名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小島希世子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小島希世子のプロフィール

小島希世子、おじま・きよこ。日本の社会起業家。「えと菜園」「農スクール」代表。熊本県出身。慶應義塾大学卒業後、産地直送有機農業会社などを経て、「えと菜園オンラインショップ」を開設。また、「NPO法人農スクール」を設立し、ホームレス、生活保護受給者、障害者などの社会的弱者の就農・自立を支援する活動を行った。

小島希世子の名言 一覧

本当にもう、できることからやっていくしかない。


いまの流通は、質にこだわる農家さんも量を追求する農家さんも同じシステムに乗せられるので、それぞれのこだわりがお客さんに伝わりません。その結果、農家さんのこだわりが価格に反映されづらくなり、こだわればこだわるほど商売として成り立たなくなってしまう。それを打破するには、ネット直販で透明性を高めるのが一番です。誰がどのようなこだわりでつくっているのかわかるようになれば、こだわりのお米や野菜はそれにふさわしい価格をつけられるし、農家さんもお客さんの期待に応えようと品質をさらに高める努力をするようになる。長い目で見れば、それが農業を守ることにつながるという思いで始めました。


夏は朝4時から畑に出て日暮れまで働いていますが、肉体的な大変さはかえって清々しいくらいで、苦には感じません。


いま農家を継ぐ人が少ないのは、価格が安すぎることも一因です。農作物は人間の体をつくるものなので、もうちょっと関心を持たれるべきだし、ありがたいことに関心を持ってくださる方は10円、20円高くても、買ってくださいます。


会う人会う人に、「いま農地を探してます」と話をしていました。その結果、ある地主さんと知り合って、600坪を借りることができました。正確に言うと、土地を借りるのではなく、地主さんと一緒に農業をやるという形でしたが。


いま自分がつくる側になってよくわかったのですが、やはり農作物が売れないと農家は成り立たない。流通のことを勉強できたことはいい経験になりました。


えと菜園が目指すところは一つ。農業によってみんなが幸せになることです。


どんなに人間社会が発展しても生物である以上、人間は食べなければ生きてはいけません。結局、どれも根っこは同じで、農業が「食」と「職」を供給し、「生きる」ことに大きくかかわっています。このことを原点に、事業に取り組み続けていきたい。


小島希世子の経歴・略歴

小島希世子、おじま・きよこ。日本の社会起業家。「えと菜園」「農スクール」代表。熊本県出身。慶應義塾大学卒業後、産地直送有機農業会社などを経て、「えと菜園オンラインショップ」を開設。また、「NPO法人農スクール」を設立し、ホームレス、生活保護受給者、障害者などの社会的弱者の就農・自立を支援する活動を行った。

他の記事も読んでみる

木部智之

本を読んだあと、さらにその内容を実践してみると、よしあしがわかります。本に書いてあった通りではなく、実践しながらエッセンスを抽出することを心がけています。


細谷功

アイデア出しのように全員が発言することが大事な会議もあれば、本当は落としどころが決まっていて、キーパーソンを説得して合意してもらうことが目的の会議もあります。あるいは、結論の方向性が明確で、それに向かって一気に収斂させて結論を出したいのか、ブレーンストーミングのように、そもそも脱線するのが前提で発散したまま終えてもいい会議なのか、明確にすることで出席者にベクトルは揃います。


太田彩子

目標が明確になれば、いまやるべきことが自ずと決まると考えている人は多いでしょう。私も、かつては目標から逆算して自分の行動を決めていくタイプでした。しかし、結局は途中で無理が生じて挫折しました。そのとき気が付いたのは、ゴールから逆算するやり方は自分には合わないということです。


森川亮

失敗とは、自分の間違いに気づき、変わるきっかけを与えてくれる貴重な経験。


杉本博司

価値がなくなりにくいものは、シンプルなものじゃないですか。装飾過多の作品というのも一時は人の目を奪いますが、長くはもたないんですよ。ずっと価値のあるものと思われ続けるかどうかは、やはり人の心の源泉にまで触れられるかどうかにかかっているのではないでしょうか。


稲村純三

答えは必ずどこかにある。そう思うことで、一時的に苦しいことはあっても、できないことはない、何か手はあるはずだと、未知の分野にも前向きにチャレンジできた。


松﨑隆司(経営者)

大切なのは不動産の専門知識だけではない。重要なのは人としてのコミュニケーション能力の高さだ。


上西京一郎

キャスト(従業員)の研修の中で一貫して問いかけているのは、「ディズニーとは何か」という命題です。ゲスト(お客様)にハピネス(幸福感)を提供する。ディズニーの最終的な目標を常に思い起こさせるのです。


竹田和平

物事すべてに感謝の気持ちを表し、世のため人のために生きていけば、歯車がかみ合ってうまくいく。人生とは、そういうものなんですな。


竹島愼一郎

人は心のなかで思っていることを簡潔明瞭に言い当ててくれていると、そのあとの企画内容にも好感を抱いてくれます。


秋元康

転職するかどうか1年かけて悩んでも、今日1日で決めても、正解率はおそらく変わりません。それならば、瞬時に決めて、こっちだと思う方に全力で走ってみるべきです。もしその先が行き止まりだったら、また全力で戻ってくればいい。そして、この「戻ってくる力」こそが若さなのです。


菊入みゆき

ゴールまでが長い仕事なら、日々、やった作業を記録して達成感を得ることで、やる気を維持できます。