小川栄一の名言

小川栄一のプロフィール

小川栄一、おがわ・えいいち。藤田観光の実質的創業者。京都帝国大学卒業後、安田信託銀行に入行。本店の貸付係長、貸付課長、営業部次長、豊島園社長、日本曹達役員、日曹鉱業常務、ラサ工業常務などを務めたのち、財閥鈴木商店の破たんの巻き添えを食った藤田財閥の整理を太平洋戦争中から任され、整理再建のために藤田興業を立ち上げ社長に就任。同グループの経営再建をしつつ、新たに観光事業を起こし椿山荘、小涌園などの旅館をオープンさせた。そのほか東海汽船社長、国土総合開発社長なども務めた。

小川栄一の名言 一覧

私は現在もなお、借地の上の狭い家に住んでいるが、そのわけは人間には不平がなければ働く意欲を失うからである。不平はエネルギーである。私は人間にある無限の不平とともに歩むことが、大衆とともに歩むことだと思っている。


昔は学問がなくても立派な人間がいた。私はここで世の親御さんにお願いしたいのは、名をあこがれ、無理に子供を有名校に入れて、その魂を殺すよりも、子供の精神がのびのびと成長するよう心がけるべきだということである。私が世に出て感じたことは、いわゆる大学での秀才のみが社会のために尽くしているのではなくて、目に一丁字のない人がいかに世のため、人のためになっているかであった。


運・鈍・根の信念を教えられた。以来、今日まで私は両人の悪口は一切言わないでいる。
【覚書き|日本曹達、ラサ工業の常務時代、両者の社長に大変苦しめられた経験について語った言葉。】


インテリは弱いものである。自分の理論が敗れると即座に退散する。昔の戦国時代の人間は、最後の一兵卒になるまでその城を枕に討ち死にするという執念と深いがめつさがあった。それに比べれば、いまの人の若い強さはインスタントな強さで、自分の理論が崩れたらガタガタと行きやすい。滅びざる過去の20年、30年の伝統が一朝一夕に滅びるはずがないというふうには思わないらしい。


「この伏魔殿をガラス張りにするためにはどうすればいいだろう」私は考えつめた末「日本でいちばん優秀な鉱業技術人を持ってきて根本から生まれ変わらせるほかない」という結論に達した。
【覚書き|日曹鉱業専務として同社の経営再建を任されたときを振り返っての発言】


入社して9年目、私は本店の貸付課長になった。ときに35歳。その間、仕事の関係から酒を飲む機会も多くなったが、酒の席で見た人間は調査に頼らなくとも「これは優良貸しになるかどうか」すぐにわかるようになった。だいたい我々から金を借りながら、自分のめかけ、てかけの芸者をそばに置いて、二次会、三次会をやるような人間にロクな奴はいない。


しょせん月給取りは憎まれる「とり」なんだな。5円、10円、いまならば1000円、2000円という昇給にきゅうきゅうしておっても、それは人生の中のほんのつまらんことじゃないか。そんな月給取りにならずに、俺は月給をあげる人になろう。
【覚書き|安田信託銀行勤務時代を振り返っての発言】


学校は人生の牧場である。その牧場の中で一人恵まれて育った者までが、先に立って悪いことをしたんでは申し訳ない。みんなには悪いが俺は就職して、自分の出世よりもみんなの職場をつくろう。職場をつくってそれをひとつひとつ分けてやろう。


一番素晴らしい人間というものは、父のような冷静さと母のような愛を持たなければならぬ。このふたつが混然として集まってできたものが完全な子供だと思う。キリスト主義だけでもいかん、科学だけでもいかん、愛情だけでも駄目だ。このふたつを持つ人間に私はなりたい。


不平はエネルギーだ。人間は不平がなければ、働く意欲を失ってしまう。


自然の姿は林であり、森なのだ。木が二本で林、三本で森と書く。集団で移せば必ず根付くものだ。これは植物の世界だけでなく、動物の社会でも、人間の社会でも同じことだ。


小川栄一の経歴・略歴

小川栄一、おがわ・えいいち。藤田観光の実質的創業者。京都帝国大学卒業後、安田信託銀行に入行。本店の貸付係長、貸付課長、営業部次長、豊島園社長、日本曹達役員、日曹鉱業常務、ラサ工業常務などを務めたのち、財閥鈴木商店の破たんの巻き添えを食った藤田財閥の整理を太平洋戦争中から任され、整理再建のために藤田興業を立ち上げ社長に就任。同グループの経営再建をしつつ、新たに観光事業を起こし椿山荘、小涌園などの旅館をオープンさせた。そのほか東海汽船社長、国土総合開発社長なども務めた。

他の記事も読んでみる

森川亮

頑張って成果を出している人が評価される仕組みを作るには、会社のトップが決断しなければ、なかなか実現しません。政治家が自分の給料を下げるような法案を取り上げないのと同じで、今は頑張っていない古い人たちが自分の首を絞めるような仕組みは取り入れないでしょう。だから評価制度の仕組みは、トップの決断にかかっています。


アルベルト・シュバイツァー

人を動かすには模範を示すことが大切だ。というよりそれ以外の方法はない。


桜井博志

それまでの失敗や成功の経験から私は、「世の中は道理で動いている」と確信しました。結果が出ないということは、どこかがおかしいからです。「このやり方は正しいし、自分は間違っていない。けれど、結果が出ない」ということは、ほとんどありません。結果が出なかったらその原因を考え、適宜修正、改善していけばいい。


秋山庄太郎

職業は紛れもなく写真家。趣味もまた写真。道楽なんだから始末におえない。


赤羽雄二

仕事のやり方は部下に自分で考えさせるべきだと言う人がいますが、それは自分に自信があり、スキルもある程度以上高い部下の場合です。いきなり高い目標を与えるのではなく、目標を低くし、上司が丁寧に仕事のやり方を教え、部下が「自分にもできた」という小さな成功体験を積み重ねることが大事。


岡田斗司夫

はじめから完ぺきなノートをつくろうとしてはいけません。未完成のまま、あとで書き足したくなる工夫が必要です。スペースはひとつのテーマにひと見開きをあてますが、いつも左ページを開けて、右ページから書きはじめます。最初に書くのはアイデアや仮説がほとんどです。そして、空白になった左ページにはあとから思いついたことを書き足していくのです。たいていは仮説に対する反論か検証、ツッコミのようなものです。自分一人の中にも矛盾した意見を含めて様々な考え方が混在しているので、それをノートの上にすべて吐き出すのです。


山岡勇二

『THE21』本誌のデザイン事務所までは徒歩5~6分なのですが、増刊号『DUAL』のデザイン事務所や編集プロダクションは地下鉄を使い、往復だけで1時間ほどかかり、打ち合わせをしていると、それこそすぐに半日潰れてしまいます。そこで、簡単な打ち合わせで済みそうなページの場合は、デザインの参考になりそうな記事が手元にあれば、誌面をスキャンし、PDFをデザイナーに送付、追って電話で相談するようにしました。確実に残業は減りました。


ジャック・マー(馬雲)

中国語で「ブランド」のことを「品牌」と書きます。私の考えでは、真の意味でのブランドとは「品牌」を構成している2つの漢字「品」と「牌」の両方を兼ね備えているものでなければならないと思います。「品」は品質、あるいは品格。「牌」は看板、要するに知名度です。


国部毅(國部毅)

環境が変わっても変えてはいけないのが、お客様本位ということです。そのために我々の業務を見直すべきなら見直し、かつ従業員が生き生きと働ける職場にしていきたいですね。


樋口一

悪徳業者が増加した時に当社の成約率が高まるという現象も起きました。きちんとした会社であることを理解していただき、実際の商談まで進めば当社に任せていただけるケースが多いのです。


カント

努力によって得られる習慣だけが善である。


ウィリアム・エックハート

トレード額の二%以上をリスクにさらしてはいけないと思うんだ。もちろん、最初に想定していた損切り値を超えてマーケットが窓を開けて始まれば、二%なんて言っていられないけどね


平石貴久

すぐに始められるウォーキングは運動の基本。私たちの筋肉の3分の2は下半身にありますが、これは上半身よりも下半身のほうが2倍のスピードで老化するということ。歩くことは下半身強化という意味で重要。また、足の筋肉は脳細胞とも密接に関係しています。ウォーキングは脳の老化も防ぐ。


柴田励司

以前に社長を務めた会社では、「エブリデイ・5ミニッツ・トーク!」と称してキーパーソンとなる5人の部長と1日5分は必ず話をするようにしていました。現在の会社では、毎日というわけではありませんが、創業者である増田(宗昭)さんと「絶対時間を蓄積する」ことを意識しています。


寺尾玄

「みんなが必要とするものを作ればいい」。それは大いなる気づきでした。会社設立から6年、遅かったですね。倒産寸前になって気づくなんて。そこから気持ちを切り替えました。受注は止まり、製品の組み立て作業もなくなった。暇な時間だけは売るほどある。考える時間はたっぷりあるのだ。だったら、新しい商品を考えて作るまで。できるできないは関係ない。前々からつくってみたかった次世代の扇風機をつくろう。みんなに必要とされる良い扇風機をつくれば必ず売れるはずだ。そんな気持ちで挑んで生まれたのが、バルミューダの起死回生の一手となった自然の風を再現した扇風機「GreenFan」でした。


ページの先頭へ