名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小山登美夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小山登美夫のプロフィール

小山登美夫、こやま・とみお。日本のギャラリスト。東京出身。東京芸術大学芸術学科卒業。西村画廊、白石コンテンポラリーアートなどを経て小山登美夫ギャラリーを開廊。日本現代アートの代表的なギャラリストとして活躍。そのほか明治大学国際日本学部特任准教授などを務めた。著書に『現代アートビジネス』『小山登美夫の何もしないプロデュース術』『その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる』ほか。

小山登美夫の名言 一覧

アートに親しもうにも「どう観ればいいのかわからない」という声もよく耳にします。でも、それでいいのです。作品を観て、思ったとおりに感じればいい。


良い絵だと言われているからといって、良い絵だとして鑑賞する必要はありません。有名な作家の作品でも、「わからない」「面白くない」と思うのは当たり前です。疑問を持つからこそ、作品への理解を深めることができるのです。


マルセル・デュシャンというフランスのアーティストは、男性用便器に『泉』というタイトルをつけて展覧会に州展しました。1917年当時、これは大問題になりました。自分で作っていない既製品。しかも便器が美術品だと言うのですから。彼が提示したのは、「固定化したものに、まったく違う意味を持たせる」という発想です。つまり、誰が見ても便器にしか見えなかったものが、ネーミングや展示場所によっては、別のモノへと覆るのです。このように、アート作品からは多くの非日常を体験できます。その体験は新たなアイディアを生み出す源泉となり得ます。


小山登美夫の経歴・略歴

小山登美夫、こやま・とみお。日本のギャラリスト。東京出身。東京芸術大学芸術学科卒業。西村画廊、白石コンテンポラリーアートなどを経て小山登美夫ギャラリーを開廊。日本現代アートの代表的なギャラリストとして活躍。そのほか明治大学国際日本学部特任准教授などを務めた。著書に『現代アートビジネス』『小山登美夫の何もしないプロデュース術』『その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる』ほか。

他の記事も読んでみる

安田善次郎

意思の弱き人は、友人知己のために保証人等となり、不測のわざわいを買うことあり。そのごとき一時の人情に駆られて、自己の利害を顧みざる人は、勤倹貯蓄を実行するあたわず。


内藤誼人

動物は毛づくろい(グルーミング)しあうことで仲間を認識しますが、人間にとってのグルーミングは、声や言葉のコミュニケーションであるという心理学の仮説が「ボーカル・グルーミング仮説」です。ですから、挨拶は目礼や会釈だけではなく、声に出して伝えるのがベター。その際、雑談や気の利いたやりとりをしなきゃ、と頑張る必要はありません。声をかけることに意義があるので、「おはようございます」「お疲れ様です」「お先に失礼します」だけでも十分です。


ウォルト・ディズニー

前衛的なものではなく、商業的になれ。芸術とは大衆が好むものだ。彼らが欲しているものを提供しなさい。商業的であって悪いことなんてない。


レイ・クロック

誰かに幸福を与えることは不可能だ。独立宣言にもあるように、唯一できることは、その人に幸福を追う自由を与えることである。幸福とは約束できるものではない。それは、どれだけ頑張れたか、その人の努力によって得られる、その人次第のものだ。


田中和彦

オンとオフの切り替えが大切だとよく言われますが、その中間のグレーゾーンこそ大切。


滝久雄

電話や来訪の約束が入らない早朝を活用することで、社員とのコミュニケーションの機会をつくることができます。自分が描いているビジネス方針など、朝の時間を使って直接社員に伝達できれば、経営の力強い推進力が得られます。


坂本孝

なぜ私が40代に失敗を勧めるかというと、40歳からは失敗よりも成功する可能性のほうが高くなるからです。それまでに積み重ねた失敗のなかには、成功の秘訣が詰まっています。だから40歳からが仕事は面白い。


真壁刀義

プロレスがお客さんに力を与えられるのは、立ち上がる姿を見せられるからだよね。よだれを垂らして、大股開いて、弱い姿をさらしてぶっ倒れていたやつが、「……このやろう!」と立ち上がる。お客さんは、それに背中を押されるんです。寝たままでいたっていいんだよ。そのほうが楽なんだから。でも、立ち上がらなければ、明日は来ない。プロレスラーは強いんだよ。


野村与曽市

私は電気化学工業に職を奉じて早くも50余年の歳月を経た。いつでも精一杯の勉強、努力をしてここまでやってきたつもりであるが、思えば恩人、先輩、同僚の支持ほどありがたいものはない。


勝間和代

利益を高めるには「顧客獲得コストを限りなく0に近づけること」。私たちが豊かになりわがままになることで嗜好が多様化し、顧客の獲得がどんどん難しくなってきたためです。しかしそのわりには日本人はまだ「よい商品・サービスなら売れる」という思い込みが強く、あまりこの部分に力を入れてきたとは言い難い状況。


高篠静雄

失敗してもその責任はすべてトップが取ると示すことで、現場が挑戦できる環境をつくることが大切。


宮沢俊哉

叱るにせよ褒めるにせよ、公平な評価に基づいて行なうよう心がけています。