名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小嶺忠敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小嶺忠敏のプロフィール

小嶺忠敏、こみね・ただとし。日本のサッカー指導者。長崎県出身。大阪商業大学卒業後、母校の島原商業高校で商業科教諭兼サッカー部監督を務めインターハイ優勝などの実績を残す。国見高校へ移り、無名だったサッカー部を全国サッカー選手権で6度優勝に導いた。その後、国見高校教頭、校長を務めたのち定年退職。定年後は長崎県サッカー協会会長、長崎県教育委員会参与、特定非営利活動法人V・ファーレン長崎スポーツコミュニティ理事長、長崎総合科学大学情報学部情報経営学科特任務教授、長崎総合科学大学附属高等学校サッカー部総監督などを務めた。長崎県民栄誉賞第一号を受賞。

小嶺忠敏の名言 一覧

日本サッカーの技術水準は間違いなく上がっています。サッカー人口の裾野が広がったことが最大の理由ですが、加えて6歳から12歳までのゴールデンエイジで、サッカーの楽しさや厳しさ、テクニックをしっかり身につけさせるという日本サッカー協会の指導が全国に行きわたったことが大きいでしょう。


技術は時間をかければ育てることができるので、身長がむちゃくちゃ高い、ものすごく足が速いといった、鍛えても身につかない能力は重要です。


小嶺忠敏の経歴・略歴

小嶺忠敏、こみね・ただとし。日本のサッカー指導者。長崎県出身。大阪商業大学卒業後、母校の島原商業高校で商業科教諭兼サッカー部監督を務めインターハイ優勝などの実績を残す。国見高校へ移り、無名だったサッカー部を全国サッカー選手権で6度優勝に導いた。その後、国見高校教頭、校長を務めたのち定年退職。定年後は長崎県サッカー協会会長、長崎県教育委員会参与、特定非営利活動法人V・ファーレン長崎スポーツコミュニティ理事長、長崎総合科学大学情報学部情報経営学科特任務教授、長崎総合科学大学附属高等学校サッカー部総監督などを務めた。長崎県民栄誉賞第一号を受賞。

他の記事も読んでみる

千林紀子

私は会社の設立準備段階から、仲間と一緒に会社をつくり上げてきました。この1年間、事業基盤を固めるための数字を必死に追いかけてきたので、仲間たちは戦友だと思っています。


中野信子

サイコパスは平気で嘘をついたり、罪悪感を感じなかったりといった反社会的な人格の持ち主ですが、他人が不倫をしていたからといって無駄に攻撃したりはしません。これに対して、「普通の人」はそれを放っておけない。それまでほとんど興味のなかった目立つ人の不倫に怒って「謝罪を」と思う。あるいは、「行動を改めさせなくてはいけない」と考える。ワイドショーやネット上で常軌を逸したバッシングが起きるのはその表われです。このとき、叩く側は自分は正しいことをしていると思っている。それどころか、「これは世の中を正すために必要なことだ」と考えてさえいます。自分が正義の側に立って、世のため人のために活躍できるのですから、そこには大きな快感が立ち現われてきます。これは、脳機能画像を撮像すると、人が失敗したときに喜びを感じることからも明らかです。自分自身が正義の権化になれる、その喜びを感じたくて、大衆はひそかに「この人は叩いてもいい」という次の標的を潜在的に探しています。


諸富祥彦

なぜ叱られているのかをきちんと説明しないと、子供にはわかりません、わからないから子供なのです。そして、「してはいけない理由」「しなければいけない理由」を粘り強く教えるのが躾であり教育なのです。


作本義就

創業当初、私の言動に理解を示す人はほとんどいませんでした。なぜなら私のやろうとしている仕事が常識では考えられないビジネスモデルだったからです。それから10年余りが過ぎ、導入実績も増え、お客様から感謝される声を聞く度に、自分の決断は間違っていなかったと感じています。


白澤卓二

世の中の「当たり前」を疑い、その異常さを自覚して、自分の頭で考え、バランスを取っていくことが肝要。


チバユウスケ

バンドの何がいいのかって言ったら、すげえいい曲ができる瞬間って必ずあるわけよ。その時はすごい興奮する。それがあるから楽しい。


新野隆

携帯電話事業、パソコン事業をそれぞれ分社化したとき、「これからのNECは何の会社になるんだ」と各事業の役員全員で議論しました。新NECはそのときスタートしました。


鈴木修

社長といっても、その会社の最高決定権を誰が持っているか、ということも大事ですよね。むしろ相談役とか、名誉会長とかが実権を握っているというようなこともありますから。それを考えないといけない。名誉会長なのに代表取締役って人もいるでしょう。あれは(名誉会長という肩書が)偽物(笑)。


川田修(ライフプランナー)

私は、営業で大事なことは結局、感謝と愛情だといつも言っており、それなしには、どんな工夫も生きてこないからです。できれば、その奥にある考え方を理解したうえで、テクニックを使ってほしいと思います。


吉田尚記

コミュニケーションは、自己主張でも自己表現でもありません。結局コミュニケーションの目的は、「人と仲良くしたい」ということに尽きると思う。相手を言い負かして優位に立つことでもなく、自分を理解させることでもなく、ただその時間を楽しく過ごしたい。そこが最終目的地じゃないでしょうか。


釜和明

社長就任時は上場廃止の危機に直面しましたが、従業員たちの頑張りで業績は回復しています。このほど日本格付研究所(JCR)と格付投資情報センター(R&I)から格付けを引き上げてもらいました。ようやく普通の会社に戻りました。私は今年3月末で社長職から退きました。社長であったこの5年間、部下をぐいぐい引っ張るタイプの人が社長でも、同じ結果になっていたかもしれません。ですが、私も自分なりに自然体で危機に対応することで、成果を残せたのだと思っています。


小林喜光

社外に臆することなく発信することで、社内の人材を動かす側面もある。