名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小川善美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小川善美のプロフィール

小川善美、おがわ・よしみ。モバイル向け情報サービス会社の株式会社インデックス社長。一橋大学法学部卒業後、日商岩井に入社。ニフティサーブ担当者としてデジタルコンテンツサービスの実務を経験。株式会社インデックス創業メンバーの一人。副社長を経て社長へ。上場企業最年少女性社長になる。日経WOMANのウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞

小川善美の名言 一覧

M&Aをするにあたっては、まず自分たちの事業ドメイン(領域)に合う会社であることが前提です。もちろん、財務内容やその会社が属する産業の中でのポジショニングなどを考慮しますが、選択の最大のポイントは、その会社の経営者の方ですね。その会社の産業内容について私たちは詳しく知りません。ですから、その人が自分の会社の仕事に関する知識があって、なおかつ経営者としてリーダーシップを張れる人なのかどうかというところで判断します。


通販専業者はすでに紙メディアやテレビショッピングといったロジスティック(物流システム)のノウハウを持っています。それに対抗するには、インターネットや携帯になんとなくお店を開いて商品を並べれば売れるというわけにはいきません。


ベンチャーといえば聞こえはいいですが、中小企業ですから、自分たちで大きな広告宣伝をしたり、投資するというのは難しいですよね。でも、その部分はパートナーである通信事業者がやってくれて、自分たちはユーザーが喜ぶようなコンテンツ作りに専念していけば、結局レベニューシェア(※)という形で自分たちにも収益が入ってくる。そこがこのビジネスモデルの素晴らしいところだと思います。【覚書|※レベニュー・シェアとは、パートナーとして提携しリスクを共有しながら、相互の協力で生み出した利益をあらかじめ決めておいた配分率でシェアすること。】


これから携帯ビジネスで起業する方が、既存の顧客を持っている場合、たとえば、すでに自分でお店をやっていて、さらに携帯でも買い物ができるようにするというのであれば、おそらく簡単に売れるようになるのではないでしょうか。まったくのゼロからということになると、いまでも口コミだけでユーザー獲得ができないわけではありませんが、以前に比べれば知恵と資金が必要になってくると思います。


健全に会社を回していくという、それに尽きるんです。思わぬ事態が思わぬタイミングで発生したりする中で、どうやったら少しでも会社を長く継続できるかを考えること。社員にとっては、安定した環境の中で面白い仕事ができたり、自分の成果に合わせてきちんとお給料が上がるということが一番だと思うんです。ですから、それをまずちゃんとできるようにしていかなくちゃいけない。今はそれが最大のリーダーシップなんじゃないかと思います。


女性だからこそ、いろんな選択肢の中から選ぶ自由を持っていると思うんです。今の日本は超少子化国といわれているくらいですから、結婚して子供を産み、次世代を育てるというのも本当に重要な仕事だと思うんです。それに使命を感じる方は、もっともっとプライドを持ってやってもらいたいですし、逆に仕事で頑張るのも一つだと思います。この時代にこの国に生まれたメリットを活かして自分の進路を考えてみるといいのではないでしょうか。


私が今まで見てきたことから考えると、諦めない人には必ずいいことがあります。もちろん、経営者として引き際が肝心な部分もありますが、どうやって生きながらえるかという部分もありますから、生きながらえてさえいれば、チャンスは必ず巡ってくるんです。


M&Aにあたって、なぜその会社を売りたいのか、出資をしてもらいたいのかというところで、そこかに自分が楽になろうとか、個人的なメリットを得ようと思っている匂いが感じられる人は望ましくありません。


もし自分でビジネスを起こしてみたいなら、まずは第一歩を踏み出すことです。失敗しても、命を失うわけではありません。失敗を怖れずに、まずチャレンジすることが、結果的には成功への第一歩だと思います。踏み出さないことには何も始まりません。


逆風の中をなんとか耐え忍ぶと、結果的に競合企業がなくなっていくんです。3から4社くらい似たような会社があったのに、その会社だけが残ったという感じで。ここへ来てそういう会社がチャンスを得ているのを見ると、賢く立ち回るのも一つだし、泥臭くやるのも一つなんだなって勉強になりますね。


アイデアってある意味では誰でも思いつけると思うんです。それを実現化するところで、もうひとひねりだったり、行動力だったり、技術力だったり、いろんな要素が必要なんだと思います。


今のようにモノがあふれている世の中では、きちんとお客様に価値を提供できるところだけが生き残っていけるわけです。そのためには、ロジスティック(物流システム)や決済などをどれだけ洗練化してコストを下げていけるかにかかってくると思います。


私たちでいえば、携帯だけでモノを売っていくという発想ではなくて、雑誌やテレビなどと組み合わせて売るというのが一つの作戦ですね。また、これからは携帯に限らないと思うんですが、最後は通販としての努力をどれだけできるか。つまり、コストとの戦いだと思います。


iモードのスタートから三年くらいは「iモードの公式サイトになる=マーケティング完了」といっても過言ではない状況でした。ユーザーの獲得は、通信事業者が行ってくれますから、自分たちのマーケティングはとくに必要ではなかったんです。メニューのところまでくれば他社との競争はありましたが、当時はiモードのコンテンツ自体が少なかったので、自分たちが良いサービスを提供してさえいればユーザーが自然についてくるという非常に恵まれたありがたいビジネスモデルでした。現在、iモード全体のアクセスの半分以上が公式サイトではないところに集まっています。最初のころのように、公式サイトにならないとビジネスにならないといった状況ではないと思います。


創業期には事業アイデアや営業力など、プレイングマネジャーみたいなところが必要なので、そういう資質のある人は、そのステージの会社に望ましいと言えるでしょう。また、ある程度会社も事業も形ができてきて、社員数も増えてくると、今度はその人間たちを組織としてマネージメントして動かしていくという、また別の資質も必要になってくると思います。


小川善美の経歴・略歴

小川善美、おがわ・よしみ。モバイル向け情報サービス会社の株式会社インデックス社長。一橋大学法学部卒業後、日商岩井に入社。ニフティサーブ担当者としてデジタルコンテンツサービスの実務を経験。株式会社インデックス創業メンバーの一人。副社長を経て社長へ。上場企業最年少女性社長になる。日経WOMANのウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

逆境にあったり、挫折し絶望しているという人に私はいつも、そんな環境にあるからこそ、いましっかりと目標を胸に刻むよう勧めます。蔑まれ、侮られ、どん底で胸に強烈に描くことのできた目標は、あなたに大きな力をもたらすのです


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金は寂しがり屋だから、お金がたくさんあるところに集まる習性がある。


笠倉健司

人生の中には晴れの日もあれば、雨の日もある。


冨安徳久

この世に人として生を受けて生きることは誰かのために行動を起こし、役立つということ。それが人生。


大橋正教

自分で必要だと思って行動しないと、メダルには届かないと思います。だから、スカウトする時点で私生活や性格まで、いろいろな情報を集めます。社会人になって伸びるのは、目的意識を強く持っている選手です。自分にとっての一番のコーチは自分だと意識しないと伸びません。


丹羽宇一郎

日本は資源が乏しく、武器となるのは人と技術しかありません。私は頭脳流出だけでなく、若い人の理工系離れについても危機感を持っています。これから少子化で人はどんどん減りますから、技術まで落ちぶれたら日本経済の将来に大きな支障をきたす可能性があります。アメリカも理工系学生が減ってきたそうですが、奨学金と先生を増やしてテコ入れすると言っています。中国もドイツも同じように理工系離れを食い止めようとしています。


和田秀樹

長い間楽しめて、歳をとっても実利が期待できるカウンセリングや精神分析は、大人の勉強の中ではおすすめのうちの一つであるのは確かなことだ。はじめる時期も若いうちである必要はない。アメリカでは50歳を過ぎて正式の分析家になるなどというケースはごまんとあるのだ。定年退職後に臨床心理を勉強しなおすというのも、十分考慮に値する選択だろう。


葛西敬之

私の子供を見ても、濃密な人間関係は重要だと感じました。国鉄ですと転勤が結構あり、先々で国鉄の宿舎が固まっています。同じくらいの年齢の子供がたくさんおり、私の子供たちはその中でもまれるので、割と人慣れしていった気がします。今は当社の社員でも自分で住む場所を決め、会社が資金援助するという仕組みです。そうすると子供たちは学校と塾以外での人間関係が希薄になります。これを補うのが全寮制のメリットです。「学住近接」ですから、時間を有効に使えます。寮の中では、携帯電話やインターネットの利用を制限しています。だからといって硬直的な人間になるとは思いません。かえってネットに拘束されない時間を使って自由に読書を楽しみ、想像力を養うことができるのではないでしょうか。


熊本昌弘

本業を守ることは大切ですが、それと同じように新しい分野に挑戦することも重要だと思います。それぞれの技術は、他の技術と関連していて連続性があります。製品だけを見れば、まったく関係ないような技術でも、実はつながっているケースは多々あります。それに、自分たちのキーテクノロジーを基に常に新しい分野へ挑戦していくことは、社員のやる気を引き出す効果も大きいと思います。企業は結局、社員のやる気に支えられているのです。


冨安徳久

社員一人一人がそれぞれの人生を歩んでいますが、ティアという葬儀社に出会ったからには、自分の人生を人のために尽くす「尽生」に変えることが、世界でたった一人しかいない人の最期を司るものとしての覚悟であると考え、社員に「尽生観」を教えています。


齋藤孝(教育学者)

組織において求められているのは、「ニュートラルな存在」であると私は思います。派閥やグループに属さず、誰とでも同じスタンスで関われる人がいると、その場が和んでオープンな空気になる。そういうニュートラルな人は、総じて雑談がうまいものです。誰とでも上手に話ができて、全員と適度な距離を保てる人は、人間としての器の大きさを感じさせます。つまり、周囲からの人望も厚くなるのです。


池上彰

私は子供のころから就職して1~2年目まで、ずっと内気で引っ込み思案でした。それがいまでは、国内外の様々な人に会って取材したり、テレビに出たり。記者になって、存分に仕事をしたいという思いが私を変えていきました。伝える力はいくつになっても伸ばすことができると強調したいです。