名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

小川善美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小川善美のプロフィール

小川善美、おがわ・よしみ。モバイル向け情報サービス会社の株式会社インデックス社長。一橋大学法学部卒業後、日商岩井に入社。ニフティサーブ担当者としてデジタルコンテンツサービスの実務を経験。株式会社インデックス創業メンバーの一人。副社長を経て社長へ。上場企業最年少女性社長になる。日経WOMANのウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞

小川善美の名言 一覧

M&Aをするにあたっては、まず自分たちの事業ドメイン(領域)に合う会社であることが前提です。もちろん、財務内容やその会社が属する産業の中でのポジショニングなどを考慮しますが、選択の最大のポイントは、その会社の経営者の方ですね。その会社の産業内容について私たちは詳しく知りません。ですから、その人が自分の会社の仕事に関する知識があって、なおかつ経営者としてリーダーシップを張れる人なのかどうかというところで判断します。


通販専業者はすでに紙メディアやテレビショッピングといったロジスティック(物流システム)のノウハウを持っています。それに対抗するには、インターネットや携帯になんとなくお店を開いて商品を並べれば売れるというわけにはいきません。


ベンチャーといえば聞こえはいいですが、中小企業ですから、自分たちで大きな広告宣伝をしたり、投資するというのは難しいですよね。でも、その部分はパートナーである通信事業者がやってくれて、自分たちはユーザーが喜ぶようなコンテンツ作りに専念していけば、結局レベニューシェア(※)という形で自分たちにも収益が入ってくる。そこがこのビジネスモデルの素晴らしいところだと思います。【覚書|※レベニュー・シェアとは、パートナーとして提携しリスクを共有しながら、相互の協力で生み出した利益をあらかじめ決めておいた配分率でシェアすること。】


これから携帯ビジネスで起業する方が、既存の顧客を持っている場合、たとえば、すでに自分でお店をやっていて、さらに携帯でも買い物ができるようにするというのであれば、おそらく簡単に売れるようになるのではないでしょうか。まったくのゼロからということになると、いまでも口コミだけでユーザー獲得ができないわけではありませんが、以前に比べれば知恵と資金が必要になってくると思います。


健全に会社を回していくという、それに尽きるんです。思わぬ事態が思わぬタイミングで発生したりする中で、どうやったら少しでも会社を長く継続できるかを考えること。社員にとっては、安定した環境の中で面白い仕事ができたり、自分の成果に合わせてきちんとお給料が上がるということが一番だと思うんです。ですから、それをまずちゃんとできるようにしていかなくちゃいけない。今はそれが最大のリーダーシップなんじゃないかと思います。


女性だからこそ、いろんな選択肢の中から選ぶ自由を持っていると思うんです。今の日本は超少子化国といわれているくらいですから、結婚して子供を産み、次世代を育てるというのも本当に重要な仕事だと思うんです。それに使命を感じる方は、もっともっとプライドを持ってやってもらいたいですし、逆に仕事で頑張るのも一つだと思います。この時代にこの国に生まれたメリットを活かして自分の進路を考えてみるといいのではないでしょうか。


私が今まで見てきたことから考えると、諦めない人には必ずいいことがあります。もちろん、経営者として引き際が肝心な部分もありますが、どうやって生きながらえるかという部分もありますから、生きながらえてさえいれば、チャンスは必ず巡ってくるんです。


M&Aにあたって、なぜその会社を売りたいのか、出資をしてもらいたいのかというところで、そこかに自分が楽になろうとか、個人的なメリットを得ようと思っている匂いが感じられる人は望ましくありません。


もし自分でビジネスを起こしてみたいなら、まずは第一歩を踏み出すことです。失敗しても、命を失うわけではありません。失敗を怖れずに、まずチャレンジすることが、結果的には成功への第一歩だと思います。踏み出さないことには何も始まりません。


逆風の中をなんとか耐え忍ぶと、結果的に競合企業がなくなっていくんです。3から4社くらい似たような会社があったのに、その会社だけが残ったという感じで。ここへ来てそういう会社がチャンスを得ているのを見ると、賢く立ち回るのも一つだし、泥臭くやるのも一つなんだなって勉強になりますね。


アイデアってある意味では誰でも思いつけると思うんです。それを実現化するところで、もうひとひねりだったり、行動力だったり、技術力だったり、いろんな要素が必要なんだと思います。


今のようにモノがあふれている世の中では、きちんとお客様に価値を提供できるところだけが生き残っていけるわけです。そのためには、ロジスティック(物流システム)や決済などをどれだけ洗練化してコストを下げていけるかにかかってくると思います。


私たちでいえば、携帯だけでモノを売っていくという発想ではなくて、雑誌やテレビなどと組み合わせて売るというのが一つの作戦ですね。また、これからは携帯に限らないと思うんですが、最後は通販としての努力をどれだけできるか。つまり、コストとの戦いだと思います。


iモードのスタートから三年くらいは「iモードの公式サイトになる=マーケティング完了」といっても過言ではない状況でした。ユーザーの獲得は、通信事業者が行ってくれますから、自分たちのマーケティングはとくに必要ではなかったんです。メニューのところまでくれば他社との競争はありましたが、当時はiモードのコンテンツ自体が少なかったので、自分たちが良いサービスを提供してさえいればユーザーが自然についてくるという非常に恵まれたありがたいビジネスモデルでした。現在、iモード全体のアクセスの半分以上が公式サイトではないところに集まっています。最初のころのように、公式サイトにならないとビジネスにならないといった状況ではないと思います。


創業期には事業アイデアや営業力など、プレイングマネジャーみたいなところが必要なので、そういう資質のある人は、そのステージの会社に望ましいと言えるでしょう。また、ある程度会社も事業も形ができてきて、社員数も増えてくると、今度はその人間たちを組織としてマネージメントして動かしていくという、また別の資質も必要になってくると思います。


小川善美の経歴・略歴

小川善美、おがわ・よしみ。モバイル向け情報サービス会社の株式会社インデックス社長。一橋大学法学部卒業後、日商岩井に入社。ニフティサーブ担当者としてデジタルコンテンツサービスの実務を経験。株式会社インデックス創業メンバーの一人。副社長を経て社長へ。上場企業最年少女性社長になる。日経WOMANのウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞

他の記事も読んでみる

大橋未歩

プロフェッショナルたちとの出会いから多くのことを学び、彼らとの出会いがいまの私をつくってきたように思います。


前田新造

お客様からのハガキはすべて、BC(美容部員)一人一人に毎月フィードバックしています。その日、彼女たちは非常に緊張するようです。自分に対する評価ですし、ハガキを読めば「あのお客様だ」とすぐわかる。しかし、それがお叱りの言葉であっても、励みになると言うんです。「お客様こそ先生である」という思いは、ますます強くなっていると思います。


横山光昭

「老後不安」という言葉もそうですが、メディアで目にする言葉や断片的な知識に振り回されている方がとても多い気がします。例えば「iDeCO(イデコ)」とか「つみたてNISA」も「税金が安くなる」と聞いて飛び付く人がいます。それぞれいい制度ですが、誰にとってもいいとは限りません。


田中辰巳

なぜ企業の危機管理がうまくいかないのか。最大の理由は、人が「見えにくい罪」というものに引っかかるからである。自分が罪を犯していることをなかなか自覚できないのが「見えにくい罪」だが、これに足を取られるパターンは大きく分けて二つある。(1)悪意がないまま加害者になってしまっていたり、自らに被害者の側面があるために加害者になっていることを見落としてしまう場合。(2)従来は合法だったものが違法とされた場合。


伊藤博之(経営者)

ピアプロでは「原作品を利用する場合には作者に、利用しました、と報告し感謝の意を表する」などの規約順守を前提に(ピアプロで公開されている作品の)2次・3次創作を認めています。ヒントになったのは、フリーソフトウェアや、「クリエイティブ・コモンズ」の考え方です。著作権法によって作品の改変を禁止するのではなく、作者が一部の権利を解放することを宣言して、利用を促進し、第三者との共同作業によって完成度を高めようというムーブメントです。


高橋要(サイト運営者)

ウェブの進化で、労力をかけずに稼ぐことが可能になった。今後はユーザーに「場」を提供することが一番の稼ぐ方法になると思います。


榊原英資

どうやって自分を鍛えていくかということを考えていくべき。「いま何をやるべきか」をよく考えて鍛錬していけば、将来的に、必ずどこかで生きてきますから。


佐藤優

50代に入ってから新しい人と出会っても、得られるものはほとんどない。それよりもいままで培ってきた人脈を掘り下げて人間関係を熟成させたほうがいい。いい年齢になってからも人脈開拓に夢中になっている人もいるが、それはこれまでろくな人脈を築いてこなかったことの裏返し。


菊原智明

何年も営業畑にいてわかったのは、長く活躍する人ほど新しい人の意見をよく聞くということ。実際、トップセールスマンほど、自分よりはるかにキャリアの少ない若手にも「アポはどう取っているの?」「あの客、電話はいつすればいいかな?」などと対等に聞いていました。そうやって、自分の考えが固定化したりズレたりするのを防いでいるんです。


野口弘子

いつも背伸びをしてきたからこそ、いまがあるのかもしれません。背伸びをしない人は伸びないですもの。


藤波克之

父と母が苦労して会社を育ててきた背中を見てきました。「これからはモノのサービスは廃れるかもしれないが、心のサービスは廃れない」という父の言葉は忘れられません。


西江肇司

広告だと思うと、消費者は身構えてしまう。逆に客観的な報道だと、スッと受け入れてもらえる。世間に受け入れられやすい引っ掛かりをつくることが大事なんです。