名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小島瑠璃子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小島瑠璃子のプロフィール

小島瑠璃子、こじま・るりこ。日本のタレント、スポーツキャスター、グラビアモデル。千葉県出身。ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得し芸能界入り。情報バラエティ番組やスポーツ番組、CMなどで活躍。

小島瑠璃子の名言 一覧

すごい方たちとお会いするたびに「この人はなぜこんなに魅力的なんだろう?」って観察するんです。それは努力というより、楽しい作業。だから誰とも壁をつくらないようにしてます。


テレビでは二度と同じことは起こらない。過去を反省するより、次に向けて自分の幅をひろげたい。


芸能界に入って、はじめの1~2年は、ほとんど仕事がありませんでした。でも、きれいな言い方をすれば、無欲というか。なにがなんでも芸能界で成り上がってやる、というような気持ちがなかったこともあり、焦りはありませんでした。普通に高校に通って、サッカー部のマネージャーもやって、受験勉強もしました。そんなふうにしているうちに、幸運にもいろいろなお仕事をいただけるようになりました。


小島瑠璃子の経歴・略歴

小島瑠璃子、こじま・るりこ。日本のタレント、スポーツキャスター、グラビアモデル。千葉県出身。ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得し芸能界入り。情報バラエティ番組やスポーツ番組、CMなどで活躍。

他の記事も読んでみる

鈴木みゆき(経営者)

この問題はどう解決するのか、問題解決にはどのような手段があるのか。オープンに議論することで、問題意識をチーム内で共有することもできます。当社にはオーストラリア人と日本人が多いのですが、かなり活発に議論しています。


鹿島泰孝

改善点はどこかを常に考え、凝り固まった常識から飛び出して、ものを見るようにしてきた。


田中通泰

菓子業界を巡る環境は年々厳しくなっています。その中で確固たるブランドを維持していくことが生き残るための王道ではないでしょうか。


むらかみかずこ

「手書き文字に自信がない」という人も多いでしょうが、手書きメッセージの役割は「気持ちを伝える」ことですから、そこはあまり神経質にならなくて良いと思います。ただ、次の三つを押さえて書くと、読みやすい文字が書けます。一つは「大きく」、二つ目は「太く」、そして「青いインク」で書くことです。字に自信がない人は苦手意識から、小さく書く傾向にあります。しかし、小さい文字は読みづらく不親切です。読みやすい大きさの文字を書くには、「太い」ペンを使えばいいのです。標準的なボールペンの芯は0.5ミリですが、0.7や0.8ミリのものをお勧めします。太い芯を使えば自然と大きい文字になります。綺麗な字よりも読みやすい字を書くことこそ相手本意です。インクの色については、黒でももちろん良いのですが、あえて青を使用することで、「元気・爽やか・品の良さ・誠実さ」といった印象を与えられます。


高橋荒太郎

人間は概して弱いものである。順境期はともかくとして、ひとたび逆境に直面すると、必ず右するか左するか悩むことがある。そのときに、確固たる「よりどころ」がないと、冷静な判断を失い、ともすると軌道を逸して、越えてはならない「矩(のり)」をこえてしまう場合が多い。だから私は、常務時代も専務時代も、また副社長、会長の職にあったときも、絶えず「基本方針の理解と実践」を強く要望してきたのである。


谷所健一郎

企業の採用・不採用は、あくまで相対評価の結果です。絶対評価ととらえてはいけません。


大山健太郎

「あえて締切ギリギリ」でやってみる。これも、短時間で密度の高い仕事ができる、効率のよい方法と言えるでしょう。


松本幸夫

クレーム処理に限らず、面倒な仕事を先延ばしにすると、心の片隅にひっかかって「早くやらなきゃな」と一日中気にし続けることになってしまいます。これではモチベーションも効率も下がる一方です。「面倒な仕事は片づけてしまわない限り、永遠に目の前から消えない」と自分に言い聞かせて、面倒な仕事こそ朝一に手をつけるようにしましょう。


川西勝三

経営はその日暮らしではいけません。常に次の代、次の代を見据えて、投資や方針を決めていかなければなりません。ロングラン、つまり長期的視野で経営を見たときに、自分たちの技術がいかに世の中のために必要な技術であり、有意義な技術であるかということに自信が持つことができれば、胸を張って競争に突入することができます。


齋藤孝(教育学者)

話し上手な人が雑談上手というわけではありません。雑談力とは流暢に話すスキルではありません。雑談とは場の空気を作り出す技術のこと。たとえ口下手でも、朴訥な話し方で場を和ませる人もいますし、自分はほとんど話さず、相づちを打つだけで雑談を盛り上げる人だっているのです。


赤塚保

世間には老舗と呼ばれるお店がまだ数多くありますが、歴史があるからと慢心して古いままの考えだけで経営を行っていると、時代の変化に対応できず沈んでしまいます。


井上理(ホテル経営者)

一部の部屋を豪華にしても、部屋に泊まった人にしかそのメリットは感じてもらえません。かといってすべての部屋をグレードアップするには、膨大なコストがかかります。それに対して、共用部分は宿泊するお客様全員が使うことができます。共用部の付加価値を高めることが、顧客満足度をより上昇させると考えた。