときには、「自らに課題を設定する」ことをお勧めします。目の前の人を漫然と見ているだけでは、興味の湧きようがありません。「この人の素敵なところを5つ見つけよう」などと目標を設定すると、俄然、集中力が増し、楽しくなってくるものです。


入山章栄

みなさんに知っていただきたいのが、経営学にあるトランザクテイブ・メモリーという概念です。これは、組織にとって重要なことは、「組織全体が何を知っているか」ではなく、組織の各メンバーが「組織内の誰が何を知っているか」を把握しておくことである、というもの。Whatではなく、Who Knows whatが重要、ということです。これを個人に当てはめると、まさに「誰が何を知っているかを把握し、その知をうまく借りられる力」となります。


金丸恭文

経験じゃない。経験でやろうとすると、チームの年齢がもっと上がります。それでは新しい事へのチャレンジができなくなる。ああしたシステム開発は多分、経験の世界ではできなかったと思います。

【覚え書き|セブン-イレブンのハードとソフトの開発をしたときを振り返って】


小泉文明

メディアはもっぱらデジタルで、とにかくえり好みをしない。私と同じ30代後半の人が使うメディアだけを見ていたら、どうしてもインプットできる情報に偏りが出てきます。それを防ぐために、10代、20代のトレンド情報を意識的に得るようにしているのです。つい先日も、インスタグラムのインフルエンサーランキングで上位に挙がる人を数十人フォローしました(笑)。


江島祥仁

愚直にずっとやり続けている人の方が長続きする。長い目で考えると、そういう人がリーダーになっている。私は「愚直」という言葉が好きです。成功している人というのは、やはり愚直にやっている。


永井浩二(経営者)

証券業はこの十数年で急速に複雑化してきました。これまでは株や債券の売買や発行を仲介して手数料をいただくビジネスが中心でした。ところが現在では、企業合併や買収、巨額の資金調達など証券会社の果たす役割は大きく広がっているうえ、海外との取引を希望するケースも増えています。当社でも高度で専門的な知識をもつ人材を育ててきました。専門性を高めることは重要です。しかし、自分の業務に責任感をもつあまり、部署ごとにしきたりやルールをつくるようになる。すると他部署の干渉を遠ざけ、異物を排除するようになる。私はずっと「これはおかしいぞ」と感じていました。


大川豊

今いる場所で、はみ出すくらいの個性を出して、思いっきり面白がって仕事したり、生きていけばいい。はみ出しすぎて、追い出されたっていいよ。いざとなったら大川興業にネタ見せに来ればいいからさ!