名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小川洋子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小川洋子のプロフィール

小川洋子、おがわ・ようこ。日本の小説家。岡山県出身。早稲田大学第一文学部文芸専修卒業後、川崎医科大学中央教員秘書室に就職。結婚を機に退社し、執筆活動に入る。『揚羽蝶が壊れる時』で海燕新人文学賞、『妊娠カレンダー』でで芥川賞、『博士の愛した数式』で読売文学賞、『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞、『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞を受賞。また、芥川賞、太宰治賞などの選考委員を務めた。

小川洋子の名言 一覧

理屈を超えたものって生きづらさや屈折、困難を抱えている人に必要なものだし、無意味なことをするからこそ人間的だという気もする。


想像力でより遠くへ旅するためには、むしろ何か制限がかかっている方がジャンプ力が出る。


結局、人は自分の生きている世界から逃れられない。


現実と空想の境界線というのは一本の線ではなく、一つの地帯のようになっている。


本当のことが持っている力というのは確かにあって、現実で起こっていることの方が、たいてい作家の想像を超えているんです。現実には太刀打ちできないという気持ちはありますね。


他人から見たら妄想でも、本人にとっては生々しい実体験だというギャップがあるから小説は面白い。誰かにとっては無意味で非現実的な世界が自分にとっては重要でリアルである、写真に撮って説明できないけど、言葉だと伝えられる、そのために小説があるんじゃないかと思います。


小説を読むという行為は、自分が生きている世界とは一体何なんだろうということに触れる体験。どんなに空想的な小説であろうとも、作りごとの世界をふわふわ漂っているように思えても、実は現実の地平と繋がっていることに気づいてもらえたらと思います。


現実には「何これ?」「何この人!?」というような魅惑的なものがいくらでもあって、だから人間は誕生以来小説を書き続けてもキリがないんでしょう。一生かかっても書ききれないほどです。現実という土の中にたくさんの宝石が埋まっている感じです。どの宝石に価値を見出すかは、作家によって違うでしょう。だから私は土を掘り起こして自分の博物館に展示する宝石を探すように小説を書き続けていくのだと思います。


『ことり』という作品を書くとき、烏の専門家の先生に取材して、自然界の歌の歴史のお話を聞き、突然ミュージカルに目覚めました(笑)。歌ならではの感動やさみしさの表現がある、女性ホルモンをかき立てられるような興奮もある(笑)。人は自分以外のものに愛情を注ぐことが必要なんだってミュージカルに触れることで実感できました。それに比べて小説は不自由だし困難だし、常に欠落や空白を抱えている、だからこそ書く意味があるのだと思います。


しゃべる、理屈で説得するというのは、頭と言葉を使ってやることなので限界があります。人間が作り出した言葉は言葉以前から自然界にある音楽や数字には太刀打ちできない。素晴らしい歌を聴いたときの感動は理屈で納得するのとは全然違うものなんです。


なんて素晴らしい小説なんだろうと思うのは、文体が自分に合っているから。言い換えれば小説の声に惹かれているんです。何が語られているかより、どんな声で聞かせてくれるかが読者にとっては大事です。私はできるだけ書いた本人でない語り口、まるでベンチに落ちていた本を拾って読んでいる、そんな距離感が理想と思って書いています。


小川洋子の経歴・略歴

小川洋子、おがわ・ようこ。日本の小説家。岡山県出身。早稲田大学第一文学部文芸専修卒業後、川崎医科大学中央教員秘書室に就職。結婚を機に退社し、執筆活動に入る。『揚羽蝶が壊れる時』で海燕新人文学賞、『妊娠カレンダー』でで芥川賞、『博士の愛した数式』で読売文学賞、『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花文学賞、『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞を受賞。また、芥川賞、太宰治賞などの選考委員を務めた。

他の記事も読んでみる

岡藤正広

企業には強みも弱みもあるものですが、それをよく知った上で、「か・け・ふ(稼ぐ、削る、防ぐ)」を徹底しろとハッパをかけてきました。がむしゃらにムチを入れるだけではなく状況に応じてしっかりとセーブする。これまでの商社はどんどん走って稼ぐけど、削る、防ぐというところが弱くて、特損や赤字の事業会社も多かったんです。伊藤忠商事は僕が社長に就任する前の10年3月期上期と18年3月期上期で比較すると、事業会社の利益が4倍以上になる一方、会社の数は3割くらい減り、黒字会社の比率が66%から81%に増えました。それだけムダを削り稼ぐ力が付いたということです。


齋藤正勝

現場で作業をしていると、各支店の雰囲気や支店長の仕事ぶりなど、いろいろ見えてくるものがありました。最初は、気づいたことを自分のために書き留めていたのですが、どうせなら会社に役立つ情報にしようと思い、自分なりの情報分析と提言として、40の支店の経営分析レポートを経営企画室に持ち込みました。先方でも現場の情報が不足していたらしく、ずいぶん喜んでもらいました。それ以降、システムの仕事に直接関係のない場合でも、なにかと情報や意見を求められるようになりました。


小杉信光

変化の激しい業界、乗り遅れれば負け。70%以上の成算が見込めれば、リスクがあってもやっていく。


堀公俊

会議で周囲の反感を買わずに主導権を奪うには、会議がある程度進んだ段階で、「自分は頭が悪いので、そこまでの議論を一度整理してもいいですか」といいながら、ホワイトボードの前まで歩いていくのです。こう言われて真っ向から反対する人はいません。しかし、会議はペンを持った者の勝ちです。板書すればメンバーの視線は上司ではなく、ホワイトボードに集中します。さらに、出された意見をどうまとめていくかによって、進行を舵取りできます。


山本昌(山本昌広)

偶然、近所にラジコンカーのサーキットがあって、そこに時々通うようになったのですが、上手な子たちを見ていると自分と何かが違う。僕は楽しくて何度もラジコンを走らせるのですが、彼らは1回走らせるごとに時間をかけて車を分解しては、細かな微調整を繰り返すのです。こういう気温、湿度の日はこんな路面状態だからこのセットが速いとか、そういうデータをノートに記録して研究しているんですね。1円の稼ぎにもならない趣味なのにすごいなと。一方、僕は当時1億円プレーヤーになっていましたが、自分は彼らほど一生懸命、野球に取り組んでいるだろうかと。もちろん練習は必死でやっていました。ただ、もっといろんな角度から細かく自分の体や投球スタイルを研究して調整できたら、より質の高い仕事ができるはず。彼らの行動を参考にすべきだと思ったんですよ。


野口啓代

タイトルを取ったことで、順位が気にならなくなりました。人との比較よりも、自分の登りや、どれだけ完全燃焼できたかが大事になったんです。それからはW杯に出ることや競技を続けることが、自分の中心にあります。スポンサーのためとか、生活のためという感覚でトレーニングや試合はしていません。優先順位の一番低いところに仕事、お金、生活がある感じです。かなり自己満足かもしれないですけど。


新野隆

課題はオープンイノベーションを積極的に活用するなどして乗り越えていきます。技術力を磨き続けることは言わずもがなですが、積極的に他社と組んで新しいイノベーションをいち早く顧客に提案していきたい。


三谷宏治

なかなか成果が出ないと、ほかにもっと自分に合った方法があるのではないかと思ってしまいます。それは実際にあるかもしれないし、ないかもしれない。結局は「青い鳥」なんです。成果を出すには、まずはひとつのことを繰り返さなくてはいけないのに、身につく前に次へ移ってしまうことが問題です。


シェイクスピア

偉人には三種類ある。生まれたときから偉大な人、努力して偉人になった人、偉大な人間になることを強いられた人。


佐藤綾子(心理学者)

たくさんしゃべる多弁の人を、私たちは優れたスピーカーだと勘違いしがちですが、実は多弁は雄弁とは全く次元の違うもので、フォーカスをぼやかしたり、本人に自信がなかったり、様々な事情で、単にワード数が増えると心得ましょう。


田口三昭

社長の役割の一つは、社員が挑戦し続ける風土を作り上げること。


赤川次郎

作家になりたての頃、自分の書籍が600冊も出るなんて夢にも思っていませんでした。今も締め切りに追われる毎日ですが、望まれる限り、生涯現役を続けていきたい。